FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

金色の機体ではありません

軍事行動に限らず、すべての物事において情報というものの重要性は皆様もご存知の通りでしょう。
日本帝国陸軍においても、あらゆる角度からの情報入手にはそれなりの努力が払われておりました。
(入手した情報を生かせたかどうかは別問題)

その情報入手の手段の一つが、上空からの敵情偵察でした。
そして、そのために作られた専用の航空機が偵察機と呼ばれるものでした。

帝国陸軍も例外ではなく、専用の偵察機をいくつか開発して運用しております。
中でも結構有名なのが、今日ご紹介する「100式司令部偵察機」(ひゃくしきしれいぶていさつき:通称100式司偵)ではないでしょうか。

司令部偵察機とは、司令部が必要とする(つまり前線で必要な戦術偵察機ではなく)戦略情報(具体的には航空撃滅戦用の敵航空基地情報など)を手に入れるための高速偵察および連絡機であり、そのための長距離航続距離と高速度を求められる機体のことを言います。

帝国陸軍には九七式司令部偵察機というものが昭和12年に採用されておりましたが、その後継機としてより高速でより航続距離の長い偵察機が求められたため、試作が開始されることになります。

この時点で陸軍が要求していたのは、高度四千メートルから六千メートルの高度で通常使用されること、四千メートルの高度で時速600km.が出せること、高度四千メートル速度400km.で六時間以上飛べること、二人乗りの複座で操縦性能が安定しかつ容易であること、などどれもかなり高度な要求でした。

この要求に三菱はハ26型エンジン(発動機なのでハ)二基搭載の双発機として試作機を設計。
昭和14年に完成します。

試作機は試験においておおむね陸軍を満足させるものではありましたが、残念なことにハ26型エンジンでは高度四千メートルで最大速度が540km.ほどしか出せないものであったため、その点だけが陸軍にとって不満の種でした。

しかし、これは後に高出力のハ102型エンジンに換装することで、速度性能の向上が見込まれる目処が立っているとのことだったために、とりあえずこの機体を一型として採用し、エンジン換装型を二型として本命にすえるというやり方で採用が決定します。

採用された試作機は、昭和15年(日本独特の暦、皇紀では2600年)に採用されたことから、100式司令部偵察機と命名されることとなりました。
(それまでの兵器が八九式とか九五式とか、皇紀の下二桁を取って命名されていたので、皇紀2600年採用の兵器をどういう名称にするかは結構悩んだそうです。結局、海軍は零式と名づけ、陸軍は100式と名づけました。このあたりも陸海軍の確執が出ているんですよね)

採用された100式司偵はハ102エンジン装備の二型がすぐに生産され始め、最高速度が604km.にまで向上しました。
これは日本の軍用機で史上初めて時速600km.を超えた航空機となりました。

しかしこの高速も、第二次世界大戦の勃発に伴い、世界各国の戦闘機が高速になるにしたがって不足気味になってきます。
そこで昭和17年にはハ112Ⅱにエンジンを換装した三型が試作され、最高速度は630km.まで向上。
昭和19年には排気タービン搭載の四型まで試作され、なんと高度一万メートルで最高速度が630km.のままという日本の軍用機としては異例の高高度性能と高速性を発揮します。

おりしもB-29による本土空襲が激化し始めるころであり、陸軍は100式司偵を高高度迎撃用戦闘機として改造することを決定。
20ミリ機関砲や37ミリ斜め機関砲などを装備した改造100司偵がB-29と戦うことになるのでした。

高高度を飛ぶ高速偵察機として開発された100式司偵でしたが、戦局が悪化するにつれて改良に改良を加えられ、ついには戦闘に参加させられるようになってしまったのですね。
もともと偵察機ですので、高速性能と高高度性能はともかく、旋回性能などはあまりよくなく戦闘機として使うにはつらかったと聞いております。

航空機による偵察は、近年は偵察衛星によって行われたり、無人機によって行われたりするようになりましたが、重要性はまったく変わっておりません。
ガンダムでもしっかりルッグン偵察機が出てましたですね。(笑)

それではまた。
  1. 2007/12/14(金) 19:22:55|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<女たちは守られた? | ホーム | ダークミストレスその2>>

コメント

最近は昔の趣味に戻りつつあるので、こう云った記事は参考になります。
因みに趣味とはプラモです。
  1. 2007/12/17(月) 09:47:07 |
  2. URL |
  3. mas #-
  4. [ 編集]

>>mas様
プラモが趣味でいらっしゃいましたか~。
私も昔は作ったものですが、塗装が苦手で作らなくなっちゃいました。
プラモよりもウォゲムに走っちゃいましたからねぇ。
少しでもお役に立てればうれしいですー。
  1. 2007/12/17(月) 21:17:14 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/633-a3b2875e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア