fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今日はホーリードールの10話目です。

相変わらずちょっとずつですが、楽しんでいただければ幸いです。

10、
「あ・・・ああ・・・」
沁み込んでくる闇。
怖い怖い怖い・・・
自分が自分でなくなっていく恐怖。
沁み込んでくる闇は彼女の心も躰も作り変えて行く。
いやよいやよいやよ・・・
助けて助けて助けて・・・
「あぐぐぅ・・・」
ビキビキと躰が音を立てて行く。
その苦痛は凄まじい。
「ぐぎぃぃぃぃ・・・」
あまりの苦痛に悲鳴を上げてしまう。
普通ならその声を聞けば誰かがそばへ来そうなものだったが、今ここには誰も来ない。
いるのはただ一人。
彼女のその苦痛を与えた本人だ。
「ああ・・・あああ・・・」
「ふふふ・・・」
邪気の無い笑顔。
漆黒と言っていい髪の毛にまがまがしいカチューシャを嵌め、同じく漆黒のレオタードを着た少女。
その笑みは目の前で苦痛に苛まれているものに向けられたものだ。
「どう? 気持ちいいでしょ? やがてはその苦痛があなたを生まれ変わらせてくれるのよ」
「あががが・・・」
宙を仰ぎ目を見開いている女性警官。
その苦痛のため躰はピンとしなり、口は開かれたままとなる。
誰も通らない夜の通りで、それは異様な光景だった。

闇が心に沁み込んで行く。
それは彼女の心の傷と合流する。
あれはいつのことだったろうか・・・
大きな犬がにらんでいる。
今ならわかる。
あれはドーベルマン。
凶暴な大犬だ。
私はただ震えている。
逃げたくても逃げられない。
お父さんもお母さんも近くにはいない。
誰も助けてはくれない。
犬は私をにらんでいる。
牙をむき出しにして涎を垂らしている。
食べられる。
私は食べられる・・・
怖い怖い怖い・・・
助けて助けて助けて・・・
でも・・・
誰も助けてはくれなかった・・・
私はあの犬に食べられたんだ・・・
今でも残る右腕の傷・・・
泣いていた私のところへ誰かが来て犬を引き離してくれた・・・
それからどうなったのか私は知らない。
でも、私は食べられた。
私は食べられた・・・
もう食べられるのはいやだ・・・
食べられるなんて絶対にいやだ。
食べられるぐらいなら食べてやる・・・
食べてやる・・・
食べて・・・やる・・・
タベテ・・・ヤル・・・

指先の爪が伸びていく。
鼻が前方に突き出し、口元が引き裂けていく。
筋肉が膨らみ、表皮には毛が生えてくる。
ストッキングも制服も引き裂き、肉体をあらわにしていく女性警官。
その柔らかなラインがしなやかさの中にも強靭さを兼ね備えていく。
「ググ・・・グルルルル・・・」
人間とは思えないうなり声が上がる。
人間にはありえない尻尾をぴんと立てて四つん這いになる女性警官。
「うふふふ・・・あなたの闇は犬なんだ・・・あははは」
高らかに笑うレディベータ。
「グルルル・・・食ラウ・・・食ラウ・・・」
犬のビーストと化した女性警官は飢えを満たすべく獲物を探す。
「ふふ・・・そうよ。全て食べちゃいなさい!」
「アオ~~~ン」
レディベータの命に高らかに雄たけびを上げて走り出すビースト。
その先に待つものが殺戮であることにレディベータは満足を覚えていた。

食事を終えて自室で宿題を解いている明日美。
その胸に赤い石の嵌まったペンダントが輝いている。
それは不思議なペンダントで、どこで手に入れたのかまったく思い出せない上に、いつから提げているのかも思い出すことができなかった。
「先ほどお母様にお訊きした時も、見覚えが無いって言っていらしたわ。いつの間に私はこれを提げていたのでしょう・・・」
宿題を解く手を休め、ペンダントを手に取る明日美。
それを見ていると奇妙な感情がよぎる。
不気味なものを見るときのような恐れとも思える感情と、大切なものを手に取ったときの何となくせつないような暖かい感情が混じるのだ。
「紗希ちゃんも提げていましたわ。お揃いで手に入れたということはどこかへ一緒に出かけたときのことだと思うのですが・・・」
だとしたらきっとわいわい言いながら選んだに決まっているのだ・・・
そんな楽しい思い出ならば忘れているはずが無い・・・
忘れてしまうなんてそれこそ紗希ちゃんに失礼だ・・・
「それにしても不思議ですわ・・・」
楽しく二人で選んだ物のはずなのに、この見ていると背筋が凍るような気持ちはどうしてなのか・・・
「まるで・・・」
まるで何か持っていてはいけない物のよう・・・
「えっ?」
突然ペンダントが光り始める。
いけない!
明日美はとっさにそう思う。
このペンダントが輝く時、よくないことが起こる・・・
だが、明日美の目はその輝きから目をそらすことはできなかった。

「はあ・・・満足ぅ」
美味しいオムレツを食べ終えて、紗希は自室のベットに寝転んだ。
満腹の紗希は幸せこの上ない笑顔を見せている。
だが・・・
「はう~・・・そういえば宿題があったんだぁ」
天国から地獄へ突き落とされたような悲しげな声。
上半身を起こして机に向かおうとした紗希の胸でペンダントが揺れる。
「あ・・・」
思わずペンダントを手に取る紗希。
青い石が嵌まっているペンダント。
明日美ちゃんとお揃いのペンダント。
それは二人の友情の証。
いつ買ったのか、それとも明日美ちゃんからお誕生日にもらった物だったろうか・・・
忘れちゃって思い出せないけど、大事なのは明日美ちゃんとお揃いであるということ。
このペンダントがある限り、明日美ちゃんはそばにいてくれる。
無くしたら大変。
紗希はすでに着替えたパジャマの内側にペンダントを入れようとした。
「えっ?」
ペンダントは突然光り始める。
「な、何々?」
青い冷たい光が部屋中に広がった。
「あ、ああ・・・だめぇっ!」
紗希は言い知れない恐怖を感じていた。

「ああ・・・あああ・・・」
ぺたんと床に座り込む若い女性。
ちょっとした買い物から帰ってきた時、その異変に遭遇したのだ。
くちゃくちゃと何かを咀嚼する音。
ぽたぽたと滴り落ちる赤い液体。
それが何であるか彼女は知らない。
いや、知りたくはない。
彼女の疑問は、なぜこんな所に巨大な獣がいるのだろうかということと、何を食べているのだろうということ、それと先ほどまでテレビを見ていた夫とベビーベッドで寝ていた赤ちゃんがなぜいなくなっているのかということだけだった。
室内は赤かった。
どうしてか知らないが赤く塗られていた。
ペンキをぶちまけたようにところどころだけ赤い室内。
誰がこんなことをしたのだろう・・・
夫が帰ってきたら怒られちゃうわ・・・
きっとこんなに赤かったら、いくら赤ちゃんって言っても気持ち悪がるだろうな・・・
綺麗な赤じゃないんだもの・・・
何かどす黒いような・・・
ぎろりと獣の目が彼女をにらむ。
「あは・・・」
へたり込んだ彼女の足元から湯気が上がる。
ヒュッと風が動き、室内に新たな赤い色が撒き散らかされた。

姫宮 翼
昔、犬に噛まれたのですか。この婦人警官は。
私も戌年の癖に犬嫌いです(笑
トラウマから人間を変化させるとは面白いですね。
過去に犬に襲われて、その部分を闇にして犬のビーストになるってワーウルフっぽくて中々奥深いです。
そして、この後は民間人お構い無しの正義の味方が登場ですね。
悪堕ち対洗脳の戦いは見ていて面白いです。
4月5日 21:23

舞方雅人
>姫宮 翼様
面白いと言っていただけるとはまったくもって光栄ですー。
犬のビースト=ドーベルビーストと化してしまった彼女にはもう人間は獲物に過ぎないんですよねー。
この後はおっしゃるとおり見境無しの光の使者の登場となりますです。
4月6日 22:18

石化獣らむ
舞方さんお初です。いつも楽しく読ませて頂いています。
私も小説とか書いてみたいのですけど中々良い具合のが出来なくて(^▽^;)
犬は嫌いじゃないですけど苦手ですね、小さい頃のトラウマが今でも少し残っているようで、
近くで吠えられると(o;TωT)o" ビクッ!って反応しちゃいますのん。
犬のおまわりさんってところですか、婦人警官なだけに。
私も一応こっち方面の人ですので今後ともよろしゅーです、と言ってみるテスツ。
4月8日 1:55

舞方雅人
>石化獣らむ様
初めまして。こちらこそよろしくお願いいたします。
拙いSSですが、読んでいただけているんなんて光栄です。

SS(ショートストーリー)は気軽にまず書き始めることが大事だと思いますよ。
最初は人に見せることなど意識しないで、とにかく思いつくまま書くんです。
好きなシーンだけを書くってのもいいと思いますよ。
好きなシーンは思い入れがありますからね。
書いたものを読み返して、気になる部分や物足りなく感じる部分が出てくるはずです。
そこを直して行くようにするといいと思いますよ。
誰に読ませるんでも無い、自分が楽しむんだと思って書くのが一番です。
私もいまだにそう思って書いています。
なんと言っても書くのは楽しいですからね。
石化獣らむ様も書くのをまずは楽しまれてはいかがでしょう。
4月8日 2:32
  1. 2006/04/04(火) 19:44:27|
  2. ホーリードール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妄想しちゃいました | ホーム | 朝のひと時>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/366-ad51ca8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア