fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

首無しの戦闘機

太平洋戦争が近づきつつあった昭和15年(1940年)。

日本帝国陸軍は、次代の高速戦闘機として空気抵抗の少ない液冷式エンジンを搭載した戦闘機の開発を行なうことにしました。

日本ではそれまでは空冷のエンジンが使われており、戦闘機も97式戦闘機、一式戦闘機「隼」いずれも空冷エンジンでした。

しかし、1939年に開始された欧州での戦争は、メッサーシュミットBf109やスピットファイヤなどのように、高速の液冷エンジン戦闘機が活躍していました。

陸軍としても、これからの空戦には液冷エンジンの高速戦闘機が必要という認識を持ち、川崎航空機に試作を命じます。

液冷エンジンは、液体によりエンジンの冷却を行なうので、空冷エンジンのように大口を開けておく必要はありません。
自然と機首先端が細くでき、空気抵抗を少なくできるのです。

川崎航空機では、ドイツのダイムラーベンツ社のDB-601エンジンをライセンス生産したハ-40エンジンを使って、機体を設計します。

昭和16年に完成した試作機は、技術者の努力の末に優秀な成績を収めました。
メッサーシュミットBf-109E型さえも圧倒したとのことです。

陸軍は大喜びでこの試作機の量産を命じます。
世に名高い三式戦闘機「飛燕」の誕生でした。

しかし、液冷エンジンは複雑精緻な機械であり、日本国内でならともかく、前線となった南方では部品供給や整備の面で非常に手間の掛かるものとなってしまいました。

さらにはエンジン生産そのものも、やはり基礎技術力の低さが仇となり、満足に稼働するエンジンが作れないという状況になっていました。
試作機のような丹精込めた手作りなら作れても、工場で量産する規格品にはできなかったのです。

結局、三式戦の量産は、機体だけが次々と出来上がって行くのに対し、エンジンがまったく届かないという状態を生み出してしまいました。
首無しの機体だけが並ぶことになったのです。

この状況は戦時下ではとてもあってはならないことです。
そこで陸軍は、すでに量産されていて問題点も潰された信頼性の高い空冷エンジンを搭載するという決断をしました。

三菱が量産したハ-112Ⅱエンジン、海軍では「金星エンジン」として知られる信頼性の高いエンジンを三式戦の機体に取り付けることにしたのです。

このエンジンの搭載により、空冷のため空気抵抗は増大してしまいました。
しかし、最高速度の多少の低下のみですんだ上、重量がハ-40よりも軽くなったために旋回性能や上昇性能は三式戦を上回るという予想外の高性能を見せたのです。

これは元となった三式戦の機体がとても優秀であったことの証明でしょう。

陸軍は大喜びでこの戦闘機を「五式戦闘機」として正式に採用することにしました。
(実際は手続きなどの関係なのか、正式名称として五式戦闘機とはならなかったそうです。あくまで通称として五式戦と呼ばれたわけですね)

信頼性の高い空冷エンジンを積んだ五式戦は、敗戦が近くなった昭和20年にもかかわらず、充分にその持てる力を発揮しました。

日本の身の丈にあった技術で作られた戦闘機でしたが、それでも米軍を苦しめるには充分だったのです。

戦場では高性能だけど動かないなどというものは何の役にも立たないのですから。

三式戦の名誉のために付け加えますが、本土決戦用にきちんと稼働態勢に置かれた三式戦は優秀な機体でした。
支援体制さえしっかりしていれば、立派に役に立つ機体だったんです。

それではまた。
  1. 2007/01/18(木) 22:20:07|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<やめたいだろうなぁ | ホーム | 捕虜はどっち?>>

コメント

うーん、太平洋戦争末期の日本ってこんなんばっかりですよね。
そういえば疾風も同じエンジンへの載せかえの話があったみたいですしね。
うーん、こんなんだから、日本人としては
「同じ条件で戦ってたら日米の兵器の性能はどっちが上?」
って考えてしまいますよね。
「戦いは数、きちんと部隊定数を満たせる数だよ!兄貴!」
って事でしょうね(笑)。
  1. 2007/01/19(金) 00:53:34 |
  2. URL |
  3. 空風鈴ハイパー #-
  4. [ 編集]

>>空風鈴ハイパー様
難しいですよね。
同じ条件というのはどのあたりからなのか?
基礎技術力も同じレベルということになると、それを達成した工業力はどのように醸成されたのか?
資源配分はどうなのか?
人口も同じなのか?
そのあたりの差異が出るから、国情にあった兵器を作ろうということになるのですから、まったく同じ条件でというのは考えようが無いのかなとも思いますね。

どちらにしても、戦争で一番重要なのは数と支援体制。
それをもたらす総合的な国力なんでしょうね。
  1. 2007/01/19(金) 21:18:53 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/231-058d4ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア