FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

踊れ踊れ!

ベテラン搭乗員によって操作されたティーガーは、まさに無敵の存在と言ってもいい戦車でした。

少なくとも登場した1942年及びクルスクでの戦いのあった1943年頃までは、ソ連軍にティーガーと正面切って戦闘をできる戦車は皆無でした。

そんな中であった戦いを一つ。

1943年1月。
ドイツ軍に包囲されたレニングラードを解放するために、ソ連軍は反攻作戦を開始します。

そんな中レニングラード近郊の住宅街に立て篭もるドイツ軍兵士を追い出すために、オサチューク中尉率いるT-60戦車一個中隊が歩兵を支援するために進出します。

T-60戦車は重量5.8トンの軽戦車で、主砲はわずか20ミリ。
1941年ならともかく、1943年ではあまり使い道の無い戦車でした。
それでもソ連軍の戦車不足のために使われていたのです。

ドイツ軍の砲撃により、履帯を切ってしまったオサチューク中尉は、本隊を先行させ、自分は修理してから本隊を追いました。

その時オサチューク中尉のT-60のクルーは林の中から巨大なドイツ軍の重戦車が三両も現れたのを見ます。

「ティーガーだ!」
オサチューク中尉は愕然とします。
相手の主砲は88ミリ、重量は60トン近い。
大人と子供以上に差があるT-60では勝ち目があるわけがありません。

しかし、オサチューク中尉は操縦手のマカレンコフ曹長に言いました。
「ティーガーの前で踊るんだ」

彼らの右後方には野砲中隊が布陣をしているところでした。
T-60の20ミリ砲なら無理でも、76.2ミリ野砲なら撃ち抜けるかも知れない。
オサチューク中尉はそう考えたのです。

一台のT-60はこれ見よがしに三両のティーガーの前で走り回り始めました。
20ミリ機関砲はいくら撃ってもティーガーの装甲に弾かれるばかりでしたが、ティーガーにとっても小うるさいT-60は意外と機敏に走り回るため、88ミリ砲に捕らえられない状況が続きました。

ティーガーはじりじりと野砲中隊の方へ引き寄せられます。
オサチューク中尉は野砲中隊がティーガーの側面を狙えるように、ティーガーを引きずり回し、ついに野砲中隊の前にティーガーが姿を現します。

その瞬間、二両のティーガーの側面に76.2ミリ砲弾が集中し、動きが止まりました。
残ったティーガーは早々に退避し、姿を消します。

結局オサチューク中尉のT-60は無傷で残り、ティーガーは二両が失われました。

この戦闘により、オサチューク中尉は「ソ連邦英雄」の称号を受けたそうです。
どんな時でも冷静に全力を尽くせば、いい結果がついてくると言うことなのかもしれないですね。

それではまた。

(参考文献「グランドパワー2001年9月号」)
  1. 2007/02/07(水) 22:09:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相互リンクさせていただきました | ホーム | 二週間もか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/252-f468a36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア