FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

三景艦

「松島」「橋立」「厳島」
この三つはもちろんご存知の方も多い日本三景ですね。

宮城県の松島。
京都府の天橋立。
広島県の安芸の宮島(厳島)。

いずれ劣らぬ素晴らしい景色の場所であり、日本人にとって馴染み深く、また世界に誇れる景観だと思います。
残念ながら舞方は北の大地よりでたことがほとんど無く、日本三景も一ヶ所たりとも現実に見たことはありません。

それどころか、舞方としてはこの三つの名前は日清戦争時の日本海軍の軍艦としての意味のほうが大きいんですね。(笑)

大日本帝国は明治中期、当時大国と思われていたアジアの一等国清(現中国)と朝鮮半島に対する利権を巡り対立していました。

いったん戦争になれば、基本的には半島及び大陸で戦う帝国陸軍がその重責を担うことになるのですが、その陸軍の兵士を半島及び大陸に送るには海を渡らなくてはなりません。

そのために安全に輸送を行なえるように制海権を確保するよう義務付けられたのが帝国海軍です。

当時清はドイツから東洋一の堅艦と呼ばれた「定遠(ていえん)」「鎮遠(ちんえん)」と言う二大装甲艦を買い入れ、強力な北洋水師(北洋艦隊)を擁して海上の覇権を握っていたも同然でした。

明治維新以後の発展途上であった大日本帝国はまだまだ経済力も弱く、定遠・鎮遠の二隻に対抗できるような強力な装甲艦を買い入れることはできませんでした。

そこで、当時日本に招聘されていたフランス海軍のエミール・ベルタン造船大佐が、小型で安い防護巡洋艦に一門だけ巨大主砲を積み、それを四隻ワンセットにして一隻の定遠級にぶつけるという構想を持ち出しました。

つまり、四隻の防護巡洋艦をあたかも一隻の軍艦のごとく運用して、その四門の主砲で定遠級を圧倒しようとしたのです。

帝国海軍はこの構想に基づき、新型の巨大主砲防護巡洋艦を三隻建造します。
財政的な問題か、結局四隻は造れなかったんですね。

で、できあがった三隻に名付けられたのが、この「松島」「橋立」「厳島」であり、その名称からこの三隻を俗に三景艦と呼んでいるのです。

主砲は32センチ砲が各一門。
それを橋立と厳島は前部に、松島は後部に搭載し、あたかも前部に二門後部に一門の砲を持つ大型艦として見立てたわけなんですね。

実際には日清戦争が始まると、小さな艦に巨大な砲というバランスの悪さが災いし、またフランス製の砲の故障なども重なって、32センチ砲はほとんど意味を成しませんでした。

黄海海戦においても三隻の主砲は定遠及び鎮遠に一発も命中しておらず、すぐに故障で使用不能になってしまったようでした。

しかし、副砲としてフランスの反対を押し切って搭載したイギリス製の12センチ砲が俄然活躍。
この12センチ速射砲のおかげで定遠及び鎮遠は装甲こそ撃ち抜かれなかったものの、構造物をめちゃくちゃに破壊されて浮かぶ残骸と言っていいほどにされてしまいます。

結局戦闘力を失った定遠、鎮遠を初めとする北洋水師は戦場を離脱。
海戦は日本側の勝利に終わります。

日本人の誇る三大名所は三景艦として清国の艦隊を撃破。
日清戦争勝利の原動力となったのですね。

こういう軍艦もあるのだと思っていただければ幸いです。
それではまた。
マビマビ
舞方さんこんばんは~!
コメントできるようにしましたよーwメッセも出来ます。
いやあ、本当にすごい!軍艦大好きなんですね。熱意のこもったというか熱いっす!
ぜんぜん私は知らないですが、こう分かりやすく面白く書かれているといいですね。
ちなみに、東京在住ですが、宮島しか行った事ないです。

そういえば、ホーリードールはゲームの原作になりそうですよね。
そんな気がします。アクションせい高いですものね。
では、後ほどメール送らせていただきます。
6月8日 23:57

空風鈴ハイパー
三景艦ですね。「黄海の波高くして、定遠はまだ沈まず」でしたっけ?
名前だけは知ってましたけど、こう言うコンセプトがあったとは知りませんでした。
3つの力が1つになって!ってなんかゲッターロボみたいですね(笑)。
SFなら「合体戦艦」とか「〇〇フォーメーション!」とかって言う所でしょうか(笑)。
「巨大な敵に小さな力を集めて立ち向かう」
ってのが好きな(あるいは予算上そうせざるを得ない)日本人の象徴みたいですね。苦肉の策というかなんというか・・・。

しかし「副砲が大活躍」ってのは面白いですね。
「期待してた装備がまるで駄目だったのに予想外の脇役が大活躍」
っていうのは、
こう言うものって
不完全な分子機械である人間のやることに完璧・予想通り!なんて事はないんだなーって実感させられますね。
6月9日 0:31

妄想狐
こんばんは~舞方様、今日は三景艦の話題ですね。
4000㌧の艦体に不釣合いなまでにデカイ32cm砲を
ドデンと乗っけた、おフランスの優雅さも艦名になった三大
景勝地の風光明媚さもクソ喰らえな、身もフタもない異
形艦。
 肝心要の32cm砲はでか過ぎて正面にしか撃てなかっ
たようですし(砲は回転できたけど舷側に向けると重さで
艦の水平が保てない、発射すると衝撃で舳先が回り進
路が狂う。)とんでもない艦だったらしいです。
 前に撃てる橋立と厳島はまだ良いとして、後ろにしか撃
てない松島は
「どないせいちゅーねん」
ってな感じでしたでしょう。敵前まで突入してからおもむろ
に180度回頭してお尻向けてから撃つか、それとも反航
戦ですれ違ってから撃つしかないわけですから・・・悲惨。
 三隻しか造れなかったのはある意味不幸中の幸いだっ
たのではないでしょうか?
 そういえばフランス艦の大砲ってよく故障しますよね、
四連装主砲なんて奇妙な大砲を積んだリシュリューも
主砲はしょっちゅう故障していたって話ですし・・・
もしかしてフランス艦って粗悪品!?
6月9日 1:48

舞方雅人
>>マビマビ様
いらっしゃいませ&コメントありがとうございますー。
軍艦もそうですが、船全般が好きですね。
宇宙船まで好きですから。ww
おお、ゲームの原作ですか~。
どこかゲーム化してくれないかな。
ついでにSSも書いてくれないかな。(笑)

>>空風鈴ハイパー様
合体モノとは確かに言われるとそうかもしれませんねー。
財政が厳しいのはこの後太平洋戦争まで続きますね。
一時期は国家予算の半分近くまで軍事費になったようです。
軍備は金かかりますよねー。

>>妄想狐様
確かにあれだけの巨砲を積んだらバランスも悪くなりますよね。
首尾線上でしか撃てないなら意味ないですもんね。
フランス製兵器は悪くないはずなんですが・・・
特に木造帆走戦闘艦はイギリスのよりも優れていたんですけどねぇ。
6月9日 22:43
  1. 2006/06/08(木) 22:40:32|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嬉しいご報告 | ホーム | ビーストの浄化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/489-e75cbf64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア