FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

サソリ女の誕生

今日は午後から超短編を一本書きましたので投下しようと思います。
例によってシチュのみのものすごく短いものですが、こういうシチュが好きという方に楽しんでいただければ幸いです。

それではどうぞ。


サソリ女の誕生

「う・・・うーん・・・わ、私はいったい?」
固い台の上で地境美知恵(ちさかい みちえ)は目を覚ます。
天井には手術で使う無影灯のような照明が付いており、彼女をまぶしく照らしていた。
いったいどうして自分はこのようなところに寝ているのか?
だが、すぐに美知恵はその理由に思い至る。
彼女は誘拐されたのだ。
それも奇妙な連中に。

「は、離して! あなたたちはいったい?」
いつものように買い物を済ませて家に向かっていた彼女は、突然路地から姿を現した全身黒づくめの連中に襲われたのだ。
いずれも屈強な男たちのようだったが、その全員が全身にぴったりとフィットするタイツ状の衣装を身にまとい、頭には目だけが覗くマスクをすっぽりとかぶった上、腰には奇妙な紋章の付いたベルトを締めてキィーだのヒィーだのよくわからない奇声を発しているだけだったので、日本人なのか外国人なのかもわからない。
そんな連中が五人ほど現れて彼女を取り囲み、有無を言わさず抑えつけて車に連れ込んだことを彼女はまざまざと思い出す。
そこから先は記憶があやふやだが、おそらくガスのようなものを嗅がされ、意識がもうろうとなってしまったのだろう。

ガチャリと金属質の音がする。
腕を動かそうとしたところ、どうやら金属の留め具で固定されているらしく、両手を広げたままで動かせない。
両足も同じようで、彼女はいわば台の上に大の字になって寝かされているのだった。
しかも、上からかけられた白い布の下は一糸まとわぬ裸のようである。
どうしてこんなことになっているのか?
彼女には全く分からなかった。

『目が覚めたようだな、地境美知恵よ』
突然重々しい声が響き渡る。
それは頭上の方からであり、複数のスピーカーを通して音が発せられているらしい。
「わ、私の名を? あなたはいったい?」
美知恵は自分の名前を言われたことにショックを受ける。
それはとりもなおさず誰でもよかったことにたまたま巻き込まれたのではなく、明らかに彼女を狙ってこの連れ去りを行っているということだからだ。
『我はこの闇結社ヘルザロンの首領である。ヘルザロンはお前を歓迎する』
「ヘルザロン? 首領? 歓迎?」
いったいどういうことなのか、美知恵には全く分からない。
ヘルザロンとやらもその首領とやらも聞いたことのないものであったし、歓迎するなどと言われてもこのような目に遭わせておいて何を言っているのかと言いたくなる。

「ど、どういうことなのですか? 私を放してください」
ガチャガチャと金具を鳴らして何とか躰を自由にしようともがく美知恵。
だが、全く金具は外れる気配はない。
『無駄だ。その金具は人間の力では外れない』
重々しい声の言う通りなのだろう。
彼女の力ではとても外れそうにない。
「私をどうするつもりなのですか? 身代金でも取るつもりなのですか?」
『お前はこれより我がヘルザロンの誇る改造手術を受けるのだ。そしてヘルザロンの改造人間として生まれ変わる』
「手術? 改造人間?」
またわけのわからない言葉が語られる。
どんな手術なのかわからないが、冗談ではない。
『そうだ。お前はこれより改造手術を受け、我がヘルザロンの忠実な改造人間となって、我が命に従うのだ』
「い、いやです! そんなのはいやぁっ!」
首を振っていやいやをする美知恵。
『黙れ! お前は我がしもべとなって地境教授を始末するのだ。お前ならば教授に怪しまれずに近づくことができる』
「ええっ?」
美知恵は愕然とする。
地境教授とは夫の地境亮一(ちさかい りょういち)のことに違いないからだ。
私に夫を殺せというの?

『お前の夫の地境亮一は、若き新鋭の物理学者として注目を集め、新たなるエネルギー源の実用化にももうすぐ目処が立つというではないか。そのようなことをされては我がヘルザロンにとって不利益となる。よって、お前の夫は始末されねばならない』
「そんな・・・そんな理由で夫を、あの人を殺そうというのですか?」
なんと恐ろしいことだろう。
このヘルザロンというのはくるっている。
美知恵は背筋が凍るような思いがした。
『我がヘルザロンの邪魔者は消えてもらう。お前がその役目を果たすのだ』
「いやっ! いやです! 冗談じゃないわ! あの人を殺すなんて絶対にいやっ!」
ガチャガチャと音を立て、必死に抜け出そうとする美知恵。
だが、手も足も全く自由になる気配はない。

『今はそう思うだろう。だが、改造手術を受ければ、お前は我が忠実なしもべとなり、喜んで我が命に従うようになるのだ』
「いやっ! いやぁぁぁぁぁっ!」
『黙れ! 手術を開始する。この女にふさわしい生物は決まったか?』
「はっ、この女には暗殺向きの生き物として、砂漠にすむ猛毒の殺人サソリを提案します」
いつの間にか彼女の周囲に現れた白衣の連中の一人が声に答える。
その手には禍々しく尾を振り上げる大きなサソリがガラスケースに入れられたものを持っている。
「ひっ!」
猛毒を持つというサソリの姿に美知恵は思わず声をあげる。
だが、白衣の連中は意に介した様子もなく、美知恵の寝かされている台の周囲に様々な機械を用意し始めた。
いずれも頭には黒づくめの連中と同じような目だけが覗く白いマスクをかぶっており、その目が冷たく美知恵を見下ろしている。
中には女性と思える体形の者もいるが、皆無言で器具をセットしていた。

「準備完了しました」
『手術を開始せよ』
「「「ヒィーッ!」」」
重々しい声に応えるように白衣の連中が奇声を上げ、スイッチを入れていく。
「いやぁっ! 放してぇっ! いやぁっ!」
美知恵の躰にチューブが差し込まれ、どす黒い液体が送り込まれていく。
顔にはマスクが嵌められ、そこから麻酔ガスが流される。
美知恵は必死にもがいていたが、やがて意識は闇の中へと飲み込まれていくのだった。

                   ******

数時間後、かけられていた白い布がはがされる。
そこには異形の姿の女が一人寝かされていた。
全体的な躰のラインは美しい女性のものであり、腰の括れや両胸のふくらみも女性らしいものであったが、その全身は茶褐色の外骨格に覆われ、頭も髪の毛がすっかりなくなってヘルメット状の外骨格が覆っており、目は黒く丸いサソリの単眼となり、口元には左右に鋏角が形成されていた。
背中からお尻にかけては節状のラインが走り、そのまま毒針を持つ尻尾となって伸びている。
右手は力強く大きな鋏と化しており、挟まれればただでは済まないだろう。
つまりそこにいるのは人間の女性とサソリが融合したものであり、まさに人間サソリと呼べるような姿だったのだ。

『目覚めるのだ、サソリ女よ』
天井から重々しい声が響く。
その声に反応したかのように寝ていた躰がピクリと動き、大きな音を立てて手足を拘束していた金具が飛び散っていく。
これは一種のデモンストレーションであり、生まれ変わった強力な躰を首領に見せるためでもあった。
「キシュシュシュシュ・・・」
奇妙な声をあげながらゆっくりと起き上がるサソリ女。
それは改造手術を受けて生まれ変わった美知恵の姿であった。

「キシュシュシュシュ・・・」
『目覚めたようだな、サソリ女よ』
重々しい声にコクリとうなずくサソリ女。
「はい、首領様。私は偉大なるヘルザロンの改造人間サソリ女。どうぞ何なりとご命令を。キシュシュシュシュ・・・」
両手をクロスするようにして首領に一礼するサソリ女。
脳改造によって、彼女の意識はもはやヘルザロンの一員に染められてしまっていたのだ。
『サソリ女よ。お前にヘルザロンの邪魔者である地境亮一の抹殺を命じる。できるな?』
「もちろんです。ヘルザロンの邪魔者はこの私が抹殺いたします。キシュシュシュシュ・・・」
猛毒の尻尾を振り立て、ぺろりと舌なめずりをするサソリ女。
『ほう・・・愛する夫を殺すなどできないのではなかったか?』
「ああ・・・申し訳ありません。それは生まれ変わる前の愚かな人間だった時のことです。今の私にはあの男への思いなど全く存在いたしません。むしろヘルザロンの邪魔者として憎しみを感じるぐらいですわ。キシュシュシュシュ・・・」
思わず膝を折ってさらに深く頭を下げるサソリ女。
『では行くがいい、サソリ女よ。地境亮一を始末してくるのだ』
「かしこまりました首領様。このサソリ女にお任せくださいませ。キシュシュシュシュ・・・」
すっと立ち上がり、口元に笑みを浮かべるサソリ女。
そしてくるりと振り返ると、彼女は任務を果たすためにその場を後にするのだった。

エンド

いかがでしたでしょうか?
今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/12(日) 19:00:00|
  2. 改造・機械化系SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<区役所にいたら区役所から電話来た | ホーム | 妹とのんびり>>

コメント

王道を攻めている感じで、シンプルで良かったです!
夫がどのように始末されるのか、妄想しがいがありますね……!
  1. 2019/05/12(日) 20:17:22 |
  2. URL |
  3. 暁ユウ #xRdMuy7w
  4. [ 編集]

執筆お疲れ様です!
改造前は夫殺しを拒絶していたのが、
改造後はその行為に対して躊躇いが無くなっているのが良いですね!
楽しませていただきました!
  1. 2019/05/12(日) 21:32:09 |
  2. URL |
  3. MAIZOUR=KUIH #gCIFGOqo
  4. [ 編集]

定番のネタですが、だからこその安定した面白さがありますなぁ(;゚∀゚)=3ハァハァ
夫の殺害も気になりますが、もし息子や娘がいたら……という妄想も捗ります(〃艸〃)ムフッ
  1. 2019/05/12(日) 23:31:38 |
  2. URL |
  3. IMK #-
  4. [ 編集]

同感です

「王道」とか「娘の存在」とか、沙弥香が書きたかったことが皆様に先を越されてしまいました(笑)
でも、ホント、舞方先生のSSは何度読んでも飽きませんわね。
  1. 2019/05/13(月) 01:32:19 |
  2. URL |
  3. 沙弥香 #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます

>>暁ユウ様
もう余分な要素をすっぱりそぎ落とした改造前後のシーンだけですからねー。
夫始末シーンも書きたかったんですけど、とにかく投下したかったのでカットしました。

>>MAIZOUR=KUIH様
ありがとうございます。
やはり前後での心理変化とかのギャップがいいですよねー。

>>IMK様
今回の彼女には子供はいない設定なのですー。
いればいたで子供のことを思うセリフ等が出てきたでしょうねー。

>>沙弥香様
楽しんでいただけてこちらもうれしいです。
ありがとうございます。(´▽`)ノ
  1. 2019/05/13(月) 17:58:10 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/5243-78a5f25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア