FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

これまた謎

日本帝国海軍の歴史において、何隻もの戦艦が建造されたことは皆様想像が付くと思います。
しかし、日露戦争の日本海海戦に参加した三笠や、太平洋戦争中の沖縄特攻の大和など、知名度が高い戦艦はごくわずかでしょう。

かく言う私自身も、船好き軍艦好きでなかったら知ろうとも思わなかったでしょうし、知らないままだったと思います。
そんな日本帝国海軍の知名度の低い戦艦の一つに河内があるでしょう。

今の大阪府の一部の旧国名から命名された戦艦河内は、明治40年度計画で建造されました。
明治38年に日露戦争が終結しておりますので、戦後の計画艦ということになります。

河内は日本戦艦として初めて常備排水量(水や燃料などを一定数積み込んだ重さであり、基準排水量よりは若干重くなることが多い)で二万トンを超えた当時としては大型の戦艦でした。

明治45年に完成した河内は、艦首と艦尾に砲身長50口径の30センチ連装砲塔を一基ずつ備え、船体両舷に砲身長45口径の30センチ連装砲塔を二基ずつの合計六砲塔を備えるという重武装を誇ります。
しかし、舷側の30センチ砲と艦首艦尾の30センチ砲とは砲身長が違うため、単一の主砲を備えて一斉射撃によって敵艦を包み込むことのできるドレッドノート級(ド級)戦艦とは言いがたいもので、前ド級戦艦というべきものでした。

河内は石炭のほかに重油を炊くこともできるボイラーを備え、20ノットの速力を出せる馬力を持っており、僚艦摂津とともに日本戦艦隊の一翼を担います。
大正前半期の主力艦でした。

ところが大正7年7月12日、前年の大正6年に巡洋戦艦筑波が乗組員の不始末と見られる弾薬庫の爆発で沈んで以来、火気の取り扱いには充分注意を払われていたはずであるにもかかわらず、河内の右舷前部主砲弾薬庫が突然爆発。
港内に停泊していたときではありましたが、艦内で任務についていた乗組員960名中618名を道連れにして沈没という大惨事が起こります。

殉職者の多さに海軍は愕然となりましたが、原因究明は思うように進まなかったようで、結局原因は不明のまま。
河内の残骸はそのまま解体処分となりました。

日本帝国海軍がその終焉までに建造した戦艦は29隻に及びますが、その一割の3隻が火薬庫の爆発によって戦闘になんら寄与することなく失われたそうです。
多量の国力を傾注して作り上げた戦艦が、何もできずに失われる。
これも軍備の愚かしさの一端なのかもしれませんですね。

それではまた。
  1. 2007/12/26(水) 19:35:13|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サントリバルの酒場 | ホーム | 不運な戦艦たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/645-29d20944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア