FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

大和沖縄へ向かう(4)

米軍の第一波攻撃が終わりホッとする暇もない13時02分、大和の電波探信儀(いわゆるレーダー)が米軍の第二波攻撃隊を探知します。
第二波攻撃は約100機ほどと言われ、そのうちの60機ほどが大和に向かったものと言われています。

大和を中心とした第一遊撃部隊はすでに第一波の攻撃で軽巡矢矧が航行不能となり、駆逐艦朝霜と濱風を喪失、涼月が損傷と大きなダメージを負っておりました。
ダメージは対空砲火の減少ももたらすため、米軍にとってはより攻撃しやすくなり、第一遊撃部隊はさらにダメージを受けやすくなるのです。

米軍機は執拗に大和を付け狙い爆弾や魚雷を投下してきます。
大和以下の各艦は必死に回避運動を行い何とか直撃を免れようとしますが、やはりそこは多勢に無勢、各艦のうち損傷を受けるものが相次ぎます。

第二波攻撃の最中である13時半過ぎには第三波の攻撃隊も第一遊撃部隊の上空に現れます。
米軍機は入れ代わり立ち代わり攻撃を仕掛け、14時過ぎまでの間に軽巡矢矧が沈没、駆逐艦磯風と霞も損傷を受け落伍します。

大和も爆弾や魚雷を次々と受け、満身創痍の状態に追い込まれていきました。
高角砲も機銃も損傷し、対空砲火は激減。
何より問題だったのは魚雷の命中が左舷に集中し、浸水によって左に大きく傾いてしまったことでした。

大和は何とかバランスを取るために右側に注水しますが、一時的に傾きを改善できても船体内に大量の海水が入ったことで速度が落ち、またしても攻撃を受けやすくなってしまいます。

14時5分ごろ、もはや沖縄に到着する望み無しとの判断から、大和艦上の伊藤中将は作戦の中止を命じます。
しかし、今はとにかくこの空襲を切り抜けなければなりません。

14時17分にはまたしても大和左舷に魚雷が命中し、左側への傾斜が増大。
バランスを取りたくても、もはや右舷の機関室にまで注水していた大和には、注水するべき右舷区画がもう残ってはおりませんでした。

14時20分には左に20度も傾き、もはや傾斜復旧の望み無しとの報告が入ってきます。
大和艦長有賀大佐は総員に退艦を命じ、伊藤中将は長官休憩室に入って、そのドアが開かれることはもうありませんでした。

退艦命令が出た直後から大和は急速に傾斜を増し、傾斜計は一説によれば90度にまで達したと言われます。
赤い船底が海上に現れ、米軍機からもその船底が確認できたとき、大和は大爆発を起こしました。
これは弾薬庫の砲弾が爆発したからだとも、機関室のボイラーが爆発したとも言われます(その双方とも言われる)が、その爆発の爆炎は空高く上がりました。
Yamato_explosion.jpg (大和爆発の瞬間)
大和の爆沈は14時23分とされ、のちの海底調査で船体が二つに分断されて海底に沈んだことが明らかになっております。

大和が沈没したことにより伊藤中将は戦死、有賀艦長も大和と運命をともにいたしました。
このため第一遊撃部隊の指揮官は古村少将が引き継ぎます。
ただ、この時点では古村少将も乗艦だった軽巡矢矧を沈められており、海上をなすすべなく漂っている状態でした。

14時30分ごろ、ようやく米軍の攻撃が終了しました。
第一遊撃部隊の中で損傷が軽く、戦闘行動可能な状態だったのは、駆逐艦冬月、雪風、初霜の三隻のみ。
冬月座乗の吉田大佐は各艦に生存者の救助を命じます。

16時39分、陸上の連合艦隊司令部から、連合艦隊司令長官の豊田大将が作戦中止を命令。

17時42分、古村少将が駆逐艦初霜に救助され、引き続き生存者を収容して佐世保に帰投することになりました。

損傷を受け航行不能となっていた駆逐艦霞と磯風は、砲雷撃を加えて処分。
この時点では駆逐艦涼月が行方不明であり、おそらく沈没と思われておりましたため、作戦で沈没したのは10隻中7隻と考えられておりました。

しかし、涼月は佐世保まで戻ってきます。
米軍機の攻撃で艦首部分を切断された涼月は、そのままでは前進ができなかったため、そろそろと後進で航行し帰投してきたのです。
涼月はそのままドックに入りましたが、ドックが排水するまで持ちませんでした。
涼月はなんと、ドックの排水が終わる前にドック内で沈没します。
とはいえ、どうにか佐世保まで帰ってきたのは幸運だったと言えるでしょう。

結局第一遊撃部隊は、10隻中6隻を失いました。
参加兵力約4300名中、戦死者は約3700名に上り、そのうち約2700名が大和乗員の戦死者でした。
一方攻撃側の米軍は、6機が撃墜され5機が帰還後廃棄されました。
戦死者はわずか13名であり、かなり一方的な戦闘であったことが伺えます。

この作戦以後、日本海軍は艦隊として出撃することはついにありませんでした。
残存艦艇は燃料もなく、ただ停泊するのみというものがほとんどでした。
そして、大和の沈没を伝えられた政府は、いよいよ敗戦というものを覚悟しなくてはなりませんでした。

大和は今も、長崎県男女群島女島の南方176キロ、水深345メートルの海底に、静かに眠っているそうです。




参考文献
「太平洋戦争海戦全史」(歴史群像シリーズ) 学研


参考サイト
Wikipedia 「大和(戦艦)」
Wikipedia 「坊ノ岬沖海戦」
  1. 2011/04/10(日) 21:09:12|
  2. 大和沖縄へ向かう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あの日から一ヶ月・・・ | ホーム | 大和沖縄へ向かう(3)>>

コメント

ご苦労様です。

執筆ごくろうさまです。

ちょっと過ぎましたが4月の今頃ぐらいは大和が最後の出撃をした時期でしたね。

読んでいて6年前に出来た大和ミュージアムへ行ったことを思い出しました(その頃は年末に男たちのYAMATOが上映していました)。
1/10大和に大和の設計図、金剛で使われていたヤーロー式ボイラーや呉の歴史やそこで作られた艦艇の模型や海龍と回天(遊就館とは違う型)そして零戦と感動の連続でした(自分はここで初めてナマの零戦を見ました)。

また沖縄出撃の時の大和乗組員には呉・広島だけでなく地元島根や隣の鳥取の方もいた、ということも知りました(06年には辺見じゅん女史が地元に講演会にこられ男たちのYAMATOの制作秘話や島根出身の大和乗組員の話を聞かせてくれました)。
  1. 2011/04/11(月) 14:53:24 |
  2. URL |
  3. 無所属廃人 #Qdr4Z5ec
  4. [ 編集]

>>無所属廃人様
>4月の今頃ぐらいは大和が最後の出撃をした時期
はい、それにあわせてこの記事を書きました。

大和ミュージアムに行ったことがあるのですか、いいですねー。
私も行ってみたいのですけど、なかなか機会が無くて。(汗
一度は行ってみたいものです。
  1. 2011/04/11(月) 19:42:53 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2313-bbbd3fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア