FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

アメリカ南北戦争概略その19

「チャンセラーズヴィルの戦い」で自らの右腕とも頼んだジャクソンを失ったことで、東部の南軍は再編成を迫られました。

別働隊として派遣されていたために、「チャンセラーズヴィルの戦い」に何の貢献もできなかったロングストリート麾下の部隊が合流したことで、リーの手元には七万という軍勢が集まりました。
彼はそれを再編し、三つの軍団に編成します。
第一軍団はロングストリート。
第二軍団にはリチャード・エーウェル。
第三軍団にA・P・ヒルという布陣で、それに騎兵隊を指揮するジェームズ・スチュワートが加わり、これが現状で望みうる最高の体勢と言ってよかったでしょう。
リーはこの軍勢をもって再度のメリーランド侵攻を企てます。

一方その頃西部方面では、大きな動きが起こり始めていました。
「ヴィックスバーグ攻防戦」です。

「ストーンズ川の戦い」で北軍ローズクランズが、南軍ブラッグとにらみ合っていた頃、さらに西部のミシシッピ川において北軍ユリシーズ・グラントがミシシッピ川の完全制圧を達成するために動き出したのです。

すでに前年の1862年6月、「シャイローの戦い」の後すぐにグラントはミシシッピ川中部の要衝メンフィスを陥落させ、そこからさらに下流域の要塞都市ヴィックスバーグをうかがっておりました。

南部諸州同盟大統領ジェファーソン・デイビスは、この方面の指揮をジョン・クリフォード・ペンバートンという北部ペンシルヴァニア出身の将軍に任せることにし、以後、ペンバートンとグラントの戦いが始まります。

グラントは北軍テネシー軍司令官として約七万の軍勢を持っておりましたが、彼は部隊を親友ウィリアム・テカムセ・シャーマンと二分して、シャーマンが三万、自身は四万の軍勢を率いてヴィックスバーグに向かいます。
一方のペンバートンには二万数千の軍勢しかありませんでしたが、前任司令官のアール・ヴァン・ドーンと、勇猛なネイサン・ベドフォード・フォレストの両名の率いる二個の騎兵部隊が、グラントの後方補給線を寸断。
グラントはやむなく後退することになります。

明けて1863年、グラントは麾下の軍勢をシャーマン、ジョン・マクラーナンド、ジェームス・マクファーソンの三名の部下に三分し、再度ヴィックスバーグ攻略にかかります。

しかも、今回は陸軍兵力ばかりではなく、ディビット・ディクソン・ポーター提督率いる河川砲艦隊も協力することになります。
かつて、水の上の軍艦は、陸上要塞の固定された大型砲との撃ち合いは非常に不利なものでした。
木造の船体は砲弾に容易に穴を開けられてしまい、軍艦側の砲弾が石やレンガなどで作られた要塞外壁を崩すよりも前に沈められかねないからです。
しかし、概略その7の「ハンプトンローズの戦い」でも明らかになったように、装甲を施した軍艦は砲撃に充分耐えることができます。
将来は砲弾が再び装甲を貫くことが起こるでしょうが、この時点では装甲艦は要塞との撃ち合いに耐えられるのです。

グラントはその強みを生かすために、ポーター提督の河川砲艦隊にヴィックスバーグの砲撃をお願いします。
ポーター提督は旗艦ベントン以下の河川砲艦隊を率いてヴィックスバーグを砲撃。
1863年4月16日のことでした。
ヴィックスバーグ守備隊の砲撃を弾き返しながら、北軍艦隊はさらに南軍河川輸送船団を攻撃、ミシシッピ川を使っていたヴィックスバーグへの補給がここで閉ざされます。

さらにグラントは河川装甲艦隊を使って各軍勢をヴィックスバーグ下流域に輸送。
そこからミシシッピ川東岸を北上してヴィックスバーグ東側のジャクソンという町を奪取。
西をミシシッピ川のポーター率いる北軍河川艦隊。
東をグラント率いる北軍陸上部隊に抑えられ、ペンバートンは窮地に陥ります。

何とか包囲されることを避けようとしたペンバートンでしたが、5月16日のチャンピオンズ・ヒル、翌日のビックブラック川の戦いでグラントに押し返され、ついにヴィックスバーグに篭城となります。

グラントは余勢を駆ってヴィックスバーグに5月19日と22日に強襲を仕掛けますが、これはさすがに撃退されます。
以後、ヴィックスバーグは長期にわたる包囲戦となりました。
南軍は何とかしてヴィックスバーグの包囲を解かなくてはなりません。
ジェファーソン・デイビスはリーに対し、部隊をヴィックスバーグ救援に派遣するよう命じます。
しかし、リーはそれを拒否します。
リーには別の考えがあったのです。

その20へ
  1. 2007/04/02(月) 20:29:45|
  2. アメリカ南北戦争概略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<終わりました | ホーム | ぐぬぅ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/308-8b9d6b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア