fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

短期間で空母に改造する

今日は軍艦の紹介。
なんとなく日本の軍艦が多くなってしまうのは、手元の資料がそっち(日本帝国海軍)関係が多いので、どうしてもそうなっちゃうんですよねー。

さて、主要戦闘艦艇だけでは戦争はできないのは洋の東西を問わないもので、日本帝国海軍も主要戦闘艦艇の整備に汲々としながらも、縁の下の力持ちである補助艦艇の整備にも最低限の努力を行っておりました。

補助艦艇と一口に言っても、その種類は千差万別で、輸送艦や敷設艦、練習艦や標的艦などさまざまなものがあります。
その補助艦艇の中で、潜水艦の支援を行うための船が「潜水母艦」です。

潜水艦は現在の原子力潜水艦ならいざ知らず、当時の日本帝国海軍の潜水艦は諸外国の潜水艦に比べて大型であったとはいえ搭載する物資燃料などには制限がありました。
さらに狭い艦内での任務は乗員の負担を強いるため、定期的にリフレッシュさせてあげる必要がありました。
潜水母艦は、そういった外洋で行動する潜水艦に物資などの補給をすると同時に、艦内で潜水艦乗員を休養させリフレッシュさせることを目的とした特務艦船なのです。

この潜水母艦の一隻として昭和八年度計画で建造されたのが「大鯨」でした。
大鯨は大型化する潜水艦に対応するために建造されることになったのですが、日本帝国海軍はこの大鯨に実にさまざまなことを求めてしまいます。

当然のごとく潜水母艦としての任務に加え、緊迫化していた国際情勢にあわせ、戦時には短期間で航空母艦に改造できるようにすること、建造期間を短くするために電気溶接を多用すること、さらに新型のディーゼル機関を搭載し、その実用実験を行うことなど目いっぱいの要求がなされたのです。

そのため、電気溶接の多用により確かに七ヶ月という短期間で建造された大鯨は、将来的に空母にするために上部が異様に平らな船として完成します。
艦橋も日本海軍の小型空母がそうであったように、飛行甲板を設置したときには下側先端になるように配置され、取ってつけたかのような小型の艦橋がそのうえに載せられました。

また、空母になったときには格納庫として使えるように大型の倉庫が設けられ、その上にはダミーの煙突を立てて空母に改造できることを諸外国に悟られないように配慮しました。

こうして完成した大鯨でしたが、やはり当時の電気溶接技術は未熟で、船体のあちこちに不具合が生じます。
そのため、すぐにドック入りして船体強化を行う嵌めになりました。

ようやく完成して潜水母艦任務に就いたのは昭和十三年になってからで、その後昭和十六年には計画通りに航空母艦への改造が始まります。
結局わずか三年ほどしか潜水母艦としては任務に就かず、短時間で空母に改造する予定もディーゼル機関を交換したりなんだりで一年以上かかるという体たらくで、空母としても満足に働くことができないうちに終戦を迎えてしまいました。

新技術や海軍の思惑に翻弄されてしまった不運な艦だったのかもしれません。

それではまた。
  1. 2008/04/26(土) 19:32:00|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<まだまだ続くよ | ホーム | 久しぶりの改造SS>>

コメント

いい加減な補足

大鯨に溶接を採用したのはもう一つ理由があって
溶接を採用する事になっていた仮称「一号艦」こと戦艦大和を建造に当たっての試験的な意味をもっていました。
で、実際に大鯨で実験してみると、熱収縮の問題から船体が反り返ってしまい、記事の通りドッグに逆戻りする羽目に。その際、船体を輪切りにして修正したと伝えられます。
結局「仮称一号艦」への溶接は一部に採用されたのみでしたが、大鯨での失敗は後に生かされましたとさ。
  1. 2008/05/16(金) 13:23:32 |
  2. URL |
  3. C_S #qDBtKGMg
  4. [ 編集]

>>C_S様
なるほどー、そういった理由もあったんですか。
リベット接合と違い、溶接は重量増加にならないですから、本当は溶接のほうがよかったんでしょうけどね。
補足ありがとうございました。
  1. 2008/05/16(金) 21:34:50 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/860-2cf94bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア