FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

エチオピア戦争(14)

1936年5月2日、フランス領ソマリランド(現ジブチ)に脱出したハイレ・セラシエ皇帝は、そこから船で英国へと向かいました。
彼は一縷の望みをかけて、国際連盟に彼自らが姿を表してエチオピアの現状を訴えることで、何とかイタリアの侵略を止めることができないものかと考えていたのです。

しかし、皇帝自らが首都を捨てて国外へ脱出したという事実は、その思惑がどうであれ国民にとっては納得できるものではありませんでした。
エチオピア国民はこのことを忘れず、後々までハイレ・セラシエ皇帝の治世に影響を残すことになります。

5月5日、ついにイタリア軍は、エチオピアの首都アディスアベバへの入城を果たします。
皇帝の脱出した首都は、もはや治安を守る者もなく混乱の局地にあり、暴動と略奪が荒れ狂っておりました。
イタリア軍はそんな中で武力抵抗するものなどを捕らえるとただちに処刑し、占領政策を始めます。

ソマリランド方面から侵攻したグラツァーニ将軍麾下の部隊も、「ヒンデンブルク・ライン」を突破した後はエチオピア東部の制圧を進め、5月8日にはハラールを占領。
これでエチオピア軍の抵抗はほぼ潰え去りました。

5月9日、イタリアは以前からの植民地であるエリトリア及びイタリア領ソマリランドと、エチオピアを合わせた地域にイタリア領東アフリカ帝国の建国を誇らしげに宣言します。
帝国の皇帝には、イタリア国王エマヌエーレ三世がそのまま即位いたしました。
この瞬間、アフリカ最古の独立国は消滅し、エチオピアはイタリアの植民地となったのです。

1936年6月30日
国際連盟の総会が開かれました。
席上イタリア代表は、「わが国は文明の使者としてエチオピアに公正と解放をもたらす聖なる使命を完遂した」とエチオピアを占領したことを述べ、「文明国の責務を果たしたイタリアが、経済制裁を受けているという異常事態はいかなることか」として、経済制裁の解除を求めました。
一方、英国に亡命していたハイレ・セラシエ皇帝がそれに反論し、「イタリアはエチオピア人が文明人でないために(侵略も毒ガス使用等も)赦されるとしているが、それは事実ではない」として熱弁を振るいますが、各国の賛同を得ることはかないませんでした。

結局イタリアのエチオピア侵略は黙認され、経済制裁すら賛成多数、反対はエチオピアの一票だけという結果で解除されてしまいます。
国際連盟には、国際紛争を解決する力がないことをまざまざと見せ付けた瞬間でした。

「(第二次)エチオピア戦争」は終わりました。
双方の損害、特にエチオピア軍の損害はかなりなものだったと思いますが、はっきりした数字はわかりません。
これによってイタリアはようやくエチオピアを植民地として支配することに成功したわけですが、まだその領土の三分の二は支配できておらず、その支配にはさまざまな困難が待ち受けておりました。

エチオピア人は各地でレジスタンス活動を行い、グラツァーニ将軍も爆弾テロの標的として狙われます。
イタリア軍もそれに対して厳しい態度で臨んだため、各地で衝突が絶えませんでした。
エチオピア人指導者は多くが処刑され、エチオピア正教の聖職者たちも多くが処刑されました。

イタリアはイタリア人百万人を入植させる計画でしたが、こうしたエチオピア人の抵抗も根強く、わずか十四万人程度にとどまりました。
しかもその大半は現地に根付くことができず、十万人以上がイタリアへ戻ったとも言います。

1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻し第二次世界大戦が始まります。
翌1940年6月、オランダ、ベルギー、フランスの相次ぐ敗退にイタリアも枢軸国として急遽参戦。
火事場泥棒のようだと非難されましたが、フランス領の一部を手に入れることに成功します。
そして、アフリカでも英領ソマリランドを手に入れようと侵攻し、一時は占領いたしますが、英国軍の反撃が始まると、イタリア軍はじょじょに押され始めました。

1941年に入ると、フランス軍と英軍の共同攻撃によりエリトリアのイタリア軍が壊滅。
英国に亡命していたハイレ・セラシエが英軍とともにエチオピアの地を再び踏みしめます。

イタリア軍の敗走はとどまるところを知らず、ついにエチオピアのイタリア軍は抗戦を断念して降伏。
イタリア領東アフリカ帝国は、わずか5年で崩壊します。
ハイレ・セラシエが、首都アディスアベバに帰還したのは、くしくもイタリア軍が1936年に入城した5月5日のことでした。

エチオピア戦争 終


エピソード

大日本帝国陸軍の参謀として、とかくいろいろと言われることの多い服部卓四郎大佐(最終階級)は、大尉の時にこの(第二次)エチオピア戦争の観戦武官としてエチオピアの地に赴任しております。

高知県香南市にある「近森大正堂」様という菓子店では、「エチオピア饅頭」という一口サイズのお饅頭を販売していらっしゃいます。
漉し餡を包んだお饅頭ということですが、残念ながら私は食べたことはございません。
現在ではエチオピア大使館からの公認もいただいているお饅頭とのことですが、この「エチオピア饅頭」という名前の由来が、(第二次)エチオピア戦争で粗末な武器しかないながらも勇敢に祖国防衛のためにイタリア軍に立ち向かうエチオピア兵のことを新聞記事で知った当時の初代店主が、そのことに感動して名づけたというものだそうです。

                      ******

参考文献
「コマンドマガジン日本版第27号」(国際通信社)

参考サイト
「Wikipedia エチオピアの歴史」
「Wikipedia 第一次エチオピア戦争」
「Wikipedia 第二次エチオピア戦争」
「Wikipedia ベニート・ムッソリーニ」
「Wikipedia ハイレ・セラシエ一世」


今回もお付き合いくださいましてありがとうございました。
8月からところどころ間を空けて14回続けてきたわけですが、エチオピアとイタリアというどちらかというとマイナーな両国間の戦争を知っていただければ幸いです。
また、資料等によっては若干違う部分もあるかと思いますが、ご了承くださいませ。
  1. 2010/12/08(水) 21:23:05|
  2. エチオピア戦争
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<二敗目食らってしまいました | ホーム | 3年ぶりの海自特集>>

コメント

焼け棒っ杭に火が点きましたヨォ!

う~ん舞方さんの連載の所為(?)で、こりゃ封印していた『エチオピアのライオン』(CMJ)カウンターシートに鋏を入れてしまいそう・・・。

「毒ガス」の前と後とで定石は見えたな・・・と、ここ暫らくは熱の冷めて居ましたが、いやいやいや又やりたくなっちゃったじゃないですか!(笑) そして一層エチオピア側で力が入りそうです。

『エチオピア饅頭』を食しながら、いつか『ライオン』を競技するのが夢ですネ☆
  1. 2010/12/09(木) 14:31:10 |
  2. URL |
  3. サッポロ辺境伯 #90LdKUd6
  4. [ 編集]

>>サッポロ辺境伯様
私もあのゲームに触発されてこの記事を書いたようなものですー。
ゲームとしての流れはほぼ見切られたような気はしますが、またやりたいゲームの一つですよね。
エチオピア饅頭は私も気になりますー。
  1. 2010/12/09(木) 20:50:17 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2188-4587cf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア