fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

こんなことを思ってしまいました

先日書店に行ったときに見かけたのですが、今月の「歴史街道」はノモンハン事件の特集だったので購入してみました。

1200515497.jpg
こちらが表紙。

ノモンハン事件」は過去にブログ記事でも取り上げたことがあったので興味深く拝見しましたが、基本的には大雑把な戦闘の経緯と、事件全体が当時のソ連による仕組まれたものであるという印象付けに終始しておりました。
特に受けた損害を秘匿し続けることでソ連軍に完敗したと日本軍に思わせ、その後の日本をいわゆる「南進」に向かわせることになり、現在に至るまでの歴史の流れを作ったのが当時のソ連の謀略であったという内容でした。

そんな記事に混じって、当時ノモンハンでの戦闘に従軍なさった方お二人の当時の日記が抜粋されて紹介されておりました。

お一方は上等兵の方、もうお一人は軍曹と下士官兵の立場の方々の日記ですが、いずれも戦場の様相をきちんと記してあり、当時の現場の様子がとてもよくわかりました。

それ以上に驚いたのは、お二人とも肝が据わっているというか、敵弾が身近に着弾したり頭上を飛び交ったりしているにもかかわらず、壕の中でペンを走らせているという事実。
そして「この野郎」とか「くそ」とか書きながら自らを鼓舞している様子が手に取るようにわかりました。

終いにはソ連軍がもう壕の近くまで接近し、最後の突撃をこれから敢行するという状況でまで日記を書いており、その豪胆さと冷静さにはびっくりさせられました。

と、同時にそんな状況が、とても不謹慎なもの思いながら、窓の外に怪物が現れるまで日記を書き続けている「クトゥルフ」系小説の主人公のような感じだなぁとも思ってしまいました。

こんなことを思えるほど今の世の中は(外敵に対する戦争状態にはないという意味で)平和なんだなぁとしみじみと感じた次第でした。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2011/04/13(水) 21:12:11|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<504号 | ホーム | いよいよ開幕>>

コメント

日本軍と闘ったジューコフ将軍は日本軍の兵士や下級将校は高く評価しましたが、高級指揮官になるほど無能になると批判したそうですね。今回の震災や原発事故の政府や東電の対応についても再びそのような批判が当てはまってしまうのでしょうか・・・。
  1. 2011/04/14(木) 22:38:48 |
  2. URL |
  3. 富士男 #-
  4. [ 編集]

>>富士男様
まさしくおっしゃるとおりな感じがいたしますよねぇ。
日本の場合、上層部に求められるのは決断力でも実行力でもなく根回し等における調整力だったりしますからねぇ。
危機の時には役立たない感じがいたします。
  1. 2011/04/14(木) 23:38:23 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2316-0950aff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア