FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

無人の野を行くが如し・・・でいいのかな?

昨晩はセンパー様とコマンドマガジン付録の「レニングラード包囲戦」のシナリオ1を対戦いたしました。

レニングラード包囲戦
先日手に入れたゲームですが、こうしてすぐ対戦できたのはありがたい限りです。

今回は攻撃側の独軍を私が、防御側のソ連軍をセンパーさんが担当しました。

ソ連軍はシナリオ開始時には前線にわずかな数の歩兵師団しかありません。
しかも、そのうちのいくつかは初期配置の時点で補給切れ状態。
これはルールを間違えているのかなとも思いましたが、鉄道線よりそのユニットの移動力以内が補給が通じる範囲ということなので、初期配置ラインに置くと必然的に鉄道線に届かないため、補給切れになるしかありません。

逆に独軍は強力な装甲師団が三つ、自動車化歩兵師団が三つあるので、開始時の戦力差は圧倒的です。
果たして、独軍は初期配置ラインのソ連軍を早々に蹴散らし、無人の野を行くがごとくの進撃でレニングラードに迫ります。
途中の要塞ラインも突破し、補給線を確保しつつレニングラードの前面へ。

しかし、ソ連軍は地から湧き出るがごとく次々と増援部隊がレニングラード市街地に現れます。
さらにはマップ外からも増援部隊がやってきます。
ここから先はレニングラード市街地ヘクスを一ヘクスずつ奪っていくか、完全に包囲してマップ外との連絡路を断つしかありません。

というところで、今回はここまで。
ドイツ軍としては時間との勝負勝利得点との勝負ということになりそうです。

それにしても序盤のソ連軍の戦線崩壊があっけなさ過ぎて、本当にこれでルール的にあっているのかなと心配に。
たぶん、間違ってはいないんでしょうし、ソ連軍側はレニングラードで粘るという形だと思うのですが、あまりの独軍の進撃ぶりに逆に不安になりました。

次回は包囲戦が開始される直前のシナリオ2をプレイする予定。
今度は防御側のソ連軍を担当します。
センパー様、次回もよろしくお願いします。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2015/08/02(日) 21:23:27|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大会初日の第一試合とは | ホーム | いまだ鎮火せず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/3896-2a74e6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア