FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

二周年記念SSをもう一つ

忘れてませんよーということで、二周年記念にもう一本投下です。

久々のグァスの嵐。
もうお忘れの方も多いでしょうね。

半年振りになりますが、またチョコチョコと書いて行ければなと思っております。
よろしくですー。

17、
クラリッサを別室へ連れて来たダリエンツォは、マグカップにそっと薬を仕込む。
思考を鈍らせ言うことを聞かせやすくするする薬だ。
奴隷を調教する時に使われるという。
「飲め」
薬が混ざっているホットワインを手渡すダリエンツォ。
ほのかな甘い香りがクラリッサの鼻腔をくすぐった。
「これ?」
クラリッサが顔を上げる。
「ああ、躰が温まる」
「あ・・・」
クラリッサはそっとマグカップに口を付けた。
暖かいワインが喉に染み渡る。
はちみつでも入っているのだろうか。
甘い。
「あの男のことがわかったか?」
ピクッとクラリッサの肩が震える。
「あの男はお前を利用していたのさ」
マグを持つクラリッサの手も震える。
違う・・・
違う・・・
そう思いたい。
でも、あれは強制されて言っていたようには思えなかった。
「お前は見捨てられた。あの男はお前を捨てたのだ」
「ああ・・・」
クラリッサの頬を涙が伝う。
捨てられた・・・
私はダリオに捨てられた・・・
あんなに好きだったのに・・・
ダリオは私のことを好きじゃなかったんだ・・・
「わかっただろう? あの男がいかにひどい奴か」
ダリエンツォの言葉がクラリッサに突き刺さる。
ひどい・・・
ひどい・・・
ダリオはひどい・・・
私を・・・
私をだまして・・・
私をだましていたんだ・・・
「悔しいだろう?」
悔しい・・・
悔しい悔しい・・・
悔しい悔しい悔しい・・・
「ひどい目にあわせてやりたくないか?」
ひどい目に?
クラリッサがふと顔を上げる。
妖しく微笑むダリエンツォの顔がそこにはあった。
「ひどい・・・目に?」
「ああ・・・俺はお前の味方だ。お前を救ってやる」
救う?
私を救う?
誰から?
誰から救うの?
「俺がお前を救ってやる。お前の苦しみを解き放ってやる」
苦しみ?
この苦しみから救ってくれる?
私を救ってくれるの?
ああ・・・
嬉しい・・・
すごく嬉しいよぉ・・・
「お前を苦しめていたのは誰だ? あのダリオという奴だろう?」
ダリオが?
ダリオが私を?
そうだ・・・
ダリオは私を苦しめた。
ダリオは私を裏切った。
ダリオは私を見捨てた。
ダリオは私を苦しめた!!
「どうだ? 奴を殺したくないか?」
殺・・・す・・・?
ダリオを殺す?
ダリオを殺す・・・
ダリオを殺す。
ダリオを殺す!!
「ダリオを・・・ダリオを殺す」
クラリッサの目に狂気が宿る。
ダリエンツォはその目におのれの策が上手く行っている事を見て取った。

渡されるナイフ。
それはあらためてクラリッサを怖気づかせるには充分なもの。
だが、それはダリエンツォもわかっている。
狂気を浸透させなくてはならない。
「大丈夫だ。お前は救われる。これでお前は救われるんだ」
「私は救われる・・・私は救われる・・・」
ただただナイフを見つめ、つぶやいているクラリッサ。
その目は虚ろ。
その肩を抱き、ダリエンツォは彼女を誘った。

「もういいでしょ? あの女は好きにしていいから、俺を解放してくれませんか?」
卑屈な笑みを浮かべて周りの男どもに訴える。
なんなら多少の身代金だって払ってもらえるはず。
ガンドルフィ家は少しは金がある家なのだ。
「さあてね。キャプテンがなんと言うかな」
そう言って水夫たちが下卑た笑い声を上げる。
ダリオはため息をつくしかなかった。

その時ドアが開く。
そこから入ってきた人影を見て、ダリオは息を飲んだ。
「ク、クラリッサ・・・」
入ってきたのはキャプテン・ダリエンツォとクラリッサだった。
だが、クラリッサはうつむいてダリオの方を見ようとはしない。
「ダリオ・ガンドルフィ」
クラリッサの様子をもっとよく見ようと思ったダリオだったが、ダリエンツォに声をかけられ、そちらの方を向くしかなくなる。
「な、なんです?」
「解放されるのはお前じゃない」
ダリエンツォがにやりと笑う。
「えっ?」
俺じゃない?
それじゃクラリッサが解放されるのか?
こいつらの狙いは彼女じゃないのか?
「クラリッサ、あの男を刺せ。そうすればお前は解放されるんだ」
ダリエンツォはクラリッサにそう耳打ちして、肩を押してやる。
ふらりと二・三歩前に出るクラリッサ。
顔を上げた彼女の目は虚ろだった。

「ク、クラリッサ・・・」
両手を後ろ手に縛られ、両足も縛られているダリオは身動きが取れない。
「ダリ・・・オ・・・」
クラリッサの手には光るナイフが握られていた。
「ク、クラリッサ」
ダリオはぞっとした。
まさか・・・
まさか彼女は俺を殺す気か?
「ダリオ・・・」
ふらふらとクラリッサはダリオに近づいていく。
「よ、よせ、クラリッサ。俺だ。ダリオだ。婚約者のダリオだよ」
「婚・・・約・・・」
「そ、そうだ・・・愛してるよ、クラリッサ」
ダリオは必死で縛られた腕を解こうともがきながら、クラリッサに語りかける。
嘘がばれてしまったのは直感的に感じたが、それしか彼女を止める手立てが思いつかない。
「愛・・・してる・・・?」
ピクッと肩を震わせるクラリッサ。
その歩みが一瞬止まる。
「そうだ。愛してるよクラリッサ。一緒にうちへ行こう。家族もきっと君を待っている」
「嘘・・・よ・・・」
「えっ」
「私をまた・・・だますのね?」
クラリッサの目に異様な光が灯る。
「だ、だますなんて・・・」
ダリオが唇を噛む。
まったく・・・
なんてこった・・・
「だましてなんかいないよクラリッサ」
「無駄だよ」
ダリエンツォが首を振る。
「先ほどのお前の話しを聞かせてやった。そいつはもうお前の言葉を信じはしないさ」
「くそっ」
ダリオは舌打ちした。
「クラリッサ、あんな奴の言うことを信じるのか? 俺の愛を疑うのか?」
「い・・・や・・・」
「クラリッサ!」
「私は解放されるの・・・私は解放される・・・」
クラリッサがナイフを振り上げる。
「クラリッサ!」
どすっと言う音とともに、クラリッサの頬に血しぶきが飛び散った。
  1. 2007/07/16(月) 22:45:06|
  2. グァスの嵐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ホワイトプリム(Enne様作:g-than様画) | ホーム | 二周年記念>>

コメント

密かに待っておりましたv

ご無沙汰しております。
ひっそりとROMっておりましたが、グァスの風の続きが読めて嬉しかったです♪

ダリエンツォの施術(でいいのかな)シーン、流石!ですね。
ああ、クラリッサどうなっちゃうんだろう。楽しみにしています。

#えっと、グァスの更新を催促しているつもりはないです、念のため。
#他にも連載をお持ちの事だし、舞方さんのペースでお願いします!
  1. 2007/07/17(火) 22:01:10 |
  2. URL |
  3. GreenBeetle #.vjKhiP6
  4. [ 編集]

遅ればせながら…

2周年おめでとうございます。
本来ならこのタイミングでこのコメントは失礼に当たるのでしょうが、是非祝辞を述べたいと思いコメントさせていただきました。
毎日欠かさず更新をするというのは、並大抵のことではないと思います。私は何でも三日坊主ですので…。
お身体だけには気をつけて、舞方さんのペースで更新を続けていただければと思います。
本当におめでとうございます。
  1. 2007/07/17(火) 22:21:10 |
  2. URL |
  3. 北澤love #-
  4. [ 編集]

>>GreenBeetle様
グァスの嵐を楽しみにしてくださってありがとうございます。
私のSSの中では毛色の違うタイプなので、あまり受けないんじゃないかなって思っていたんですが、こうして応援していただけるのはとても嬉しいです。
ゆるゆるとではありますが、継続して行きますので応援お願いいたしますねー。

>>北澤love様
失礼なんてまったくそんなことないですよー。
いつでもコメントは本当にありがたく嬉しいものです。
これからも応援よろしくお願いいたしますねー。
  1. 2007/07/18(水) 20:43:36 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/469-745aa3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア