FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

537号が来た

タミヤニュースの今月号(537号)が到着いたしました。

tamiyanews537.jpg
表紙はこちら。
今月は米第82空挺師団の記章(上)と同師団の第504歩兵大隊の記章(下)とのこと。

今月号でまず目に付くのは、昨年の6月にボービントン戦車博物館で行なわれたタンクフェスティバルの模様。
レストアされて元気に走り回る独軍ティーガーⅠやレプリカの英軍マークⅣなどもさることながら、テーマが冷戦時代とのことで、米軍M60戦車やソ連のT-55に扮した中国製59式担克(59式戦車)、西ドイツのレオパルトⅠなどが模擬戦を繰り広げたようです。
こういう戦車たちを使って映画撮影とかできないものなんでしょうかね?

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はイタリア軍個人装備の6回目。
今回は1943年の休戦後に成立したイタリア社会共和国(RSI)の軍装でした。
枢軸軍の一員として休戦後もドイツと一緒に戦っただけに、その軍装もドイツ軍らしいものとなり、中にはほとんどドイツ軍と見間違えるほど似通ったものもあったようです。

巻中の情景写真は1/48のコマツブルドーザとくろがね四起を使った情景。
日本軍らしく士官は軍刀をもっておりますが、考えてみれば第二次大戦で刀持って戦っている軍隊というのも珍しいような・・・

42回目となった人形改造コンテストの作品紹介と入賞者のコメント紹介もありました。
いつも思うことですが、あの小さな1/35の人形からよくこういった改造ができるなぁと感心しきり。
すごいですよねぇ。

今月も楽しく拝見させていただきました。
来月も楽しみですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/01/15(水) 21:02:07|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最初は戸惑うかも | ホーム | びっくり!>>

コメント

>第二次大戦で刀持って戦っている軍隊というのも珍しいような・・・

戊申戦争や西南戦争で士族を否定して民衆の軍隊になったはずの日本陸軍なのに士官たちが士族気取りというのは矛盾ですよね。
  1. 2014/01/16(木) 19:55:16 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>富士男様
欧州の軍隊でも指揮官が指揮刀を持っていたかも知れませんが、少なくとも20世紀ではあんまりそういう指揮刀を振るうなんてことは無かったと思いますよね。
そういう意味でも旧態依然としていたのかもしれないですね。
  1. 2014/01/16(木) 20:33:22 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/3332-a2715e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア