FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

一つの戦後が終焉

今日のニュースで、元日本軍兵士(陸軍少尉)の小野田寛郎(おのだ ひろお)氏の死去が報じられました。
享年91歳とのことでした。

小野田氏は、第二次世界大戦中日本陸軍の少尉として戦地であるフィリピンに派遣され、そこで上司から遊撃戦(いわゆるゲリラ戦)を命じられてルバング島に赴任します。
ルバング島はミンドロ島の北にある小島で、小野田氏はそこで部下というか残った兵士三人とともに終戦後も潜伏活動を続けました。

そして終戦から29年が経った1974年(昭和49年)、小野田氏はようやく日本に帰国します。
この時の報道は私も子供ながらに印象深かったのを覚えております。
まだ戦争をやっていた人が居たんだというのは、先に横井庄一氏の件があったのでその時ほどではありませんでしたが、やはり大きな衝撃だった気がします。

小野田氏は士官だった(しかも情報士官)こともあり、戦後の日本の状況もある程度は存じていたらしいですね。
しかし、それは敵の謀略および傀儡政権のやっていることであり、だまされてはいけないと思っていたといいます。
それゆえに30年間も戦い続けることができたのかもしれません。

そのことは逆に戦後の日本をなかなか受け入れられず、結局ブラジルで暮らすことになったのと無関係ではないような気もします。

小野田氏がお亡くなりになったことで、また一つ戦後が終わったような気がします。
ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2014/01/17(金) 21:02:20|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一度だけ銭形警部を・・・ | ホーム | 最初は戸惑うかも>>

コメント

記者会見の時の、軍人的な態度の小野田氏と報道陣の間の雰囲気のギャップがなんとなく印象に残ってますね。

ご冥福をお祈りします。
  1. 2014/01/18(土) 21:07:22 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>富士男様
ああー、やはり時間的な差異は大きかったんでしょうねぇ。
  1. 2014/01/18(土) 21:10:55 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/3334-542105f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア