FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

アメリカ南北戦争概略その37

前年の1864年6月、グラントはリー率いる南軍とピータースバーグ近郊でにらみ合いの長期戦に入りました。
二倍以上の兵力を持つとはいえ、塹壕などの防御陣地に篭もる南軍を相手にするには、やはり少ないということをグラントは肌で感じていましたし、何よりリーをこのピータースバーグに追い詰めるにあたって、すでにグラントは七万以上の兵員を損失していました。
そのため、グラントといえども強攻策は取りづらかったのです。

一方リーの側も、大兵力を持って待ち構える北軍相手に攻撃に出ることはできません。
できるだけ兵力の損失を抑えつつ、北軍に出血を強要していかなくてはならないのです。
南軍の塹壕線はリッチモンドからピータースバーグまで伸び、約五十キロもの長さに及びました。
まるで第一次世界大戦が五十年早く始まったようなものだったのです。

リーはグラントの兵力をどうにかして減らさなければなりませんでした。
リッチモンドとピータースバーグを守るには、どこかで攻勢に出て、北軍兵力を引き付けるしかありません。
リーはデュバル・アーリーに託しました。

1862年にあのストーンウォールジャクソンが暴れまわった場所、シェナンドー峡谷。
そこに再び南軍は兵力を送り込みました。
約九千の兵を率いたアーリーは、北軍を翻弄するべくシェナンドー峡谷に入ります。
北軍のハンター少将は、約一万八千の兵力を持っていましたが、アーリーの軍勢を阻止するのに失敗。
ウエストバージニア州へ行ってしまいました。

途中増援を得て一万五千ほどに増えたアーリーの軍勢は、ウィンチェスターという町で二方向に別れます。
一隊はマーティンズバーグへ北上し、もう一隊はハーパーズフェリーへ向かいました。
ハーパーズフェリー近郊には北軍のジーゲル隊がいましたが、約五千と寡兵な上、ジーゲル本人にもあえて立ち向かうという考えがなかったのか、ジーゲル隊は後退します。

ハーパーズフェリーで北軍の物資を奪った南軍は、飢えを満たし、服や靴を手に入れてさらに進みます。
周辺地域から、放火や略奪に遭いたくなければ金を出せとして金品を巻き上げつつ、アーリーは再び軍勢を合流させてフレデリックという町に近づきました。

その頃にはこのアーリーの南軍の行動がワシントンを刺激して、グラントにアーリー討伐の指示が下っていました。
グラントはやむを得ず7月6日に五千の師団を、7月9日にはスミス少将の一個軍団をアーリー討伐のために差し向けます。
リーの思惑は見事に達成されたのでした。

フレデリックを略奪したアーリーの次の目標は、北部連邦の首都ワシントンでした。
わずか一万五千ほどの兵力とはいえ、北軍主力がピータースバーグの包囲についている今、ワシントンは手薄な状態でした。

ハンターもジーゲルもいない今、アーリーの軍勢を阻止しえる位置にいたのは、ルー・ウォレス少将の小さな軍勢だけでした。
総数はわずかに二千。
しかし、後に『ベン・ハー』を書くことになるウォレスは、勇敢にもアーリーに立ち向かいました。

モノカシー川沿岸に布陣したウォレスの下に、タイミングよくグラントの送った一個師団五千が到着し、ウォレスは七千の兵でアーリーを迎え撃ちます。
このモノカシー川の戦いは結果的には北軍の敗北で、約二千の損害を出してしまいます。
しかし、このおかげで、スミスの軍勢がワシントンの防備に付く時間が稼げました。

1864年7月11日、ついにアーリーはワシントン郊外に到達します。
首都を防衛するスティーブンス砦に対して攻撃を仕掛けてみたアーリーは、やはり首都の守りが硬く、彼の軍勢だけでは到底突破は不可能であると理解しました。
しかも、その間にもスミスの軍勢がワシントンに集結し、今にも攻撃に出てこようかという状態でした。

翌12日、スミスの軍勢に夜襲を受けて大幅に後退したアーリーは、撤退を決意します。
シェナンドー峡谷で暴れまくり、北軍を翻弄して一個軍団と一個師団をグラントの下から引き離したのです。
これ以上は無いと言っていいほどの大成功でした。

しかし、アーリーが引き付けた一個軍団ちょっとの戦力程度では、ピータースバーグの包囲網にはほとんど効果がありませんでした。
グラントはまったく動じませんでしたし、シャーマンの進軍にも影響は出ませんでした。

この後グラントはフィリップ・シェリダン少将に命じ、アーリーを完全に駆逐することにします。
9月19日、約四万八千もの軍勢を率いたシェリダンは、アーリーの軍勢とウィンチェスター近郊のオピーコン川で激突。
このオピーコン川の戦い(第三次ウィンチェスターの戦い)でアーリーは約四千の損害を受けて後退。
勝った北軍も約五千の損害でしたが、アーリーを駆逐することに成功しました。

アーリーの率いる南軍はその後も粘り強く北軍を相手にし続けましたが、冬を迎え、食料の蓄えの無い南軍はついに崩壊。
翌1865年3月3日。
ウェインズボロの戦いでシェリダンの攻撃にわずか千二百にまで減っていたアーリーの率いる南軍は壊滅します。
シェナンドー峡谷での南軍の行動も終わりました。

その38へ


PS
ガンダムSSもこちらのブログに移設中です。
FC2ブログの一日の最大投下記事数の関係で、今日中には無理ですが、明日あたりには全て移設できると思いますので、よければまたごらん下さいませ。
  1. 2007/05/28(月) 20:56:31|
  2. アメリカ南北戦争概略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんな兵器も | ホーム | 空母隼鷹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/396-89517998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア