FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

586号

タミヤニュースの3月号(586号)が到着です。

586.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦初期のイタリア空軍の第163独立飛行隊(上)と、第93飛行隊(下)のマークだそうです。
第93飛行隊はよく見るとアフリカ大陸の意匠の上にサソリがいるので、アフリカに派遣されていたんでしょうかね?

今号は久しぶりに「艦船よもやま話」が載っておりました。
今回は船首の話。
軍艦にしろ商船にしろ、水を切って進んでいく船首部分は、古来から様々な形状が作られてきた部分ですから、当然軍艦の進歩にも船首部分の形状は大きくかかわってきたわけです。
今回はその1ということで、日本海軍の大正期ごろまでの船首部分の形状について載ってました。

PICKUP記事は、今回の第46回人形改造コンテストでストーリー賞を受賞した「縁台将棋」という作品について。
この作品はなんと1974年の第2回人形改造コンテストの金賞作品「縁台将棋」のオマージュとして作られたそうで、その作品とレイアウトなどは合わせてあるみたいです。
長い歴史を持つ人形改造コンテストならではという感じですね。

巻中の情景写真は今回もいわゆる「バルジの戦い」がモチーフ。
履帯が切れ乗員に放棄された独軍四号戦車の脇を通っていく米軍M10駆逐戦車という情景です。
ベースはどちらもタミヤのMMシリーズですが、レジンキットやエッチングパーツなどでディティールアップがなされているとのこと。
細かい作業で大変そうですが、そういうのもまた楽しいのでしょうね。

ほかには新商品の紹介で1/48のメッサーシュミットBf109G-6や、1/35のM4A3E8シャーマン朝鮮戦争バージョンなどが紹介されてます。
また、2018年度版タミヤカタログも紹介されてました。
そのほか第49回東京AFVの回の記事なども載っており、今号も楽しく拝見させていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/15(木) 18:20:31|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「眼前の敵」というマンガを手に入れました

先日、ふとしたことからTwitterでいしいひさいち先生のマンガ「鏡の国の戦争」の話が出まして、その時フォロワーさんの方から、いしいひさいち先生の戦争ものなら「眼前の敵」もいいですよということを教えていただきましたので、アマゾンギフト券の残り金額もあったのですぐにアマゾンで中古をポチっとしてしまいました。

眼前の敵
こちらが表紙。
なんとも派手に町が燃えているのですが、実はこれは裏表紙につながると作戦地域の模型であり、そこにあーでもないこーでもないと部隊のコマを好き勝手に置いていく参謀連中の姿が。(笑)

中身は、「鏡の国の戦争」でも発揮されておりました、やる気のない軍隊の姿が目白押し。
地雷を埋めたと思えば、帰り路がわからなくなったりするわ、送られてくる食料はと言えば鯖の缶詰ばかりだとか。(笑)
司令官は寝ているところをベッドごと敵の目前に放り出され、目が覚めたら敵の捕虜になっていたとか、補充兵も老兵ばかりで、しまいには砲塔のない戦車も送られてくる始末。(笑)
もうね、これでもかとばかりに勝てる要素がない軍隊。
でもまあ、こんな軍隊相手に敵も五年も膠着状態で戦争やっているぽいので、似たり寄ったりの軍なんでしょうねー。(笑)

まあ、200本ぐらいもこんな四コマばかりですので、ある意味玉石混交で、大笑いできるものもあれば苦笑いという感じのものもあるわけですが、そのあたりは仕方ないですよねー。
それにしてもいしいひさいち先生はなんだかんだ軍を知っておりますわ。
ミリタリーオタクには笑える作品だと思います。
面白かったです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/14(水) 18:41:06|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレンチコネクション

昨夜、なんとなく見たくなってDVDを引っ張り出して表題の映画を視聴しました。
当然ご存知の方も多いでしょうジーン・ハックマンとロイ・シャイダーの二人の麻薬捜査の刑事が主人公の刑事ドラマ映画です。

1971年の映画ですから、ニューヨークの街並みもなんとなく古いマフィア映画で見たような妙に懐かしい感じがありますね。
うらぶれた通りや街の真ん中に妙な空き地のような所があったり。
そんな中をジーン・ハックマン演じるドイル刑事やロイ・シャイダー演じるルソー刑事が、麻薬の大きな取引を巡って捜査を行っていくわけです。
で、相手側もそのことは気が付いているので、尾行を撒こうとしたり、ドイル刑事を消そうと殺し屋が来たりして、あの有名な高架上の列車と高架下の自動車によるチェイスシーンがあったりするわけです。

でも、なんと言いますか、あんまり救われない映画なんですよね、これ。
ドイル刑事は味方である財務省の麻薬捜査官を誤射で射殺しちゃいますし、大物は結局逃げられますし、捕らえた連中も微罪扱いで早期に社会に出てきちゃいますし。
ただただ、刑事というつらく報われない仕事に命を懸けている二人の姿を淡々と見る映画って感じがします。
スカッとしないわけですよ。
でも、なんとなくたまに見たくなるんですよねー。
で、見ているとなんとなく面白く感じて最後まで見てしまう。
不思議な映画な気がします。
たぶん、また数年経ったら見るんでしょうねぇ。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/13(火) 18:52:23|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TVが点いているだけだった・・・

むむむむむ・・・
今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」、なんか見ていてつらくありません?

なんか無理やり当時の人物と西郷さんを会わせているような・・・
ジョン・万次郎と牢屋で会うなんてどうなのですか?
しかも、そのために牢屋に入れたんだよー、みたいな?

なんか、こう「ご都合」を「ご都合」にできるだけ見せないようにしてきたのが昨年一昨年だったような気がするんですが、今年はもう「ご都合」をストレートに見せてきているような気がしますねぇ。
まあ、わかりやすさに重点を置いているのでしょうけど、幕末ってわかりづらいですからわかりやすくなっているのかどうか。

とはいえ、まだ始まったばかりですし、まだまだこれから。
今後いろいろと事件も起きてくるでしょうから、面白くなってくると期待です。
とりあえずは見続けますー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/12(月) 18:47:29|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

期待したいですねぇ

キャンプ期間中の我が阪神タイガースですが、今日は横浜DeNAと練習試合だったそうです。

試合では新外国人のロサリオ選手が四番指名打者で出場し、二打数二安打一ホームランという成績だったとのこと。
まだ始まったばかりですし、相手も弱点を探るためにわざと打たせるところもあるそうですから、一概には言えませんが、やっぱり期待してしまいますよねー。

まあ、シーズンが始まったらさっぱり打てないなんてこともあり得ますけど、ロサリオ選手には頑張ってほしいところです。
やはり待望の大砲ですからねー。
一発が期待できる選手はワクワクしますよねー。

一方投げるほうでも岩貞投手、小野投手、才木投手が三人で横浜打線を完封。
こちらも楽しみですねぇ。

オープン戦ももうすぐ。
シーズンもあっという間に始まりますねぇ。
今年はどうなりますやら。
がんばれタイガース。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/11(日) 18:55:12|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイカタスキー伍長の帰還?

今日は時間を作って「Squad Leader」のソロプレイ。

今回はポイント制ではなく、ネットで公開されている小ぶりなシナリオを楽しむことに。
そして、ソ連軍には以前戦死してしまった「マサトビッチ・マイカタスキー」伍長に代わり、「マサトビッチ・マイカタスキー」伍長が改めて着任です。(笑)

今回のシナリオは「LC2 RUNNING THE GAUNTLET」です。
このシナリオは、独ソ戦最初の年の1941年の10月のシナリオで、独軍の包囲を受けたキエフ付近より、何とか味方の前線に脱出しようというソ連軍小部隊の脱出を扱ったものです。

18021001.jpg
これが全景。
このシナリオでは第4盤を一枚丸ごと使います。

18021002.jpg
これが独軍の初期配置。
盤の右が東になり、ソ連軍は盤の左(西側)から侵入して、東に抜ける形になります。
独軍はそれを阻止することになるのですが、包囲しているとはいえ兵力密度は薄く、わずかに分隊が6個しかありません。
その少ない兵力を隠蔽ゴマを載せて配置します。

18021003.jpg   18021004.jpg
盤の西側から侵入する形となるソ連軍。
18個の分隊がいますが、そのうち最低でも9個を反対側の盤端から脱出させねばなりません。
しかも、包囲されているという補給的心理的負担から、特別ルールでソ連軍は混乱した時の士気値が通常より一低くなり、回復がしづらくなってます。
また、四挺ある機関銃も、すべて故障数値が一高くなり、より故障しやすくなってます。
分隊の数こそいるものの、決して有利というわけではありません。

18021005.jpg
とりあえずは順調に盤に侵入するソ連軍。
よく実っているであろう麦畑(盤上の黄色い色のヘクス)が、独軍からの視線を遮っているため、今のところはまだ撃たれておりません。

18021006.jpg
我らがマサトビッチ君はここにいます。
本来のこのシナリオでは8-0指揮官なのですが、マサトビッチ君を登場させたので7-0となってます。
その代わり8-1指揮官を9-1に変更しました。
マサトビッチ君は二個分隊を率いて西へ向かって移動中です。

18021007.jpg
ソ連軍兵士たちが麦畑を抜けたころ、独軍の射撃が始まりました。
早くも二個分隊が混乱して後方の林に逃げ込みます。
マサトビッチ君としては、彼らを混乱から立ち直らせ、前線に戻さなくてはなりません。
そのため、混乱した分隊のいる地点へと単独で向かいます。

18021008.jpg
独軍は切り札ともいうべきこのシナリオ最強の9-2指揮官が早くも姿を現します。
彼の指揮能力はすごいもので、ソ連兵が木造建物に隠れていても、まるで開豁地にいるような条件にしてしまいます。

18021009.jpg
その指揮能力が早くも発揮され、独軍9-2指揮官部隊の射撃がソ連軍を痛撃。
始まったばかりだというのに、ソ連軍の9-1指揮官と一個分隊が除去されてしまいました。
ソ連軍には指揮官はマサトビッチ君を入れても三人しかいないため、これでマサトビッチ君にかかる負担は大きくなりました。

18021010.jpg
それでもソ連軍は前進して包囲網から脱出しなくてはなりません。
分隊をじわじわと前進させ、独軍に向かっていきます。
マサトビッチ君も混乱していた二個分隊を何とか回復させることに成功です。
ダイス目がよかった。

18021011.jpg
今度は独軍に悲劇が起こります。
独軍は分隊が6個しかないため、混乱した分隊を回復させようと前線に近づいた独軍の9-2指揮官が、何とソ連軍との白兵戦に巻き込まれ除去されてしまったのです。
これは独軍にとっては大失敗で、一個分隊を惜しんだがゆえに最良の指揮官をむざむざと失ってしまいました。

18021012.jpg
9-2指揮官を失った独軍をさらに追い詰めるべく、じわじわ進むソ連軍。
しかし、独軍は機関銃が豊富で、火力はバカになりません。
ソ連軍も撃たれて混乱する分隊が続出します。

18021013.jpg
そしてなんということでしょう。
マサトビッチ伍長も配下の分隊とともに独軍の射撃を受けて混乱(裏返り)してしまいます。
こうなると、回復しない限り動くことすらできません。

18021014.jpg
幸いソ連軍は確実に前進を続け、独軍にさらに撃たれることは避けることができました。
さらなる射撃を受け、混乱状態の上にさらに混乱の結果が出てしまうとそのユニットは除去されてしまうのです。

18021015.jpg
おかげさまで回復のダイス目がよく、マサトビッチ君はすぐに回復することができました。
配下の分隊も回復させることができ、やれやれです。

18021016.jpg
逆に独軍は今日はダイス目が振るいませんでした。
9-2指揮官を失って以降は、全くいいところがなく、分隊も次々と失ってしまいます。

18021017.jpg
最後はついにすべての独軍分隊が消え去ってしまい、射手のいない機関銃だけがあちこちに点々と放置されるという羽目に。
独軍を蹴散らしたソ連軍は、何とか包囲を脱出して味方の前線へと戻ることができました。
マサトビッチ君も無事に脱出したようです。

マサトビッチ君の今回の成績は、勇気ポイントが分隊を四個回復させたので4点(一個につき1点)、シナリオの勝利側だったことで1点の合計5点。
一方臆病ポイントは、敵の射撃によって混乱したことでマイナス2点、さらに配下の分隊も混乱したことでマイナス1点の合計マイナス3点となり、かろうじて2点獲得することができました。
まあ、可もなし不可もなしという戦いぶりだったと評されてしまうのでしょう。
次回の戦場では頑張らないとなりませんね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/10(土) 20:29:14|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんのほんのちょっとだけ・・・

先ほどまでほんのちょっとだけ室内の整理を行っておりました。

と言いましても、今まで床に置きっぱなしになっていたボックス系のシミュレーションゲームを箪笥の上に並べていっただけなんですけどね。(笑)
まあ、これでASL系はほぼ箪笥の上に移動し終わりましたので、箪笥の上がちょっとしたASL山に。(笑)
段ボールの箱に入れて載せてあるので、地震でばらばらと落ちてくるということはないと思いますけど、寝ている上に落ちてきたりしたらヤバいなぁ。(笑)

ほかにもまだまだ床に上に置きっぱなしのシミュレーションゲームやボックス系RPGがありますので、全部片づけるとなると、次の引っ越しまでかかりそうな気もします。(笑)
さっさと片付ければいいんですけどねー。
なかなかやる気がー。_(:3 」∠)_

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/09(金) 18:29:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの市電乗車

今日は用事で市の中心部よりやや南側に行きましたので、この際だからと、久しぶりに「札幌市電」に乗ってほぼ一周してきました。

今の札幌の市電は、ループ化工事が完成したので、乗っているつもりなら一周できるんですけどねー。
さすがにそこまでは。(*´ω`)

それにしましても、本当に何十年ぶりかというぐらい久しぶりの札幌市電の乗車でした。
ヽ(´▽`)ノワァイ

18020801.jpg
乗りましたのはここから。
単純にススキノや大通り方面に行くなら、ここから内回り線に乗れば電停三つでススキノ、五つで大通り(西四丁目)に行けるのですが、せっかくですから外回り線に乗ってぐるりと回って西四丁目に行くことに。
電停十九個のプチ旅行です。(笑)

18020802.jpg   18020803.jpg
電停に着くちょっと前に前の電車が行ってしまったので、しばし待つこと約7分。
やがて電車がやってきました。
オーソドックスな緑色の塗装の電車で、残念ながら「雪ミク電車」ではありません。(><)

やってきた電車に乗り込むと、席が空いていたので座りました。
18020804.jpg   18020805.jpg
平日の昼間だったせいか空いているなぁと思ってましたが、電車がどんどん南へ進み、やがてぐるっと回って観光名所である藻岩山に登るロープウェー駅近くの電停に来ると、一気にどかどかと人が乗ってきました。
しかも英語なのか北欧系の言語なのかよくわかりませんが白人の老夫婦に、中国系と思われるカップル、同じく中国系と思われる老婦人など一気に車内は国際色豊かに。
雪まつり期間ですからねー。
札幌へ来たついでに、藻岩山の展望台から市内を見ようと来た方々が、今度は大通りで雪像見物なのでしょうか。

そして今度は中心部方面に向かうため、さらに電車内は混み、大通り近くになるとぎっしり満員になってしまいました。
平日昼間でこの込み様は、やはり雪まつりなのでしょうね。

私は西四丁目で降り、そこからは地下街や地下歩行空間をゆっくりと散歩がてら歩いて札幌駅へ。
そこから地下鉄に乗って帰ってきました。
いやぁ、楽しかった。(*´ω`)

ホント久しぶりの電車は楽しかったです。
札幌市民でも私は北側の方なので、市電は使う機会がないんですよねー。
次に乗るのはまた何年か後かもしれませんね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/08(木) 20:34:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪と地震と

札幌ではそれほど降らなかったのですが、北陸地方ではドカ雪が降ったようで、大きな国道では千台以上もの車輌が立ち往生となってしまったとのニュースがありました。

今現在は自衛隊などの救出活動により、立ち往生している車輌の数も減ってきてはいるそうですが、中には丸一日も雪の中車内に閉じ込められてしまった方々もいらっしゃるとのこと。
また、この影響で物流にもダメージが出て、スーパーなどでは品薄になっていると聞きます。

復旧の見通しはまだ立っていないそうで、福井市内では今後も道路の通行止めが続きそうとのこと。
どうか充分ご注意いただければと思います。

一方、海の向こう台湾では大きな地震が起こったそうで、一部で震度7クラスの揺れだったとのこと。
建物の倒壊した写真がツイッターなどにも寄せられ、大きな被害が出ているようです。
お亡くなりになられた方や行方不明の方も出ていらっしゃるとのことで、地震国日本に住む身としては痛ましい気持ちでいっぱいです。

しばらくは余震が続くものと思いますので、こちらもどうか充分ご注意いただければと思います。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/07(水) 19:12:24|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も雪まつり

昨日から大通会場でもさっぽろ雪まつりが開幕です。
今年も大勢の観光客の方が札幌にいらっしゃるようで、ありがたい限りですね。

おかげさまで地下鉄やバスに乗っていても、外国の方の姿を見たり言葉を聴くことがあります。
結構いろいろな国の方がいらっしゃっているみたいですね。

残念ながら私は日本語オンリーの人ですので、外国語を耳にしても何が何だかわからないので、極力避けちゃったりしますわけですが、あかんですねぇ。(笑)

それにしても仕事で脚が痛いですー。
慣れるまではホントつらいー。(><)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/06(火) 20:54:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア