FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

どうだ・・・バカな、直撃のはずだ!

日露戦争時の旅順攻略戦や、第一次世界大戦の塹壕陣地戦の経験によって、各国陸軍は機関銃が適切に設置された陣地への歩兵突撃は、ほぼ無意味であると結論付けました。
たった一丁の機関銃が故障や弾薬の供給の問題さえなければ、一個大隊ぐらいの歩兵を釘付けにすることも充分可能だったのです。

各国は砲撃によって陣地に設置された機関銃を何とかしようとしましたが、面での制圧を目的とした榴弾砲などによる準備砲撃は直撃を狙えるものではなく、また退避壕などに入られてしまえば効果がほとんどなくなり、砲撃が終わったあとに陣地に再度設置されてしまえば、歩兵突撃の時には火力を発揮できてしまいました。

そこで、機関銃陣地に対しては準備砲撃で破壊するのではなく、歩兵の突撃時に歩兵と一緒に前進して、味方歩兵に対して火力を発揮している敵機関銃をその場で粉砕する歩兵随伴砲、いわゆる歩兵砲の考えが生まれました。

歩兵と一緒に前進する必要があるので小型で軽量であることが求められますが、そうなると大砲としての能力(射程や砲弾の破壊力)には限りがでてしまうものになってしまいます。
しかし、近距離で味方に対して火を噴いている機関銃を破壊できればいいので、射程も破壊力もそれほど大きなものである必要はなく、小型軽量に作っても充分と言うことで歩兵砲は各国で研究が始まりました。

そして、歩兵砲は二つの道をたどることになって行きます。
一つは塹壕など天井のない開放型の陣地に対して上から砲弾を降らす曲射タイプの歩兵砲。
これは発展して迫撃砲となり、歩兵支援に大いに役に立つことになります。

そしてもう一つは、トーチカや建物の窓などから撃ってくる閉鎖式陣地の機関銃を、その銃眼(開口部)目がけて砲弾を撃ち込み破壊する直射タイプの歩兵砲。
まるで大砲で狙撃をするようだとのことで、狙撃砲などと呼ばれたりもしますが、日本帝国陸軍ではこのタイプを平射歩兵砲と呼んで区別しておりました。

この平射歩兵砲の一つが、大正十一年に正式採用された十一年式平射歩兵砲です。

この十一年式平射歩兵砲は、口径37ミリ、砲身長約1.4メートル、全備重量89kg.と小型で、軽量といっても大型の火砲と比べればと言うもので決して軽いわけではないのですが、それでも四人ほどの人間で移動させることが可能という重機関銃並みの運用が可能な大砲でした。

初速は450メートル毎秒で、600メートルの距離で厚さ15ミリの装甲板を貫通することが可能と言う威力を持ち、小型対戦車砲としても1920年代としては充分な威力を持つ砲で、実際対戦車砲としても使われたといいます。

半自動鎖栓のおかげで発射速度も高く、命中精度も悪くない十一年式平射歩兵砲は敵機関銃陣地撲滅には威力を発揮するものとして、日本帝国陸軍兵士のよき支援火砲として使われました。
数量もかなりの数が製造されたといわれ、一部部隊では太平洋戦争時にも装備していたと伝えられるほど息の長い兵器だったのです。

ただ、この十一年式平射歩兵砲にも弱点がありました。
トーチカや建物の壁を撃ち抜いたり、戦車の装甲を撃ち抜くことを考えたため、砲弾が徹甲榴弾(日本帝国陸軍は破甲榴弾と呼びました)がメインで支給され、炸裂して相手にダメージを与える榴弾が用意されてなかったのです。
徹甲榴弾も炸裂はするものの、その炸裂力は微々たる物で、一説によれば手榴弾より劣る炸裂力しかなかったそうです。

そうなると、せっかく機関銃陣地に命中しても、土嚢などで爆発力が吸収されたりするとほとんど相手に被害がないということもあり、機関銃陣地に何度も撃ち込む必要があったりしたようです。
直撃してもダメージがない。
その意味では活躍し切れなかった兵器かもしれません。

それでも対中国戦では、建物や陣地に陣取る機関銃を撃破して味方の進撃を助ける場面が数多く現出し、日本の歩兵にとってはやっぱり心強い味方だったようです。
装甲の薄い戦車に対しても威力を発揮したまさに対物対戦車両用の万能砲の一つとして、あまり活躍が語られることのない日本の火砲の中では活躍した部類なのかもしれませんね。

それではまた。
  1. 2008/05/27(火) 19:52:10|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食の無駄はなくしたいけど・・・ | ホーム | 痛いなぁ>>

コメント

ああ、なるほど。
一口に「砲」といっても、いろいろあるんですね。(当たり前ですが・・・)
でも榴弾が使えないなんて、ちょっと不便ですね。
  1. 2008/05/28(水) 01:22:01 |
  2. URL |
  3. うおP #-
  4. [ 編集]

>>うおP様
口径が小さいから榴弾を用意してもって思ったのかもしれないですけど、やはり榴弾があるとないとでは違いますよね。
英軍の歩兵戦車の最大の欠点は、歩兵支援用戦車なのに榴弾が撃てないと言うことだったと思います。
  1. 2008/05/28(水) 19:28:58 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/897-e7045413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア