FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

ヤークトパンターと言えども・・・

昨晩でいつも恒例のGoma様とのVASLによるASL-SK対戦、シナリオS50「N-463」の入れ替え戦が終了しました。

SKエキスパンション

このシナリオは、1944年11月にドイツ軍が自由フランス軍に対して行なった反撃を表したもので、独軍は降下猟兵10個分隊とヤークトパンターが二輌、対する自由フランス軍はエリート分隊が8個にM4長砲身が三輌と105ミリ砲タイプが一輌、それに57ミリ対戦車砲が一門あります。

ドイツ軍はゲーム終了時に盤を横切る道路のどこか一ヘクスに21火力を向けることができれば勝利、それを阻止すれば自由フランス軍の勝利となります。
ヤークトパンターの主砲は88ミリ砲なので、HE弾が使えるならばそれだけで16火力となるので、とにかく独軍としてはヤークトパンターが生き残ってもらえればかなり有利となりますが、ヤークトパンターは対戦車駆逐戦車なのでHE弾はあまり積んでおらず、HE弾を使うたびにサイの目7以上で弾切れになってしまいます。
HE弾なしの88ミリ砲ではわずか2火力にしかならないので、ヤークトパンターはHE弾をあまり使うわけにはいきません。

前回対戦時には私が独軍を担当しましたが、森を突破しようとしたヤークトパンターが足回りを取られて走行不能に陥り、もう一輌は隠れていた対戦車砲に後ろから打たれて撃破されてしまい、勝利を得ることはできませんでした。

今回は入れ替え戦。
私が自由フランス軍を担当し、Goma様が独軍を担当いたしました。

S50.jpg

自由フランス軍は幸先よく隠れていた対戦車砲でヤークトパンターの側面を撃ち抜いて撃破します。
正面装甲は硬いヤークトパンターですが、側面装甲は弱く、57ミリ砲でも撃ち抜けてしまいます。

一輌を早々に失った独軍ですが、その後はじわじわと攻めてきました。
しかし、こちらの射撃のダイス目にも助けられ、独軍降下猟兵は次々と損耗。
結局二輌目のヤークトパンターも後ろからバズーカで撃ち抜かれ、歩兵も数を失って勝利条件を満たすことはできなくなりました。

今回は私の勝利となりましたが、と言うことは二回とも自由フランス軍が勝利したと言うことになります。
このシナリオは待ち受ける自由フランス軍に独軍が突入していく形なので、独軍はかなり厳しい感じです。
独軍が勝利を得るにはかなりの幸運が必要かもしれませんね。

それではまた。
  1. 2012/08/26(日) 21:19:31|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一人の人間にとっては小さな一歩だが | ホーム | 艦名は「5月25日」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2824-2729cae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア