FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

神聖でもローマ的でも帝国ですらもない

講談社現代新書の菊池良生氏著「神聖ローマ帝国」を読み終えました。

神聖ローマ帝国
こちらが表紙。
もう2003年初版発行というやや古い本ではありますが、ずっと積読状態だったのをようやく読んだ次第。

以前からこの中世ヨーロッパにその名を遺す「神聖ローマ帝国」という存在は気になっていたのですが、なかなかそれがどういうものかを知る機会等がなく、どういう国家なのか知らずに来ておりました。
今回、この本を読んで、「神聖ローマ帝国」というものの大雑把な概略を知ることができ良かったです。
とても面白く読むことができました。

結局のところ、「神聖ローマ帝国」とは、あのローマ帝国のような欧州全土から世界に広がる帝国の再興を夢見たものの、それに向かおうとすればするほど国内が分裂してしまうという矛盾した存在だったのかもしれません。
その時々の皇帝も、その矛盾に非常に苦労していたように見えました。

しかし、その矛盾ゆえに実態がなくなっても「神聖ローマ帝国」が簡単に滅ぶことはなく、かえってその名前によってしばし生き延びるという奇妙なことも。
最後はナポレオンによって命脈を断たれるまで、なんだかんだと1000年近くも存在したというのがすごいですね。

次は同じく積読状態の同じ菊池良生氏著の新書「戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争」を読みたいと思います。
楽しみー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/12(土) 18:31:02|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最終話まで見終わりました | ホーム | 誕生したの? 赤い彗星?>>

コメント

私の持っているゲームでは、SPI「帝国の興亡」とタクティクス誌付録の
「神聖ローマ帝国」にこの神聖ローマ帝国が出てきますね。

タクティクス誌の「神聖ローマ帝国」はドイツ三十年戦争の悲惨さとは
裏腹に各地の王侯貴族たちの紋章が地図に華やかに描かれていたのが
印象的でした。
  1. 2018/05/13(日) 23:16:52 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>富士男様
あー、あれは印象的でしたねぇ。
どっちもプレイしていないので、ゲームとしてはどうだったのか気になりますー。
帝国の興亡は手放しちゃったんですよねー。
  1. 2018/05/14(月) 21:51:35 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/4880-709a288e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア