FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

こんな程度なのに遅すぎた

まだまだ世界的に戦車の価値がよく理解されていなかった時期において、日本帝国陸軍は研究の末に八九式中戦車(完成当初は軽戦車)を完成させました。

完成当時としては世界的に見ても戦車砲としては大口径砲だった57ミリ砲を搭載したり、乙型では空冷ディーゼルエンジンを搭載したりなど見るべき所も多い戦車ではありましたが、やはりいろいろな問題点も抱えていた戦車ではありました。

そこで帝国陸軍は、新たに九七式中戦車を開発、採用します。
この九七式中戦車も完成当時(1937年)では、世界最高水準の戦車でした。
(ドイツでは二号戦車を量産中、四号戦車が試作が完成した頃)

支那事変から日中戦争、そして太平洋戦争の緒戦にかけて、八九式と九七式の両戦車は日本軍の中心戦車として活躍しました。
しかし、機関銃陣地攻撃用の短砲身57ミリ砲は初速が低く、榴弾砲としてはさほど問題なかったものの、対戦車砲としては貫徹威力が低すぎました。
その問題はノモンハンでのソ連軍戦車との戦いや、太平洋戦争初期においての米軍戦車との交戦で明らかになります。

そこで日本軍は装甲貫徹力の高い速射砲を戦車の主砲として搭載することを考えました。
研究中だった47ミリ対戦車砲を戦車搭載用に改良した一式47ミリ戦車砲が作られ、これを装備した砲塔を九七式中戦車に載せたのです。
これが九七式中戦車改でした。

この47ミリ砲は米軍のM3軽戦車を撃破するのに充分な威力を持ってはおりましたが、いかんせん登場時期が遅く、九七式中戦車改が戦場に姿を表わすのは昭和17年(1942年)のことで、この頃すでに戦場にはM4中戦車が姿を現し始めていたのです。

日本軍は九七式中戦車改の装甲を少し厚くしたり、量産効率をよくするために溶接にしたりした一式中戦車を作りますが、主砲は47ミリ砲と変わらなかったため、M4にはかないませんでした。

M4に対抗できる戦車を作らなくてはならない。
そう感じた陸軍は、手っ取り早く作るために、M4の装甲を撃ち抜ける九十式野砲を戦車砲として載せることにします。

九十式野砲は口径75ミリで、装甲貫徹力はそこそこあり、M4の正面装甲を近距離では撃ち抜けるものでした。
この九十式野砲をほとんど丸ごと車輪と脚だけ外して新型砲塔で周囲を囲み、一式中戦車の車体に載せたのが三式中戦車でした。

野砲丸ごとの砲塔はやはり巨大で、スタイル的にもバランスは悪いのですが、もはやなりふり構っていられなかったんですね。
装甲は前面50ミリ、側面25ミリと、戦争後半の四号戦車よりも薄く、やはり正面切っての撃ち合いだと分が悪かったと思われます。
何より問題だったのは、手っ取り早く戦力するために野砲改造で済ませたり、一式中戦車の車体を使ったにもかかわらず、その戦力化が遅すぎたことでした。

量産開始が昭和19年(1944年)の12月では、もはや量産しようにも資材も燃料もなく、戦場に送る手段もありませんでした。
ちなみに1944年12月というと、ヨーロッパではケーニッヒティーガーを主力としたアルデンヌ攻勢(通称バルジの戦い)が行なわれていた頃です。

それでも、量産しやすかった三式中戦車は終戦までに160両ほどが製造され、本土決戦用に温存されました。
終戦により、ついにM4との交戦のチャンスは訪れなかった三式中戦車は、二両だけが残され、スクラップにされたのでした。
とにかく登場が遅すぎたんですね。

現在「海」祭り開催中です。
会場はリンク先から行けますので、どうぞ足を運んで下さいませ。

それではまた。
  1. 2007/09/20(木) 20:25:06|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<五つの力を一つに合わせ | ホーム | ナイロンクイーン>>

コメント

>ケーニッヒティーガーを主力とした
いやいや、主力はパンターと4号ですよ!
とはいえ、それでもすごいか。

さて、舞方さまは9月23-24の例会に来ていただくご予定はありますでしょうか?
  1. 2007/09/21(金) 00:24:04 |
  2. URL |
  3. 今日も6ゾロ #-
  4. [ 編集]

>>今日も6ゾロ様
>いやいや、主力はパンターと4号ですよ!
おっしゃること重々その通りでございます。
アルデンヌ攻勢の独軍の中心はまさにパンターと四号でした。
ただ、今回の記事的に、技術的側面から日本は三式も満足に作れずにいた頃に、独軍はケーニッヒティーガーを作っていたんですよということを、言おうと思ったんです。
ご指摘ありがとうございました。

札幌歴史ゲーム友の会に関しましては、23日にはお伺いさせていただこうと思っております。
どうかよろしくお願いいたします。
  1. 2007/09/21(金) 21:04:51 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/545-871fa05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア