fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

艦長と一緒♥

久々にローネフェルトのSSを投下します。

あまり時間が無かったので、ちょっとだけですけど。
お楽しみいただければ幸いです。

「アマリア・ローネフェルト、入ります」
私はブリュメルの艦長室にやってきていた。
『どうぞー』
明るい声が私を向かえる。
艦長となってもこの明るい声は士官学校時代と同じだわ。
「失礼します」
私はドアを開けて艦長室に入り込む。
「いらっしゃい。よく無事に宇宙へ上げってこられたわね」
デスクの向こうからにこやかな笑みを浮かべてリーザが出迎えた。
私は一応きちんと敬礼して筋を通す。
「ありがとうございます、艦長」
「堅苦しい挨拶は抜きよ。一杯いかが?」
デスクの脇にある冷蔵庫からチューブを取り出すリーザ。
中身はきっとお酒でしょうね。
私は放り投げられたチューブを受け取ると、口をねじる。
「とりあえず今の無事を祝って乾杯」
「乾杯」
私は冷えたワインを喉に流し込む。
無重力はすぐに酔いがまわるから、ほどほどにしなくては・・・
「ふう・・・」
「美味し・・・」
私たちは思わず顔を見合わせてしまう。
「それにしてもよく無事で・・・」
リーザの笑みが私には嬉しい。
「いろいろあったけどね」
それは本当のこと。
私はみんなのおかげでここにいる。
それは忘れてはいない。
「ところであなたさえ良ければこの艦に残って欲しいんだけど」
「えっ?」
私は驚いた。
次の配置はまだ決まっていないけれど、おそらくソロモンに配置されるものと思っていたのだ。
「でも、この艦には固有のモビルスーツ隊が・・・」
「この艦はね、就役したばかりなのよ」
ワインのチューブを再び口にするリーザ
「慣熟訓練の最中に、軌道の設定が一番早いという理由でHLVの回収をさせられたわけ」
「訓練中に?」
私は驚いた。
確かに艦内には若い連中が多く、中には学生と思われる者がいたのは知っていたけど、就役したばかりとは思わなかった。
「おかげで正規のモビルスーツ隊はまだ乗せていないのよ。モビルスーツの数も少ないしね」
「そうだったの・・・」
「マリーがこの艦のモビルスーツ隊を指揮してくれるなら、これほど心強いことは無いんだけど」
リーザが微笑む。
この微笑みに弱いのよね。
私は思わず苦笑した。
「私はかまわないんだけど・・・司令部が許可してくれるかしら・・・」
「それは私の根回し次第ね。とりあえずマリー自身の答えを聞いておきたいわ」
「私は構わないわ。リーザの艦にいられるなら嬉しいもの」
それは本当のこと。
宇宙で生死を賭けるのなら、気心の知れた者が背後に控えていてくれる方がいい。
「ありがとう。今この艦は軌道を外れて会合点へ向かっているわ」
「会合点?」
「ええ、補給艦との会合を行なうの。そこで補給を受けた本艦はそのままソロモン空域のパトロールに入るわ」
リーザの顔が曇る。
「まさか? そのまま?」
慣熟訓練中の艦艇をそのままパトロールに配備するなんて聞いたことがない。
「連邦軍の宇宙での反攻が近づいているのよ。各艦艇は補助艦艇や特設艦艇まで前線に貼り付けられているわ。訓練未了とは言えブリュメルは巡洋艦なのよ」
つまり、一隻も無駄にはできないのだ。
どんな船でもいいからかき集めて、連邦軍の前に放り出す。
それで敵の侵攻が少しでも遅れれば、その間に本国は防備を整えるというわけか・・・
「本来なら本艦は補給艦からモビルスーツ隊を受け取る手はずになっているわ。でも、私は順調に受け取れるとは思っていない」
リーザの言葉に私もうなずく。
地上での状況から考えて、宇宙の状況が以前と変わりないとは思えない。
MS-09Rリックドムが配備されているというけど、各艦艇が全て装備できるとは思えないものね。
「幸い、今回HLVで上がってきたモビルスーツは、ほんのちょっとの改修で宇宙での使用に問題が無い機種ばかり。私はこれを補給艦に渡さないつもりよ」
「でも、それは命令違反では?」
「ええ、額面どおりならね。でも、あなた方の乗ってきたHLVは打ち上げ時に損傷を受けていた。損傷が激しいモビルスーツは破棄したといえば、確認は難しいでしょうね」
リーザが笑みを浮かべる。
まあ、蛇の道は蛇。
補給艦側でもあえて問い詰めることも無いかもしれないわね。
『艦長、ブリッジへお願いします』
艦長室のスピーカーから声が流れる。
「艦長です。今行きます」
ローザはそう言うとワインのチューブをダストボックスへ入れる。
「補給艦とのランデブーまではまだ10時間以上もあるわ。それまではゆっくりしていて」
「ええ、そうさせていただくわ」
私はうなずくと、リーザとともに部屋を出た。
姫宮 翼
あ、そうですよね。栄養ゼリーの様な容器に入って飲食するんですよね。
今ではラーメンまで宇宙まで持っていけるのだからすごいですよね。
宇宙での戦いではボールも出てきて、連邦側はさらなる物量作戦で攻め立てますからローネフェルトさんの活躍に期待しています。
機体もどんな物が出てくるのかな。
3月20日 19:14

漆黒の戦乙女
身の振り方の話ですね
どうするのか…そういえば、アクトザクってとんでもないハイスペックの機体みたいですね
漫画版いわく、リミッター解除するとガンダム五号機(宇宙用にしてあってファーストに比べて推力四割増に追加パーツでさらに十四%増し)よりもすごい動きをすることができて(パイロットは試作の薬で反応速度等上昇させて対応してましたが、当然副作用でいっちゃってましたが)いるという化け物ぶり
ついでに言うと、統合整備計画の機体って部品が共通なため最後期型のザク改はゲルググと同じくらいの性能を持っていたとか
この計画を提唱したのはマ・クベらしいです…着眼は悪くないんだなぁあの人、やったことが微妙だったけど

にしても艦長と一緒♥って…w
3月20日 23:20

舞方雅人
>姫宮 翼様
ガンダムの世界ではチューブ系の飲み物が主流でしたね。
今ではスペースシャトルなどでは、ほとんど地上の食事と同じらしいです。
これからのジオンは圧される一方ですね。
ローネタンには頑張って欲しいものです。

>漆黒の戦乙女様
アクト・ザクは後に連邦軍も量産したらしいですからね。
かなりの高性能機だと思いますよ。
問題は耐久性でしょうか。
ベースがザクなので、ゲルググなどとは比べ物にならない耐久力の低さのようです。
一撃離脱が主戦法になりそうですね。
3月22日 22:53
  1. 2006/03/19(日) 22:13:16|
  2. ガンダムSS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔物 | ホーム | ネズミがぬくぬく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/404-9c4a55c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア