FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

皇帝陛下は強いのにー

いつものように先輩を招いてゲームの日。

先日手に入れたツクダの「眼下の敵」を見てもらい、Uボートに思いを馳せました。

一隻一隻がユニットとなっているこのゲームは、文字通りあの小説・映画の「眼下の敵」をプレイするシナリオがあります。
と言っても、小説の英国駆逐艦とUボートとの戦いはともかく、映画の米国護衛駆逐艦対Uボートの戦いは、米国艦がほとんど入っていないので英国のフリゲートに変更されていますけどね。

Uボート対英国護衛艦との戦いを扱ったこのゲームでは、航空機のルールがないので、空母や護衛空母、戦艦もある意味やられ役です。
主役はUボートと護衛艦なのです。

そんな話をデータカードとユニットシートを眺めながらくっちゃべっておりました。
すると、意外なことに先輩が、「今度やってみようか?」と言って下さったので、これはぜひプレイせねば。

でも、手元には学研のムック本「Uボート戦全史」「大西洋戦争」、デルタ出版の「Uボート」、海人社の「ナチスUボート」、文林堂「グラフィックアクション」19及び25と、Uボートの資料はあるけど、対する英国護衛艦隊の資料って少ないんですよねー。
上記の資料にもライバル的扱いでちらちらと載っているだけ。
せいぜい海人社の「第二次世界大戦中のイギリス軍艦」ぐらいかなぁ。

まあ、それはともかく、今日はコマンドマガジン日本版52号付録の「赤い夕陽のナポレオン」をプレイ。
コンパクトにまとまったお手軽なナポレオニックのいいゲームです。

二回目のプレイですが、前回より時間が経っているので、再確認プレイという感じ。
私が皇帝陛下率いるフランス軍で、先輩が普・墺・露連合軍。
前回と同じ布陣です。

ナポレオン率いる仏軍は、ブリュッヒャーと離れてしまっているプロイセン軍をまず攻撃。
総司令官の指揮範囲にいない部隊は将軍の作戦指揮能力がそのまま戦力となるので、実戦力よりかなり劣ることが多い。
そのため、叩けるところは叩くという機動防御を仏軍は取りました。

ヨークのプロイセン軍はナポレオンに叩かれて後退。
指揮範囲に収めようと突出してきたブリュッヒャーを返す刀で指揮下のロシア軍もろとも撃破、第一ターン途中でブリュッヒャーは指揮下部隊とともに壊滅、除去されます。

さらにナポレオンは今度はオーストリアのシュワルツェンベルクに狙いを定め、指揮範囲を広く取るために道路上に単独でいたシュワルツェンベルクも連合軍部隊の間を上手くすり抜けたモルティエが除去。
連合軍は一瞬にして司令官を二人とも失いました。

幸先のいいスタートではありましたが、このゲームは除去されても再編成で復帰します。
第二ターンには何事もなかったかのようにブリュッヒャーもシュワルツェンベルクも盤上に参上。
連合軍の部隊も次々と戦力を補充して再編成されます。

仏軍はナポレオンが一人頑張り、彼の行くところ連合軍は局地的敗北が待っています。
しかし、ナポレオンの目の届かないところでは、連合軍の将帥以上にナポレオンに率いられることに慣れた仏軍将帥があっけなく連合軍に敗退して都市を奪われます。

ナポレオンが都市を一つ奪回する間に、連合軍は二つ都市を陥落させる。
そのような状況が五ターンまで続いてしまうと、仏軍には勝ち目がなくなりました。

結局五ターン終了時で投了。
仏軍の敗北です。
最後まで粘ってもダメだったでしょう。

うーん・・・
どうしたらよかったのかなぁ。
ナポレオンと麾下の軍勢を離すのはよくないみたいですね。
とは言っても固まっているだけじゃ押し込まれちゃうしねぇ・・・

なかなか一筋縄ではいかないようです。
これもまた次回に雪辱を期したいですね。

それではまた。
  1. 2007/07/28(土) 19:33:50|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<なかなかですねー | ホーム | ノモンハン5>>

コメント

英米対潜作戦ねー

入手しやすいものはNF文庫の大内健二『輸送船入門』あたりでしょうか。同じ作者の『商船戦史』『戦時商船隊』もオススメ。ただし、この人、商船モノ以外は出来がいいとは思いません。
もし地道に捜索するつもりがあるなら、ソノラマ戦史の『シーハンター』(護衛空母)、タイムライフ第二次世界大戦史の『大西洋の戦い』も。タイムライフ第二次世界大戦史は写真が豊富で、また歴史屋やミリヲタが見ないようなとこに注目してるんで、全部揃えても損はしないと思います。
あと、仮装巡洋艦とかも含めた広義の通商破壊戦の話なら、木俣滋郎氏の著作は当然必須となりますね。
  1. 2007/07/29(日) 01:57:33 |
  2. URL |
  3. とくめー #h6sG9QMo
  4. [ 編集]

つづき

ああ、英国対潜作戦ではなく、英国護衛艦艇の資料となると、世界の艦船増刊ぐらいになってしまいます。しかもこれも編集方針が「写真誌」だったころの本でデータが少ない……

それから、舞方さんの諸国民戦争の記事は是非読みたいです。
ナポレオン戦争の終盤戦、展開が複雑できちんと把握できてないんで。
  1. 2007/07/29(日) 02:04:09 |
  2. URL |
  3. とくめー #h6sG9QMo
  4. [ 編集]

>>とくめー様
うわ、資料のご提示ありがとうございます。
とても助かります。
手に入りそうなものをあたってみたいと思います。

それと、リクエストありがとうございます。
諸国民戦争を含むナポレオン戦争自体を扱ってみたいのですが、いかんせん手元に資料があまりないんですよ。
でも、いずれは書きたいと思いますので、気長にお待ち下さいませ。
  1. 2007/07/29(日) 20:26:28 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/482-ceeffaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア