fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今度は結構やられたよ

昨晩もいつものごとくGoma様とVASLでASL-SKの対戦を行いました。
このところ対戦しておりましたのは、シナリオS56「IN PURSUIT OF THE FRENCH」の入れ替え戦です。
前回は私がフランス軍を担当でしたが、今度は攻撃側のドイツ軍を担当しました。
aslsk3-lid-web.jpg

序盤、Goma様率いるフランス軍は、足止め部隊もそこそこに一目散に離脱して行きます。
最初に距離を稼ぎ、離脱しやすくしようとしたのだと思います。
そのため、独軍は一部の戦車しかフランス軍を追えず、とにかく追いすがるしかありません。

また、前回の対戦では仏軍戦車はドイツ戦車の装甲をなかなか撃ちぬけませんでしたが、今回は破壊ナンバーと同数の「衝撃」の結果が多く出ました。
「衝撃」は回復する可能性もあるのですが、今回はなんと三輌も衝撃を受けた戦車が発生し、しかもうち二輌が「衝撃」から回復できずに「撃破」となってしまいます。
逆に独軍戦車の砲撃は仏軍戦車の装甲を撃ちぬけず、前回とは真逆の「弾は当たっているのに撃ち抜けない! 仏軍戦車はバケモノか?」という状況に。

しかし、このシナリオは仏軍の盤外脱出した点数で決まります。
仏軍戦車がたとえすべて無事に脱出できたとしても点数は足りません。
逆にいえば、歩兵を足止めしてしまえば、ドイツ軍の勝ちなのです。
そのため、独軍は仏軍歩兵を重点的に狙うことにし、仏軍歩兵を混乱に追い込んで行きます。

中盤から終盤にかけてこの戦術が功を奏し、仏軍歩兵はじわじわと削れていきました。
そして何とか脱出得点を確保できないほどに削ることができ、独軍の勝利となりました。

いやぁ、危ないところでした。
序盤に一目散に走られたときにはやばいと思いました。
とはいえ、それでも仏軍は勝てなかったので、バランス的にはやや独軍有利なシナリオかもしれませんね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/11/30(日) 21:14:35|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<健さんに続いて・・・ | ホーム | ピンゾロ振れば赤くなる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/3651-4753e027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア