FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

死球は恐ろしい

昨日のプロ野球「広島カープ対DeNAベイスターズ」におきまして、九回広島の会澤選手が頭部死球で病院搬送となる事故が起こったそうです。

私はネットのヤフー速報で知ったのですが、そこでのコメントでは会澤選手は動けない状況で、担架ではなく直接グラウンド内に救急車が入ってきたとのことでした。
のちに「報道ステーション」で映像を拝見いたしましたが、会澤選手も打ちに行っていたことで避け切れなかったようです。

その後のニュース等で、会澤選手は鼻骨骨折というお怪我を負われたものの、幸いにも大事には至らず入院もしないで宿舎に戻られたとのこと。
心配しておりましたがホッと一安心といったところでしょうか。
ただ、広島に戻って再検査とのことですので、頭部なだけに再検査でも問題ないことをお祈りいたします。

おそらく昨晩は死球を与えてしまったDeNA山口投手も眠れなかったのではないでしょうか。
真剣勝負での事故とはいえ、ぶつけてしまったことを本当に悔やまれていたことと思います。

この事故が会澤選手はもちろん山口投手に取りましても後に尾を引くようなことがなければと思います。
他球団ファンながら、会澤選手の一日も早い復帰をお祈りいたします。

今日はこれにて。
それではまた。

(21:20追記)
会澤選手は歩いて広島に帰ることができたそうで、チームのトレーナーからも考えられる中で一番軽い怪我ですんだとコメントされたとのこと。
大事に至らなくて本当によかったです。
  1. 2012/08/03(金) 21:03:06|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<初めてのHGUC | ホーム | 76ミリ砲シャーマン>>

コメント

危険球

こんばんは。
私はこの試合をテレビ観戦していました。
当たった瞬間から救急車がグラウンド内に入り、會澤選手を搬送するまでの10数分間呆然としていました。
特に信仰していませんが神にも祈りました。

結果的に奇跡的に鼻の骨折だけで済んだようです。
ただ投げた投手を一方的に責めることも出来ないと思います。
今回は150km近い速球だっただけに、投手の受ける心の傷も大きいでしょう。
当ててしまってからベンチへ戻る投手の姿は、パニックに陥っているようにも見えました。
ただ野球とは本来このような事態が起こりうるスポーツです。
會澤選手の一刻も早い復活を願っています。
  1. 2012/08/05(日) 00:34:21 |
  2. URL |
  3. HIRO #1sgI4/k2
  4. [ 編集]

>>HIRO様
今回の事故は不幸中の幸いにも会澤選手は鼻骨骨折という比較的軽い怪我ですんだようでよかったと思います。
(もちろん鼻骨骨折が軽い怪我というわけではないのですが)
スポーツに怪我は付き物ではありますが、安全面に配慮してなるべく怪我のないようにしてほしいですね。
  1. 2012/08/05(日) 00:43:52 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2801-c728b8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア