FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

死の翼アルバトロス(2)

1915年夏のいわゆる「フォッカーの懲罰」と呼ばれたドイツの「フォッカーEⅢ」戦闘機による制空権の確保に対し、英仏連合軍は「F.E.2」「DH.2」「ニューポール11」といった新型機をそれぞれ1916年の序盤に投入することで、ようやくドイツ軍から制空権を奪い返しつつありました。

もちろんドイツ側としてもこの状況を座視しているつもりもなく、すぐさま新型機の投入が行われます。
それが「アルバトロス社」の一連の戦闘機シリーズでした。

第一次世界大戦時のドイツ空軍の戦闘機というと、フォッカー社が有名ではありますが、このアルバトロス社も優秀な戦闘機を送り出しており、特に大戦中盤の1916年及び1917年にかけてはアルバトロス社の戦闘機が主力と言っても過言ではありませんでした。

アルバトロス社は新型戦闘機に合板を使ったセミモノコックボディを採用し、今までの木骨布張りの一般的な航空機に比べて軽量かつ強靭な胴体を作ることに成功しました。
しかもこのセミモノコックボディは形を整えるのもやりやすく、流線型の空気力学的に優れたボディを作ることができました。
そのためアルバトロス製の戦闘機は実に優美な姿をしており、強力エンジンとも相まって速度も高速を発揮することができたのです。

さらに強力なエンジンを積んだことで、機関銃を二挺積むこともできました。
今までの戦闘機は重い機関銃を二挺も積むと性能の低下は免れませんでしたが、アルバトロス製戦闘機は性能がほとんど低下しなかったのです。

こうしてアルバトロス製戦闘機の第一段「アルバトロスD.Ⅰ」が1916年8月に実戦投入されました。
戦場に現れた「アルバトロスD.Ⅰ」は、すぐにその強力さを発揮し、英仏軍の戦闘機を圧倒して行きます。
連合軍はまたしてもドイツの強力な戦闘機に悩まされることになりました。

「アルバトロスD.Ⅰ」を送り出したアルバトロス社は、すぐに前線での運用結果をフィードバックしていきました。
強力な戦闘機といえども、どこかしらの不都合な箇所はあるものなので、それを改善して行くのです。
改良はただちに行われ、早くも1916年後半には改良型の「アルバトロスD.Ⅱ」が完成いたします。
アルバトロスD.Ⅱ

「アルバトロスD.Ⅱ」の出現に英仏は新型機の導入を急ぎますが、高性能な新型機が一朝一夕に配備できるはずもなく、前線での主力は今まで同様「F.E.2」「DH.2」「ニューポール11」と、その改良型「ニューポール17」あたりしかありません。
性能的に「アルバトロスD.Ⅱ」に対抗するのは厳しいものでした。

アルバトロス社はさらに改良型の「アルバトロスD.Ⅲ」を1916年の12月に実戦配備いたします。
アルバトロス社はこの「アルバトロスD.Ⅲ」を500機以上の生産し、オーストリア・ハンガリーでもライセンス生産が行われました。
「アルバトロスD.Ⅲ」は下側の翼が弱いという欠点はありましたが、D.Ⅰ、D.Ⅱ同様強力な戦闘機であることに違いはなく、1917年前半にはドイツ空軍の主力戦闘機として君臨しておりました。
アルバトロスD.Ⅲ

1917年4月、連合軍はドイツ軍に対し地上で攻勢を仕掛けました。
これに呼応し、英仏空軍は戦場上空に多くの偵察機と着弾観測機を送り出して地上軍を支援します。
このとき英軍だけで365機が投入され、その三分の一は戦闘機でした。

これに対しドイツ軍は八個戦隊80機の戦闘機を投入。
その大半は「アルバトロスD.Ⅱ」と「アルバトロスD.Ⅲ」でした。

「アルバトロス」戦闘機の前に英軍機は無力でした。
英軍は1917年4月のわずか一ヶ月間で245機もの軍用機を撃墜されてしまいました。
このため英軍はこの一ヶ月を「血の4月」と呼んでその損害の多さに恐れおののいたのです。

残念なことにこれだけの損害を英軍に与えたにもかかわらず、戦場の制空権をドイツ側が得るまでには至りませんでした。
そして「血の4月」からわずか二ヶ月ほどで英仏はようやく「アルバトロス」に対抗できる新型戦闘機を次々と戦場に投入し始めました。
「アルバトロス」の天下は終わりを告げ、それと同時にドイツ軍が制空権を得ることもついに終戦(停戦)までもうありませんでした。

それではまた。
  1. 2011/05/26(木) 21:09:16|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今号も面白かった | ホーム | 死の翼アルバトロス(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2359-d8640041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア