fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

613号

新型コロナウィルス「COVID19」の影響が大きい現状ですが、今月もいつも通りタミヤニュースの6月号(613号)が届きました。
本当にありがとうございます。

613.jpg
こちらが表紙。
今号はアメリカ空軍の第56戦闘航空団(上)と第33戦闘航空団(下)のマークだそう。

今号の「博物館をたずねて」は、ベトナムの「ベトナム軍事歴史博物館」
玄関横には南ベトナム崩壊の時に大統領官邸に一番乗りしたT-54戦車や、米軍機14機を撃墜したと言われるエースグエン・バン・コクの乗機と言われるMig-21が展示されているとか。
ベトナム戦争時の小火器、車輌、航空機などが展示されているようですが、やや保存状態は良くないのが残念とのこと。
このあたりは予算等もあるので難しいのでしょうねぇ。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、マッキ水上戦闘機の一回目。
オーストリア・ハンガリーの飛行艇のコピーからスタートしたマッキ社の水上戦闘機は、複葉にフロートを兼ねた胴体という形状で、上の翼にエンジンをぶら下げ、プロペラを後ろ向きに着けた推進式の機体。
発展型のM.5型は、アニメ映画「紅の翼」でも、まだ豚になる前の主人公ポルコが載っていた機体としても登場しているんですね。
第一次大戦時の機体ではありますが、練習機型は1940年代まで使われていたそうです。

巻中の情景写真はベトナム戦争時の情景。
M551シェリダン空挺戦車が発売になったこともあって、ベトナム戦の情景を作りたかったとのこと。
シェリダンに支援された米兵たちがベトコンを捜索している様子がよく出ています。

面白かったのは、第二次大戦中のドイツ軍アフリカ軍団の塗色の話。
1941年時の塗色と1942年時の塗色の二種類があったそうで、今回タミヤカラーにもその二種類が登場しましたよというものでした。
41年からいる車輌と、42年に新たに配備された車輌が一緒にいる場面なんてのも作れそうですね。

今号ではコンテストの入賞作が紹介されておりましたが、新型コロナの影響で表彰式や懇親会が行われないという残念なことになっているとのこと。
こんなところにも影響があるんですねぇ。
残念です。

今号も楽しく拝見させていただきました。
次号も楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/05/13(水) 19:26:19|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道は残念ながらまだ | ホーム | はたして話数は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/5612-b418e89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア