fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

戦闘新体操部員

私がいつもお世話になっておりますg-thanさんのサイト「Kiss in the dark」様に、このほど拙作が掲載いただきました。

タイトルは「戦闘新体操部員」です。

もともとは「Kiss in the dark」様の12年8月18日の記事に触発されて書いたSSでしたが、今回g-than様のご好意でイラスト付きで公開していただくこととなりました。

そしてその上で、当ブログでも公開してよいとのことでしたので、当ブログでもSSを公開させていただこうと思います。
お楽しみいただけましたら幸いです。



戦闘新体操部員

「ふう・・・これで明後日の大会の準備はほぼ終わったわね」
テーブルの上に新品のレオタードを並べ、ホッと一息をつく菜緒子(なおこ)。
明後日の大会では、みんなにこの新品のレオタードを着て演技をしてもらおう。
きっと喜んでくれるに違いない。
学校側にかけあって予算を認めてもらったのだ。
新体操部の部員たちにはナイショにしていたが、まさかいやだとは言わないだろう。

紺地に白で脇と袖の部分が抜かれている模様で、首のところがVネックになっている。
きっとみんなに似合うはず。
明後日の大会が待ち遠しい。
明日みんなに手渡して喜んでもらうのだ。
そう思うとつい心がうきうきしてしまう。

新体操部の顧問になって半年。
まさか顧問になるなんて思ってもいなかったけど、10年前は自分も体操をやっていたもの。
体操と新体操の違いはあるものの、顧問としてできる限りのことをやってきたつもりだった。
そして明後日はいよいよ地区大会。
ここで勝ち抜けば全国大会に出場できる。
そこで勝ち上がるのは難しいかもしれないけど、実力をいつもどおりに発揮できれば全国大会に出るのはそう難しくはないだろう。
それだけ今年の新体操部はレベルが高かった。

「いけない。もうこんな時間だわ。早く帰らなくちゃ・・・」
壁にかかっている時計の針はすでに夜10時に近かった。
顧問として部活動を見て、それから教師としての雑務を行なうと夜もすっかり遅くなる。
急いで帰ってまた明日に備えねば。
菜緒子はそう思って部室を後にした。

                   ******

「うふふふ・・・今日はあなたたちにいいものを用意したわ」
翌日、新体操部の部室に集合した女生徒たちを前に薄笑みを浮かべて立っている菜緒子。
その雰囲気がいつもとちょっと違うことに生徒たちは顔を見合わせる。

「先生、いいものってなんですか?」
新体操部の部長である恵美香(えみか)が代表して菜緒子に尋ねた。
今日ここに呼び出されたのは明日の大会に出場するメンバーだ。
新体操部の中でも技術的に上位の五名である。
恵美香もその中に選ばれていたのだ。

「これよ」
菜緒子が脇に置いてあった紙袋からレオタードを取り出す。
紺地に両脇と両袖が黒く染められたレオタードだ。
一見したところ昨日用意していたレオタードのようだが、両脇両袖が黒くなっている。

「新しいレオタードですか?」
「うわぁ」
菜緒子が取り出したレオタードに目を輝かせる女生徒たち。
「ええ、これからのあなたたちにふさわしい衣装よ。ほかにも入っているから各自で確認しなさい」
菜緒子が指し示す先には五人分の紙袋が置いてある。
それぞれに名前がつけられていて一目瞭然だが、名前の下には01から05までのナンバーも振られていた。

五人の女生徒たちはすぐに自分の名前の付いた紙袋を手にすると、テーブルの上に中身を広げていく。
「えっ?」
「なにこれ?」
「ええっ?」
中身を確認する女生徒たちが口々に驚きの声を上げる。
紙袋の中にはレオタード以外にも、黒のパンティストッキングやら黒の編み上げブーツ、さらには赤いサッシュや黒手袋まで入っていたのだ。
「先生これは?」
「これはいったい?」
女生徒たちは次々と菜緒子のほうに振り返る。
そして菜緒子が腕を組み、不気味な笑みを浮かべていることに気がついてぞっとした。

「うふふふふ・・・それが今日からあなたたちが身につける衣装よ」
「そんな・・・」
「こんなの着て演技なんてできません!」
「そうですよ」
「先生、どうしちゃったんですか?」
口々に状況のおかしさを訴える女生徒たち。
「うふふふふ・・・うるさいわねぇ。あなたたちは選ばれたのよ。わが偉大なるザムーの戦闘新体操部員にね」
腕組みをしながら女生徒たちの文句を一笑に付す菜緒子。
先日まで彼女たちを指導してきた女性教師の面影はまったくない。

「選ばれた?」
「戦闘・・・新体操部員?」
「先生、何を言っているんですか?」
あまりのことに顔を見合わせる女生徒たち。
だが、その彼女たちの目の前で、菜緒子がおぞましい姿へと変貌する。
「ええっ?」
「きゃぁーっ!」
悲鳴を上げる女生徒たち。
彼女たちの目の前で、先ほどまで人間だった菜緒子はみるみるうちに上半身がぶよぶよしたクラゲ、下半身が女性のままのラインをした異形の存在に変わっていったのだ。
「クラクラクラァーー! オホホホホ・・・私はザムーの女怪人クラゲザムー。夕べ学校から帰る途中で偉大なるザムーによって改造されたのよ。もう私は人間なんかじゃないの。そして今日からお前たちは私の忠実な手駒に生まれ変わるのよ。クラクラクラァーー!」
不気味な泣き声をあげて触手状になった両手を振り上げるクラゲザムー。
それはまさに女性とクラゲが融合した不気味な生き物だった。

「きゃぁーっ!」
「いやぁーーっ!」
悲鳴を上げ逃げ出そうとする女生徒たち。
だが、紙袋を取りに来たせいで彼女たちの位置は部屋の奥側になってしまっており、逃げ出すにはクラゲザムーをすり抜けて背後にあるドアに行かなくてはならない。
「いやぁ・・・」
「助けてぇ!!」
自然と五人は固まって部屋の隅に追い込まれるような形になる。
それを見て悠然と構えているクラゲザムー。
「クラクラクラァーー! 恐れることはないわ。お前たちは選ばれたのよ。さあ、私のほうを見なさい。クラクラクラァーー!!」
クラゲザムーがそういうと、彼女の躰がちかちかと明滅し始める。
最初は何をされるのかと恐れていた女生徒たちだったが、やがてその明滅から目が離せなくなっていく。
「クラクラクラァーー! いい娘たちねぇ。さあ、そのままこのクラゲザムーの催眠波に支配されるのよ。クラクラクラァーー!!」
躰を震わせて催眠波を送り出すクラゲザムー。
やがて女生徒たちの目がうつろになり、躰から力が抜けていく。
「クラクラクラァーー! オホホホホ、それでいいのよ。もうお前たちは私の言いなり。さあ、その衣装を身につけなさい」
「「「「「ハイ・・・クラゲザムー様・・・」」」」」
女生徒たちは無表情でこくりとうなずいた。

                    ******

「「「「「ザムー!!」」」」」
一列に整列し、一斉に右手を斜め上に上げて服従の声を上げる女生徒たち。
先ほどまで着ていたセーラー服は脱ぎ捨てられ、全員が与えられた新品のレオタードを身にまとっている。
もちろん脚には黒ストッキングを穿き、編み上げブーツを履いている。
腰には赤いサッシュを巻き、手には黒手袋を嵌めていた。
「クラクラクラァーー! オホホホホ、みんなとてもよく似合っているわ。今日よりお前たちは偉大なるザムーの戦闘新体操部員。新体操の技を駆使してザムーのために働くのよ。いいわね」
クラゲザムーが触手を口元に当てて高笑いをする。
「「「「「はい、クラゲザムー様。私たちは偉大なるザムーの戦闘新体操部員。どうぞ何なりとご命令くださいませ。ザムー!!」」」」」
クラゲザムーに対し一糸乱れぬ姿勢で、忠誠の言葉を口にする少女たち。
その顔には平板でいながら邪悪な薄笑みが浮かんでいる。
衣装を身につけたあとで首と額に付けられた洗脳システムが働き、彼女たちの思考を作り変えてしまったのだ。
もはや彼女たちは普通の女子高生ではなく、身も心もザムーの戦闘新体操部員へと生まれ変わってしまっていた。

「クラクラクラァーー! 早速お前たちには働いてもらうとするわ。私についていらっしゃい」
「「「「「はい、クラゲザムー様」」」」」
クラゲザムーが触手を一振りすると、室内に暗闇が広がっていき彼女たちを覆っていく。
やがて闇が晴れていくと、そこには誰もいなくなっていた。

                     ******

「うわぁー!」
警備員の頭部に重量感のあるクラブが振り下ろされる。
また、ある警備員には縁が刃のように鋭いフープが襲い掛かってのどをかき切っていく。
リボンが警備員の躰を拘束し、ロープがそののどを締め上げる。
高速で投げつけられたボールが、警備員を跳ね飛ばす。
3ad41fbf.jpg
「うふふふふ・・・」
「うふふふふ・・・」
床に倒れた警備員たちを前にして、女たちは冷たい笑みを浮かべていた。
「クラゲザムー様、こちらは戦闘新体操部員01号。警備員どもの始末は終わりました」
『クラクラクラァーー! よくやったわ。あとは金庫の中の物をすべて根こそぎ奪ってくるのよ。いいわね』
首に付けられた首輪からクラゲザムーの声が流れてくる。
「ザムー! かしこまりました、クラゲザムー様」
右手を斜め上に上げて敬礼する戦闘新体操部員たち。
その目にはアイシャドウが引かれ、頬の脇にも赤くメイクがなされていた。

彼女たちは無言で顔を見合わせてうなずきあうと、そのまま奥の金庫室へと向かっていく。
悪の組織ザムーの優秀な女戦闘員たちの誕生だった。

END
  1. 2012/10/23(火) 21:13:42|
  2. 怪人化・機械化系SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<薔薇戦争(7) | ホーム | 巨人が来た!>>

コメント

g-than様のところに感想を書いたのですが、
SSの感想の補足、こちらに記載します。

主役は少女たちということで、
(武器を駆使して存分に活躍してますね!)
先生の改造シーンはあえて省略という方針だと思いましたが、
あえて伏せることにより、あれやこれやと
妄想をふくらませる趣向とも受け取りました。
こういうのも興奮できますね。

いいものを読ませて頂きまして改めてありがとうございます。

  1. 2012/10/31(水) 12:51:12 |
  2. URL |
  3. maledict #gR92Clc.
  4. [ 編集]

>>maledict様
お久しぶりですー。
今回はおっしゃるとおり先生の改造シーンはあえてはずしました。
もとがレオタ少女のイラストでしたので。
楽しんでいただけてよかったです。
  1. 2012/10/31(水) 20:27:12 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2882-7291c53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア