FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今年最初の敗戦・・・orz

今日は、なんと札幌歴史ゲーム友の会の札幌辺境伯様が我が家に遊びに来てくださいました。
もちろんシミュレーションウォーゲームの対戦のためにです。
お正月に遊びにいらっしゃいませんかとお誘いしたところ、すごく快くお引き受けくださり、自宅対戦が実現したのです。
うれしかったよぉ。

プレイしたのは、以前札幌歴史ゲーム友の会の例会で対戦した「1914:栄光の終焉」(コマンドマガジン日本版30号付録)です。
前回対戦の時には私がドイツ軍、札幌辺境伯様が仏軍を中核とした協商国軍を担当したのですが、今日は入れ替え戦ですので、私が協商国軍、札幌辺境伯様が独軍を担当しました。

ヒストリカル配置と選択ルールを全て採用ということで確認を取り、早速プレイ。
ヒストリカル配置なので、独軍はベルギー侵攻に軍勢を集中しており、協商国軍は逆にスイス国境付近からドイツ侵攻を狙っています。

協商国軍は主力のフランス軍が第一次世界大戦開始時に実行した第17号計画にのっとって、ザールブリュッケンを攻略するべく軍勢を進めます。
対する独軍は、開始早々リエージュのベルギー軍を蹴散らしてベルギーに侵攻。
ベルギーを突破してパリを目指します。

ザールブリュッケン近郊ではフランス軍の勇者たちが、サイコロの出目もよく独軍にダメージを与えて行きますが、今一歩押し切れません。
なんといっても独軍ユニットの防御力が強力なのです。
フランス軍の攻撃力では、なかなか独軍の防御を崩せません。

ザールブリュッケンを攻めあぐねている間に、独軍は着々とベルギーを蹂躙して行きます。
ブリュッセルもナミュールも突破され、アントワープだけががんばっている状態。
このままではベルギーはいずれ近いうちに突破されることは明白でした。

私は悩みました。
早々にザールブリュッケン攻略をあきらめて、ベルギー方面に部隊を回すべきか?
それとも、ザールブリュッケン攻撃を続けるべきか?

私は攻撃を一ターンだけ継続することに決めました。
次のターンの攻撃は、サイコロで5・6のどちらかが出れば成功するはずなのです。
ここまで攻めてきてあきらめることはできませんでした。

しかし、この決断は失敗でした。
ザールブリュッケンへの攻撃はサイコロの目が2。
フランス軍が一方的に損害を出してしまいます。

さらに悪いことには、ベルギー軍の掃討がうまく行っていた独軍は、アントワープを一部の部隊に攻撃させて他の部隊をパリに向けます。
協商国軍は英軍部隊だけが奮闘するものの、戦力の低いフランス軍は各所で惨敗、後退を止められません。

泣く泣くザールブリュッケン攻撃をあきらめて、部隊を撤収させたものの、その部隊をベルギー方面に移動するにはあまりにも時間が無さ過ぎでした。
独軍は後退する協商国軍を追い抜いていくほどの進撃でパリに向かって突進して行きます。
もはやそれを止めるすべは協商国軍にはありませんでした。

14ターンについに独軍はパリに隣接。
パリ攻撃の前にエペルネーが陥落したために、勝利得点が30点を超えたために独軍勝利となりました。
協商国軍はまったくなすところありませんでした。

完敗です・・・orz
サイコロの目にはそれなりに恵まれたのですが、ザールブリュッケン攻撃に固執しすぎたかもしれません。
もともと協商国軍は初期配置的にベルギー方面ががら空きなので、そちらに部隊を回すことを優先するべきだったのでしょう。

札幌辺境伯様は突進するときは躊躇無く突進し、じっくりと攻めるべきところは数ターンかけてもじっくりと攻めてきます。
こちらが対処する隙をなかなか与えてくれません。
後半さすがに独軍がパリ近辺に集中したため、後方でのフランス軍の跳梁を許しかけはしたものの、それはすでに協商国軍にとっては仇花に過ぎません。
さすがでした。

対戦中や対戦後もいろいろとゲームや歴史の話に興じさせていただき、とても充実した時間をすごすことができました。
札幌辺境伯様ありがとうございました。
また対戦してくださいませ。

今年もまたシミュレーションゲームをたくさんプレイして行きたいですね。
それではまた。
  1. 2008/01/03(木) 20:27:13|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<これもバカゲー | ホーム | 年賀イラストをいただきました>>

コメント

今年最後の戦勝・・・かも?(笑)

 お早う御座います、舞方さん!早速のAARを楽しく拝見しました♪
 昨日は正月早々からお邪魔して仕舞い、本当でしたら静かに過ごされる筈であったお時間をご迷惑ではなかったでしょうか。また当方相変わらずの、ルール読み込みポカ&ちょんぼプレイ&長考傾向をお恥ずかしく、申し訳の無い気持ちで一杯です。この様な時節に、この様な者をお相手下さり、心から感謝して居ります。

 そして、やはり『1914』は面白かった!昨年初めてプレイさせて頂いた時はZOC無しの作戦級に度肝を抜かれましたが、それはそれで強引に(?)“らしい”ラインまで持って行く手法にはつくづく感心します。WW1にはWW1の「機動戦」が有ったのですネェ。
 補給ルールだけは???と感じる外は、ソロ・対戦を繰り返して様々な場面を見てみたくなるゲームです。『1914』を教えて下さった舞方さんへ改めてお礼申し上げます。

 この度は愉快なSG・歴史談義も含めまして、本当に楽しい一時を有り難う御座いました。次ぎの機会は南北モノでしょうか?
 私は今年も週末休みの難しい状況が続きそうです。もしも平日休みや平日代休などの発生しました際は、又どうかどうか一局お誘い下さいませ!
  1. 2008/01/04(金) 10:24:52 |
  2. URL |
  3. 札幌辺境伯 #he.LF11Y
  4. [ 編集]

早速のAAR、うらやましい♪
対人プレイの楽しさは、ゲームのプレイだけじゃなく、そういった豊かで幅広い大人の会話にもありますよね。
小生もそういった実り豊かなプレイができるよう、今年も精進いたします。
しかし舞方さんの守備範囲の広さには、改めて驚くばかりです。
  1. 2008/01/04(金) 18:23:21 |
  2. URL |
  3. うおP #-
  4. [ 編集]

>>札幌辺境伯様
こちらこそ新年早々の誘いに快く応じてくださりありがとうございました。
すごく楽しい時間をすごすことができましたです。
ぜひぜひ近いうちの再訪問を心待ちにしております。
またウォゲムをやりましょう。

>>うおP様
ゲームは人とプレイしてナンボですよね。
たまたまタイミングが合って、昨年はプレイ機会が増えましたけど、こういう機会ってそう無いですから大事にしなくては。
うおP様ともいずれお相手いただきたいと思っておりますです。
そのときはよろしくお願いいたしますね。

ところで守備範囲の広さとはあんなストーリーやこんなストーリーを書いていることかしら。(笑)
うはぁ、お恥ずかしいです。
  1. 2008/01/04(金) 21:16:29 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

>ところで守備範囲の広さとは
WW2だけでなく、WW1や戦国モノをプレイなさったりしていますので、そちらに興味がもてない小生にはうらやましい限りです。今年も楽しいAARを期待しています。
  1. 2008/01/06(日) 17:16:12 |
  2. URL |
  3. うおP #-
  4. [ 編集]

>>うおP様
そうでしたか~。
それは失礼いたしました。
でも、戦国はともかく、WW1以前の欧米の戦争も面白いのが多いですよー。
ナポレオン戦争もそうですし、クリミア戦争や普仏、普墺戦争、7年戦争や30年戦争、私もこのあたりをもっと知りたいものです。
一緒に学んで行きましょう。
  1. 2008/01/06(日) 19:38:49 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/724-56479fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア