FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

ムボー化素敵ー

わずか10日前に30度超えて暑いーという記事を載せたばかりだというのに、昨日今日と札幌はとても寒く、ついに今日はストーブを焚いてしまいました。
この気温差は何事? (>_<)

いやぁ、私も長年札幌に住んでいまして、「リラ冷え」という言葉があるぐらいに6月になって冷えることもある札幌ですけど、さすがにストーブを焚くまではあんまり記憶にないですねぇ。
今日の最高気温が13.7度でしたから、室温も17度ぐらいしかなくて、やはり20度ぐらいは欲しいですもんねぇ。

それはそうと、先日当ブログに投下しました拙作「奪われる顔」ですが、思いのほか好評でとてもうれしく思います。
ありがとうございます。

今回I.M.K様より、作中で恵美と愛由香の二人がムボーにされるシーンを「カス子」こと「3Dカスタム少女」を使って再現してくださいました。
掲載許可をいただきましたので、こちらでもご紹介させていただきます。

1_201806141816242ae.jpg   2_201806141816263e8.jpg   3_20180614181627d31.jpg   4_201806141816293ad.jpg
まずは母親の恵美から。
捕らわれた二人がもがくも、カオガエールに顔を舐められた恵美は顔が消えて全身が真っ黒なムボーに・・・

5.jpg   6.jpg   7.jpg   8.jpg
続いて娘の愛由香も。
カオガエールに顔を舐められ、人格も大半の記憶も失った二人は、ただ黒い生き人形のムボーと化し、カオガエールの命令に従うだけの存在となって忠誠を誓うのでした。

もうね、こうして作品にしていただけるなんて本当にうれしいです。
感謝感激です。
I.M.K様、本当にありがとうございました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/14(木) 18:39:36|
  2. Special Thanks
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙のための出兵

毎週水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今週は「幕間狂言」でした。

先週の時点ではもしかしてベーネミュンデ侯爵夫人の事件かと思いましたが、あれは「女優退場」でしたね。
今回は単に同盟軍による帝国領出兵のための会議の話でした。
まあ、単にフォーク准将が登場していやな奴と思わせるだけの話です。(笑)

先週のサンフォード議長が旧アニメのミュッケンベルガー元帥の柴田秀勝氏だったのに引き続き、今週は帝国のゲルラッハ財務尚書の声に旧アニメでメックリンガー提督の声をあてられました土師孝也氏が登場。
相変わらずの渋いいい声でゲルラッハがかっこよく見えてしまいます。(*´ω`)
こうして旧アニメに登場した声優さんもまた登場されるというのもいいものですねぇ。

次回は「死戦(前編)」
帝国領での同盟の惨敗の始まりですなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/13(水) 18:32:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史的な日となったか?

一時は開催が危ぶまれたトランプ大統領と金正恩委員長によります「米朝首脳会談」が、本日無事に行なわれました。
まさに歴史的な日となったわけですが、会談後両首脳は合意文書にサインし、四つの事柄に合意したと伝えられております。

その四つの事柄とは、朝鮮半島の完全なる非核化、平和体制の保証、米朝関係の正常化の推進、朝鮮戦争の戦死者の遺骨の送還ということのようだと報道では伝えられているようです。
とにかく、両首脳が直接会談を行い、第一歩を踏み出したという形にはなったようですね。
これからは実務者レベルでの合意実行に向けての対話が行われていくことになるのでしょう。

大事なのはここからでしょうか。
両首脳の会談が実りあるものになるかどうか。
今後の成り行きに注目したいと思います。
後世、歴史的な大転回点だった6月12日と言われるようになるのか、単なるセレモニーで終わってしまったと言われるのか、どうなりますでしょうか。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/12(火) 18:46:51|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そして欧州は地獄を見た

先日来ちょっと読書づいております舞方ですが、「神聖ローマ帝国」「三十年戦争」と来まして、先日こちらを読み終えました。

81N0mI5-17L.jpg
飯倉章氏の「第一次世界大戦史」です。

今年はこの第一次世界大戦の休戦からちょうど100年の年。
まだ100年なんですねぇ。

1914年に始まった第一次世界大戦。
この本はその第一次世界大戦を年ごとに追っていく形で何があったのかを解説してくれます。
そしてところどころに挟み込まれる当時の風刺画が非常にいい味を出していると思います。
当時の感覚が少しはわかるような気がします。

第一次大戦は塹壕と機関銃という防御側が圧倒的に有利な状況が作り出されてしまったがために、お互いに相手の前線を突破することがかなわず膠着状態のまま人命だけが失われていく有様だったと言います。
戦車も飛行機も潜水艦も登場しましたが、まだそれらは膠着した戦線を打ち破ったり、敵国を屈服させるには力不足でした。
第一次大戦の特徴の一つは毒ガスの多用だったと思います。
一説では戦争後期では大砲から打ち出される砲弾の約半数が毒ガス弾だったとも言います。
それでも戦線を突破するのは難しかったようです。

結局各国が疲弊し、休戦という形で終わるわけですが、当時もこれは次の戦争の始まりだと感じていた人が多かったのか、風刺画でも休戦協定を結んで平和になったはずなのに、「1940年兵」と示された子供が泣いている絵が描かれていたりしたみたいです。
1918年当時にこの絵が描かれていたのはすごい。

それにしても、第一次大戦はあのNHKの「映像の世紀」でも取り上げられた戦争なので、読んでいると脳裏にあの「パリは燃えているか」のテーマソングが浮かんできちゃいますね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/11(月) 19:04:50|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誰でも良かった・・・か

また無差別の殺傷事件が起きてしまいました。

昨日東京発新大阪行きの新幹線車内で男が刃物を持って乗客三人を殺傷するという事件が発生。
犯人は現行犯逮捕されましたが、襲われた男性がお亡くなりになられたほか、女性も二名怪我を負われたとのこと。
車内には血しぶきが飛び散ったあとがあり、凄惨な状況だったようです。
なんとも痛ましい。

犯人の男は警察の取り調べに「誰でも良かった」と言っているとのことですが、こう言う犯人の言う「誰でも良かった」は、あくまでも「(自分が殺傷できそうな弱い相手なら)誰でも良かった」という意味であり、決して抵抗されそうな相手には最初からはいかないんですよね。
本当に腹立たしく感じてしまいます。

お亡くなりになられた男性も、報道によれば襲われた女性をかばって犯人に切られたとのこと。
きっと恐怖の中勇気を出しての行動だったのではないかと思います。

毎回思うことではありますが、こんな事件は二度と起きてほしくないですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/10(日) 17:54:58|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日はいかごはん弁当ストラップでした

今日はいつものように妹と父の施設に顔出ししてきました。

父は元気そうでしたが、やはり認知症のせいか言葉を話すというのが非常に大変そうな感じで、会話するのに苦労しているような感じでした。
施設ではほかの入居者と話したりするなんてこともないのかもしれないですねぇ。

帰りは今日も妹と二人でお茶タイム。
今日が私の誕生日ということもあり、ケーキセットをおごってもらってしまいました。
ありがたやー。(*´ω`)
ケーキ美味しかったです。

その後、昨日とは違う場所でしたが「ご当地弁当ストラップ」のガチャを発見。
ついついまた回してしまいました。

18060901.jpg   18060902.jpg
今回は北海道の「いかごはん弁当」
こちらも中身がちゃんと再現されてます。

実はこれを引く前に、昨日と同じ「ふぐめし弁当」が当たってしまい、悔しくてついもう一度回してしまっての「いかごはん弁当」でしたので、高くついてしまいましたわぁ。(^_^;)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/09(土) 18:58:23|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

実物を食べてみたいです

うちの近くのスーパーにはATMコーナーのそばにいわゆるカプセルガチャのコーナーがありまして、ATM利用する人の列に並びますと、ついついそれらが目に入ってしまうんです。(*´ω`)

今日も列に並んでカプセルガチャの機械を見ておりますと、その中に「全国ご当地弁当ストラップ」なるものがあるではないですか。
きちんとパッケージされたお弁当は、なんと開けると中身もちゃんと再現されているというものだそうで、こういうの好きな舞方君はついつい財布を開いてしまうことに。
お金を降ろしに来てお金を使ってしまうというね。(笑)

18060801.jpg
今回出てきましたのはこちら。
「ふぐめし弁当」だそう。
どうやら福岡のご当地弁当ということのようですね。
パッケージのフグの絵がかわいい。

18060802.jpg
開けてみますと、ちゃんと中身が再現されています。
なんとも結構おいしそうですね。
ニンジンがちゃんと形どられているのがまた芸が細かい。

他にも「シュウマイ弁当」やら「ステーキ弁当」なんかもあるようなので、次回行ったときにもあるようならまた回してみようかなという気持ちになりました。
でも、こういうのって次に行ったときにはなかったりするんですよねー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/08(金) 18:54:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中止相次ぐ

プロ野球はセ・パ交流戦が真っ最中なわけですけど、今年は阪神がなかなか勝てません。(>_<)ヒー
昨日は雨天中止でしたが、その前までで一勝六敗です。
残り全部勝つぐらいじゃないと五分に持っていくのは厳しいー。

うーん・・・やはり打てないですよね。
ロサリオ選手はついに二軍落ちですし・・・
別の外国人選手を・・・なんて話も出て来てますし・・・
やれやれ・・・

日本ハムも昨日までで一つの中止を挟んで四勝三敗。
こちらも今一つか?
昨日のサヨナラ負けはちょっと痛かったですね。

交流戦はもう少し続きます。
両チームともに頑張ってほしいところです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/07(木) 19:00:25|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上司と部下に挟まれての食事

水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今日は第9話「それぞれの星」でした。

婚約者を失い雨に濡れながらヤンの元を訪れるジェシカからスタート。
ところがヤンは出征中だったため会えずじまい。

ヤンはイゼルローンを落としたことで意気揚々と辞表を提出するも、結局は軍に残らざるを得なくなり、やめてきたよーとユリアンに食事をしながら報告するはずが、逆にグリーンヒル大将とフレデリカと一緒に食事をする羽目になり、その場で中将昇進の内示を受けることに。
上司と部下に挟まれての食事となれば、ヤンも食事の味などよくわからなかったのじゃなかろうか。(笑)

一方でホワン・ルイとジョアン・レベロの奮闘もむなしく、同盟政府は帝国領への出兵を賛成多数で決定。
旧アニメでも出てましたが、ウィンザー議員がいやな奴ですなぁ。
原作でも出てましたっけ?

そう言えばサンフォード評議会議長の声が柴田秀勝さんでした。
旧アニメではミュッケンベルガー元帥を演じていらっしゃいましたが、本当に久しぶりにお声を聴いた気がします。
お元気そうで何より。(*´ω`)

食事を終えたヤンとユリアンは交通マヒに巻き込まれて自宅まで歩くことに。
その時空を見上げながらユリアンと星の話を。
自分と同じ星を見上げる必要はないんだというヤン。
確かにユリアンはヤン自身を見上げて進んでいくことになりますな。

次回は「幕間狂言」
ベーネミュンデ侯爵夫人の事件でしょうかね?
帝国領侵攻まで行けるの?

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/06(水) 18:39:16|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦争が戦争を生み出すとは・・・

先日ブログで紹介しました「神聖ローマ帝国」に続き、同じ菊池良生先生の著書であるこちらを先日読み終えました。

41KZBSKSZHL.jpg
「戦うハプスブルグ家 近代の序章としての三十年戦争」です。
いやぁ、歴史の一戦争名として三十年戦争というのは存じておりましたが、こうまで混沌としたものとは・・・

「神聖ローマ帝国」でも書かれておりましたが、中世の欧州にとって「ローマ帝国」というものはいわば魂の根本ともいうべきものであり、「ローマ帝国」の末裔たる「帝国」があまねく世界を支配することこそが夢だったらしいです。
それを追い求めたのが歴代の「神聖ローマ帝国皇帝」だそうで、カトリックを国教とする「帝国」が欧州を支配するということを求めていくわけですが、おひざ元であるドイツ地方ですらプロテスタントの領主がいる有様ですから、当然宗教的対立が起こるわけで、あまつさえそこに「選帝侯」なる「神聖ローマ帝国の皇帝を選挙で選ぶことのできる領主」の中にすらプロテスタントの領主がいるわけですから、争いが激しくならないはずがないという。

で、最初はそうやって始まった「三十年戦争」はプロテスタントとカトリックの宗教戦争の側面が大きかったわけですが、じょじょに戦争というものを効率よく行っていくためのシステムが整備され、さらに自領の権力をいかにして広げるか、または相手の権力を妨げるかといういわば国家間の戦争へとなっていくという流れが起き、最後は各「権力の領地」が「国家」になっていくことで終結するという。
それゆえに「近代の序章」ということなんだそうです。

それにしてもすさまじいのが、戦場となったドイツ地方の荒れ方で、誰もが「三十年戦争」後半には戦争をやめなくてはと模索するものの、荒れてしまった地域の住民が生きるためには兵士となって他地域に攻め込み、そこで食料を得るしかないという状況であるため、勝手に戦争が続いていくというありさま。
まさに「戦争で戦争を養う」どころか、「戦争が戦争を生み出していく」という状況。
ドイツ地方の人口が半分になったというのもうなずける話です。

いやぁ、歴史の本って読んでいるとほんと面白いですわぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/05(火) 18:54:05|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア