fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

変身また変身

昭和5年(1930年)に締結されたロンドン海軍軍縮条約により、世界の主要国海軍はその軍備を制限されることになりました。
日本もこの条約を批准することになるわけですが、これによって今までのワシントン海軍軍縮条約では制限の範囲外だった一万トン以下の航空母艦も制約を受けることとなり、日本は航空母艦の数も米英に比して少ない数の保有しかできなくなってしまいます。

そのため日本海軍は、有事の際には短期間で航空母艦に改装できるような船体を持つ軍艦をあらかじめ作っておき、いざというときにその艦に飛行甲板を載せて空母にしてしまうことを考えます。
日本海軍のこういった考えの下に建造された軍艦はいくつかありますが、「千歳」もその中の一隻でした。

「千歳」は、昭和9年(1934年)に建造が開始されましたが、最初は海上で水上機を運用しながら、場合によっては他の艦に燃料等を給油する水上機母艦兼高速給油艦として建造が始まりました。

ところが、これも実は隠れ蓑で、「千歳」は実際には実用間近の特殊潜航艇「甲標的」(二名乗りの小型潜水艇で、魚雷二発を発射可能)を搭載する「甲標的母艦」とも言うべきものとして建造される予定でした。

「千歳」は最初最高速力20ノットほどの中速の艦として建造されておりましたが、完成がロンドン海軍軍縮条約の失効後になるとみなされたため、建造途中から最高速力29ノットほどを出せる高速艦へと変更。
そのため高速用と巡航用の二種類の機関を搭載するという複雑な機関部を持つことになってしまいます。

昭和13年(1938年)7月、まずは当初の水上機母艦兼高速給油艦として「千歳」は完成いたしました。
この時点での要目は、全長192.5メートル、最大幅18.8メートル、最高速力29ノットというもので、基準排水量は11000トンでした。
水上機母艦千歳

船体には中央部に水上機を積みおろしするクレーンを装備した「機銃甲板」と呼ばれるものがあるのが特徴で、もともとは空母への改装時に飛行甲板とするべく作られたものといわれます。
武装はこの機銃甲板含め12.7センチ高角砲連装二基、25ミリ連装機銃六基を装備。
水上機は予備を含めて28機を搭載するというものでした。

完成した「千歳」は、おりしも戦闘が激化していた中国方面の支援に出動し、搭載機による陸上支援を行います。
そして昭和15年(1940年)、「甲標的」の実用化にともない、甲標的母艦への改装が行われました。

こうして本来の初期目的であった甲標的母艦へと改装された「千歳」は、外観はほとんど変化がなかったものの、水上機は28機から12機へと激減し、その代わり甲標的が12隻搭載されることになりました。
また、当初給油艦としても使用できた「千歳」は、2750トンもの燃料が搭載できましたが、それも1000トンにまで減じました。

昭和16年(1941年)、甲標的母艦となった「千歳」は太平洋戦争に参加します。
しかし、太平洋戦争では米海軍の戦艦部隊が長躯日本までやってくるという戦前の想定した決戦は起こらず、甲標的には出番はありませんでした。

そうして甲標的母艦としての活躍の無いまま過ごしているうちに、日本海軍は「ミッドウェー海戦」で大敗を喫します。
この海戦で空母を一気に四隻も失った日本海軍は、緊急に空母を増やす必要に迫られ、「千歳」を含む多くの艦が空母への改造を命じられました。

昭和18年(1943年)、「千歳」は本来の最終目的であった空母への改装に入ります。
もともといざというときには空母に改装するための艦であった「千歳」ですので、空母への改装はわりとスムーズに行われたようで、昭和19年(1944年)の1月には空母への改装が終了。
この間わずか一年足らずというスピードでした。

航空母艦となった「千歳」は、基準排水量11200トン、全長は変わらず最大幅が20.8メートルと少し増したぐらいでしたが、飛行甲板を載せたその姿は今までとはうって変わったものでした。
搭載機は戦闘機21機、攻撃機9機と空母としては物足りない感じもいたしますが、戦況が逼迫している状態で戦力化できたことは重要で貴重な空母戦力でした。
航空母艦千歳

「千歳」はその後日本空母部隊の決戦とも言うべき「マリアナ沖海戦」に参加しますが、日本軍は搭載機のほとんどを失い、空母「大鳳」「翔鶴」「飛鷹」を沈められて敗退します。

そして昭和19年(1944年)10月の「レイテ沖海戦」では、小沢中将率いるおとり部隊の一隻として搭載機もほとんど無いままに参加。
おとりとして米軍の攻撃を充分にひきつける代わりにその身を海底へと没しました。

空母への改装が前提とはいえ、水上機母艦、甲標的母艦、航空母艦と三段階もの改装を行われた軍艦というのも珍しいかもしれません。
「千歳」はそんな状態でありながら、それぞれの立場でそれなりの働きを示した艦でした。
空母へ改装しようとしてもなかなかうまくいかなかったりした艦が多い中、「千歳」は最初の目的を充分に達成した軍艦だったのではないでしょうか。

今日はこれにて。
それではまた。
  1. 2011/04/27(水) 21:18:03|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ポニーちゃんGOGO | ホーム | やっぱり歯が立たなかったよママン>>

コメント

空母戦力の逼迫とは言え、ガダルカナル以降の戦局を考えると高速タンカーのままの方が貴重な戦力になったかもしれませんね。
  1. 2011/04/27(水) 22:49:40 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>富士男様
「マリアナ沖海戦」等でもあまり活躍できなかったことを考えると艦内容積を利用した高速輸送艦という使い方もあながち間違いではなかったかもしれませんね。
  1. 2011/04/28(木) 21:17:15 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2330-2f884295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア