fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

間に合わなかった熊猫

第二次世界大戦中期の1943年、米国グラマン社は次期艦上戦闘機についてどうするかを模索しておりました。
このとき、グラマン社の主任テストパイロットであるボブ・ホールは英国でドイツ軍の戦闘機であるフォッケウルフFw190を見て、大出力のエンジンを小型軽量の機体に載せて高加速力や旋回時にも速度を落とさないで済む持続力を得ることが重要だと感じました。

ホールのこの意見はグラマン社で採用され、次期艦上戦闘機は小型軽量の機体に大出力エンジンを搭載した戦闘機を開発しようということになります。
これは当時生産が開始されていた主力戦闘機F6Fが、その大きさから小型の護衛空母で運用するには不適当であったことから、護衛空母でも運用可能な戦闘機が求められていたこととも一致いたしました。

グラマン社の計画は米海軍当局にも好意的に受け取られ、早速1943年11月にXF8F-1のナンバーで開発が命じられました。
エンジンにはP&W R2800という2100馬力のエンジンが選ばれ、機体は小型軽量ということから全長8.38メートル、最大幅10.82メートルに抑えられました。
これはF6Fのエンジンが2000馬力だったことに加え、全長が10.22メートル、最大幅で13.06メートルだったことに比べると、パワーが増大し機体は一回り小型化していることがよくわかります。

試作機は1944年8月に初飛行し、試験では予想通りの高性能が発揮されました。
このとき、鹵獲した日本の零戦52型とも模擬空戦を行い、零戦を圧倒したばかりか、当時の米陸軍航空隊の主力戦闘機P-47やP-51などをも圧倒し、陸海軍で最優秀の戦闘機とまで言われるほどでした。

試作機の初飛行から6ヵ月後には量産機が工場から出荷され、正式にF8Fというナンバーが与えられました。
愛称は「ベアキャット」とされ、グラマン社の伝統的なキャットシリーズの一員となったのです。

1945年半ばには最初のF8F運用部隊が日本との戦争に投入されるべく日本近海に進出いたしました。
しかし、残念ながら日本の降伏により、F8Fは第二次世界大戦での実戦は行われませんでした。

プロペラ戦闘機としてはとても優秀な戦闘力を持ったF8Fでしたが、時代はすぐにジェットの時代になってしまいました。
次の戦争である朝鮮戦争はすでにジェット機の戦争であり、プロペラ機であるF8Fの出番はなくなってしまっておりました。

それでもプロペラ機の一部は対地攻撃機として使用されたりしましたが、残念なことにF8Fは空戦性能を高めるための小型軽量化があだとなってしまい、地上攻撃機として使用するには不向きな機体となってしまっておりました。

結局同じプロペラ艦上戦闘機であるF4U「コルセア」は地上攻撃機として生き延びたものの、F8Fは生き延びることができませんでした。
米軍機としてはわずか1266機の生産に終わったF8Fは、1950年代いっぱいで姿を消すことになるのです。
ベアキャット

艦上戦闘機として同時代の戦闘機の中で最優秀といわれたほどの戦闘機でしたが、それはあくまでも“プロペラ戦闘機”としてのことでした。
時代がジェット機に移り変わっていく中で、過渡期に生まれてしまったことがF8Fの不幸だったといえるでしょう。

ただ、民間に払い下げられた機体の中には、その高性能ぶりからエアレース用に使われたり、運動性能のよさからアクロバット用に使われたりした機体もあり、そのうちの一部は現在でも元気に空を飛んでいるといいます。
平和な空をいまも飛び続けている機体があることが、F8Fにとって慰めになっているのかもしれませんね。

それではまた。
  1. 2012/04/05(木) 21:00:00|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ついにでたー! そして今日は・・・ | ホーム | 大阪桐蔭が優勝>>

コメント

ベアキャットの高性能は間違いないものでしたから、実戦で真価を発揮出来なかったのはベアキャットにとっては不運でもあり、日本には幸運だったのかもしれません。

もし太平洋戦争に間に合ってたら、日本機で互角以上に戦える機体はなかったでしょうからね。
  1. 2012/04/06(金) 18:15:53 |
  2. URL |
  3. いなづまこと #-
  4. [ 編集]

もしもオリンピック作戦が行われていたら悲惨な戦いになっていたでしょうね・・・。
  1. 2012/04/06(金) 20:42:12 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>いなづまこと様
太平洋戦争終盤の日本機はそれなりに優秀なものもありましたけど、やはりベアキャットに対抗できるかというと疑問ですもんね。

>>富士男様
本土決戦がおこなわれていたらと思うとぞっといたしますね。
  1. 2012/04/06(金) 23:19:04 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

ごぶさたになりました。

そういえば以前、ちょうど終戦の日に震電がF8Fと一騎打ちを演じるという漫画を読んだことがあります。
もちろん創作ですが、ちょっとドキドキしましたね。
  1. 2012/04/15(日) 18:29:00 |
  2. URL |
  3. 柏木 #D3iKJCD6
  4. [ 編集]

>>柏木様
お久しぶりですー。
震電とF8Fですかー。
それはすごく興味がある対決ですね。
どっちもいい機体ですが、やっぱり震電側が不利ですかねぇ。
  1. 2012/04/15(日) 19:01:47 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

>舞方様

思い出しました。
「戦空の〇〇」という漫画でした。
絵柄がいかにもいまどきな漫画ではありますものの。
人物描写もなかなかよくて・・・さいごに泣かせます。
ご確認ください。^^
  1. 2012/04/15(日) 21:44:31 |
  2. URL |
  3. 柏木 #D3iKJCD6
  4. [ 編集]

>>柏木様
情報ありがとうございますー。
ちょっと確認してみますです。
  1. 2012/04/16(月) 22:29:17 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2680-a16d70a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア