FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

わが装甲軍団は戦争ができるのか?

昨晩はセンパー様とVASSALでの「激闘! グデーリアン装甲軍」の対戦の続きを行いました。
今回は2ターン目から3ターン目の途中までです。

607024918.jpg
1ターン目にはすべてのチットが使えたドイツ軍も、2ターン目はチット三つのみ。
私はいつでも割り込めるグデーリアンチットと、第三装甲軍、中央軍集団(AGC)の三つを選択。
これに規定のチットとソ連軍の選択したチットをカップに入れて引きます。

一番最初に動くチットはなんとソ連軍のティモシェンコチットでした。
これが一番最初に動かれてしまうと、突出した独軍装甲部隊が逆襲を受けて大きなダメージを受ける可能性がががが・・・(°ω°)
やむを得ず私はグデーリアンチットを早々に使って割り込むしかありません。
こうして先に独軍第二装甲軍が動き、ソ連軍を追い立てます。
さらに第三装甲軍も動き、ソ連軍にダメージを与えます。

しかし、ルールによって補給切れを食らったり、ソ連軍の反撃でやはりダメージを受けたりと、独軍もなかなか簡単には進撃できません。
史実よりも進撃の度合いは悪そうです。

第三ターンにはさらに独軍は苦しく、チットが二個しか使えません。
グデーリアンチットはやはり必要となるでしょうから、それ以外一個しか使えない状況に。
一方ソ連軍は三個のチットが使えますので、独軍より動けます。
厳しい!
激グデ二回目

昨日は第三ターンの途中で通信障害のためにプレイ続行が不能な状況になってしまったので、そこで中断。
続きはまた来週ということに。
センパー様、次回もよろしくお願いします。

今日はこんなところで。
それではまた。

PS:明日明後日で短編一本SSを投下する予定です。
お楽しみに。
  1. 2016/02/04(木) 21:11:18|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫少女と性技のヒロイン (前) | ホーム | 一時代を築いた人の凋落>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/4083-9f2dc989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア