FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

勝てると思ったのよ・・・orz

先週、昨日とマッハ様とVSQLで「Squad Leader」の対戦を行いました。

対戦したのはシナリオ1の「新鋭赤軍の反撃」
三回目になりますが、マッハ様のご希望ということで対戦させていただきました。

陣営は攻撃側のソ連軍をマッハ様が、防御側の独軍を私が担当しました。

初期配置
こちらが両軍の初期配置。
このシナリオは両軍ともにそれほど配置でバリエーションがあるわけではありません。

2ターン目開始時
1ターン終了時ではそれほど動きはありません。
ただ、ソ連軍の射撃で真ん中の建物(K4の建物)の独軍分隊がほとんど混乱してしまい、ソ連軍の新鋭赤軍分隊(628)が道路を渡るのを防げなくなってしまいます。

2ターン表終了時
この好機にソ連軍は10-2指揮官とともに628分隊が一気にF6に建物に突入して来ました。
それに対し独軍は防御射撃で応戦。
この射撃でなんとソ連軍は10-2指揮官が士気チェックでピンゾロを出して凶暴化してしまいます。

ソ連軍はF6の建物を制圧しましたが、凶暴化した10-2指揮官が一個分隊をつれてI7の独軍に向かって飛び出してしまいました。
これに対し独軍の射撃が炸裂。
ソ連軍の最重要の10-2指揮官は除去されてしまいました。

この時点で舞方はほぼこのシナリオは勝ったなと思いました。
ソ連軍は指揮官が少なく、しかも攻撃の要である10-2指揮官がいなくては攻撃が頓挫すると思ったのです。

4ターン目開始時
ところがソ連軍はその後もじわじわと押し迫ってきます。
こちらからの射撃もなかなかいい目が出ず、ソ連軍分隊を裏返すまでに至りません。
そうこうしているうちに独軍9-2指揮官の率いる部隊は6ゾロを出して機関銃が二挺故障に。

ゲーム終了時
最後はソ連軍の勢いに独軍が飲み込まれてしまいました。
I7の建物を失ったことで、ソ連軍は勝利条件を達成。
最後に笑ったのはソ連軍でした。

最後までどっちに転ぶかわからない対戦でした。
Squad Leaderの面白さはこの予測のつかなさだと思います。
一回のピンゾロががらっと局面を変えてしまうこともしばしば。

私はこのシナリオをおそらく30回以上はやっていると思いますが、いつやっても面白いです。
Squad Leaderは傑作の名に恥じないゲームだと思います。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2013/07/15(月) 21:10:05|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3000日まであとわずか | ホーム | 驚き!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/3148-9e70778a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア