fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

かりそめの・・・

三年連続更新記念SS大会三日目は、お待たせしました「ホーリードール」です。
ここまで間があいてしまって申し訳ありません。
何とか完結まで続けていくつもりですので、応援よろしくお願いいたします。


27、
明日美ちゃん・・・
紗希は思い切って明日美を抱きしめる。
元に戻って欲しい。
いつもの明日美ちゃんに戻って欲しい。
ただその一心から紗希は明日美を抱きしめた。
違う明日美ちゃんなんていやだよ。
知らない明日美ちゃんになっちゃうなんていやだよ。
紗希の目から涙があふれる。
なぜ明日美ちゃんがこうなったのかはわからないけど、お願いだから元に戻って!

「なぜ泣いているのですか、サキちゃん?」
ぞっとするような冷たい明日美の声。
そこには何の感情も含まれてはいない。
「明日美・・・ちゃん・・・」
紗希は抱きしめていた明日美の両肩を持ち、両手を伸ばして引き離す。
冷たく平板な笑みを浮かべている明日美。
紗希を見つめているはずのその目には、何も映し出されてはいないようだ。
「お食事の用意ができていますわ。一緒に食べましょう」
「い・・・や・・・いや・・・だ・・・」
紗希はふるふると首を振る。
明日美ちゃんじゃない。
こんなの明日美ちゃんじゃないよ・・・
「いやだあぁぁぁぁぁ!!」
恐怖のあまり紗希は明日美を突き飛ばす。
こんなのはいやだ。
こんな明日美ちゃんはいやだぁっ!

思わずこの場を逃げ出そうとする紗希。
だが、部屋のドアをくぐったとき、いきなり廊下で誰かとぶつかってしまう。
「うあっ」
「あらあら大丈夫? サキちゃん」
しりもちをついてしまった紗希は思わずお尻をさすりながらも、声の主が明日美の母である麻美おばさんであることに気がついた。
「あ、だ、大丈夫です。それよりおばさん、明日美ちゃんが・・・」
紗希はそこまで言って言葉を失った。
見下ろしている麻美の目が明日美同様無表情であり、口元に浮かんだ笑みも冷たいものだったのだ。
「どうしたの? 何を怖がっているの? あなたは明日美のお友達でしょ?」
「う・・・あ・・・あ・・・」
思わず床に座り込んだまま紗希は後ずさりする。
「サキちゃん落ち着いて。あなたは今かりそめの意識に引きずられている」
紗希の背後にやってくる明日美。
「明日美ちゃん・・・」
紗希は振り返って明日美を見上げる。
「えっ?」
そこにはさっきまでの明日美はいなかった。

そこに立っていたのは赤いミニスカート型のコスチュームを纏い、赤の手袋とブーツを身に付け、長いつえを持った明日美だったのだ。
「明日美・・・ちゃん・・・」
「かりそめの意識を手放すの。サキちゃん、一緒に行きましょう」
手を差し伸べてくる明日美。
「私の目を見て」
「あ・・・あ・・・」
明日美の目を見た紗希の目からじょじょに光が失われ始める。
恐怖は消え、紗希の表情も明日美同様無機質なものになっていく。
「ドール覚醒開始。かりそめの意識の沈静化に成功」
すっと立ち上がる紗希。
その顔には無機質な笑みが浮かび、透明な目は何も映し出していないかのように澄んでいた。

「おはようございます。デスルリカ様」
リビングに入ってくる一人の少女。
漆黒のレオタードに黒の長手袋とロングブーツ。
禍々しいカチューシャにまとめられた肩までの髪。
大人びた黒く塗られた唇が笑みを浮かべる。
「おはようベータ。気分はどう?」
ソファーに腰掛けてコーヒーを飲んでいるデスルリカ。
脚を組んだその姿はまさに闇の魔女。
朝だというのに室内は暗く、闇が覆っている。
「はい、もう大丈夫です。ありがとうございます」
ぺこっと頭を下げるレディベータ。
それを見てデスルリカの口元にも笑みが浮かぶ。
「よかったわ。これで一安心ね」
「ベータ、もう起きて大丈夫なの?」
キッチンから姿を現すレディアルファ。
全身を覆う漆黒の衣装に白いエプロンをつけている。
そのアンバランスさに思わずレディベータは微笑んだ。
「アルファお姉さま、ご心配をおかけしました。もう大丈夫です」
「よかったわ。本当によかった」
レディアルファは思わず駆け寄ってレディベータを抱きしめる。
それは妹を心配する姉の姿となんら変わるところはない。
「トーストが焼けているわ。食べるでしょ? それともどこかに狩りに行こうか?」
レディベータをテーブルに着かせ、キッチンに戻るレディアルファ。
レディベータの復活が本当にうれしそうだ。
「だめよ。今はまだだめ」
いつになくきつい調子のデスルリカに、レディアルファもレディベータも思わずそちらを見た。

「ベータ、あなた以前に光の手駒が紗希に似ていると言っていたわね」
「はい。言いました」
「そのとおりだったわ・・・」
ぎゅっとコーヒーカップを握り締めるデスルリカ。
「紗希は光によって犯された。光の手駒にされていたわ。おそらく明日美ちゃんも・・・」
「デスルリカ様・・・」
顔を見合わせるレディベータとレディアルファ。
「私は紗希を取り戻すわ。二人とも手伝ってくれるわね?」
「デスルリカ様」
「無論ですデスルリカ様」
二人の闇の女はすぐにうなずく。
レディベータにとっても紗希は大事な友人だ。
光に囚われているなら開放してやらなければと思う。
でも・・・
デスルリカ様の思いを独り占めしているようで、ちょっとだけ紗希のことがうらやましかった。
  1. 2008/07/18(金) 20:26:36|
  2. ホーリードール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<望美(3) | ホーム | 120万ヒット到達です>>

コメント

光と闇の最終決戦が近づいてますね。
軍配はどちらに上がるのかな・・・。

レディアルファの黒いゼンタイの上に白のエプロン、想像しただけで萌えてしまいます。
  1. 2008/07/18(金) 21:38:44 |
  2. URL |
  3. metchy #zuCundjc
  4. [ 編集]

黒の全タイに白エプですか。
ある意味、裸エプロンに通じるような魅力がありますね(笑)
  1. 2008/07/18(金) 23:55:54 |
  2. URL |
  3. 神代☆焔 #-
  4. [ 編集]

>>metchy様
そろそろ終わりに近づいていると思います。
そこに萌えていただけたのはうれしいですねー。

>>神代☆焔様
うんうん
確かにゼンタイは裸同然ですからね。
魅力的だと思います。
  1. 2008/07/19(土) 20:00:32 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/963-77cb7c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア