FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

米軍のは弾自体が自力で飛んで行くのに・・・

英軍のボーイズ対戦車ライフルが、有名な割りには役に立たなかったことは以前述べました。
(6/14記事参照)
しかし、それでも手元にあれば、何もないよりははるかにマシだったでしょう。

ところが英軍は、1940年の西方戦役(いわゆるドイツ軍によるオランダ、ベルギー、フランス侵攻)において、アルデンヌの森を突破してきた装甲師団に追い立てられ、ダンケルクの海岸からほとんどの装備を放り捨てて撤退する有様となりました。

戦車、砲はおろか、銃までも投げ捨てて、兵士の身一つでイギリス本土に逃げ帰ったのです。

当然、対戦車銃も放り捨てられ、英軍部隊は歩兵用の対戦車兵器がなくなってしまいます。

とにかく一刻も早く、歩兵たちが使える手軽な対戦車用の兵器を作れ!!

兵士たちのそんな欲求に基づいて、急遽作られたのが、PIAT(プロジェクター インファンタリー アンチ タンク=歩兵用対戦車投射機 ピアットと呼ばれた)でした。

これは、当時威力が知られ始めていた成型炸薬弾を弾頭にした弾体を用意し、それを雨樋のような受け皿の付いた発射機(肩当や引き金が付いている)の受け皿部分にセットし、打ち出すという代物でした。

しかし、ドイツ軍のパンツァーファウストや米軍のバズーカと違い、弾体そのものがロケットで飛んで行くようなものではなく、発射機自体に押し込められたばねが元に戻ろうとする力と、ごく少量の発射火薬によって弾体が放り出されるといった方がよい代物でした。
いわゆるばね鉄砲みたいなものなんですね。

つまり、発射するためには、まず発射機自体のばねを90kg.以上の力で押し込んでやらねばならず、非常に苦労するものだったのです。
小柄な兵士だと逆に跳ね飛ばされる危険もあったとか。

理論上はいったん押し込められたばねは、発射後その反動で再び押しもどされることになっていましたが、理論どおりに行かないのが世の常であり、英軍兵士は一発撃つごとにばねを押し込む苦労をさせられることになったのです。

それでも英軍にとってはかけがえのない携帯用対戦車兵器であり、上手く命中させることさえできれば、弾頭部の成型炸薬は75ミリから100ミリほどの装甲板を撃ちぬくことができたので、ティーガーを撃破したという記録もあるそうです。(側面から)

まあ、バズーカに比べると射程(約100メートル)は短いし、発射は苦労するしで、あまり好まれなかったそうですが、戦車に向けて撃つのではなく、トーチカ的な家屋を破壊するのにはそこそこ使えるという事で、もっぱら家屋破壊に使われたようです。

映画「遠すぎた橋」では、英軍パラシュート部隊が、橋を渡ってくるドイツ軍装甲偵察大隊に向かって、後方噴流が無いというPIAT唯一の利点を生かし、建物の中からドイツ軍装甲車両を撃ちまくってましたね。
PIATの活躍するシーンとしては一番有名なのではないでしょうか。

無骨で使いづらい兵器ですが、何となく英軍には似つかわしいような気がして、私は結構好きな兵器です。
使えと言われたら、問答無用で拒否しますけどね。(笑)

それではまた。
  1. 2007/07/18(水) 20:36:08|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ショック | ホーム | ホワイトプリム(Enne様作:g-than様画)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/471-424f085c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア