FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

エチオピア戦争(10)

1935年10月7日、国際連盟はイタリアとエチオピアの紛争はイタリアによる侵略行為であると認めました。
ですが、実際に効力のある経済制裁をイタリアに対して行うことはほとんどできませんでした。
しかし、このことはイタリアの首相ムッソリーニには焦りをもたらしました。
国際情勢が不利にならないうちにこの戦争を終わらせなくてはならない。
ムッソリーニはそう考えたのです。

ムッソリーニは、補給所や飛行場の完成を待ってから攻撃を再開しようというデ・ボーノ将軍に、早急に進撃を再開するように命じます。
さらには今後予想されるエチオピア軍の抵抗に対しては、毒ガスの使用も念頭において攻撃するようにと指示を出しました。
これはエチオピア軍が1907年のハーグ陸戦協定(戦争のときのルールを定めた協定)で使用しないと定められたダムダム弾(目標内部で弾頭が広がり大ダメージを与える弾丸で狩猟等にはよく使われるもの:炸裂するわけではない)を使用しているとの情報に基づき、それに対抗する手段として考えられたといわれます。
しかし、デ・ボーノ将軍は毒ガス使用については拒絶し、進撃も後方支援をしっかりさせてからにしてほしいとムッソリーニに再考を求めました。

ムッソリーニは再考する気などありませんでした。
彼は進撃を渋るデ・ボーノ将軍を解任し、新たにピエトロ・バドリオ元帥を総司令官に任命。
再度イタリア軍の進撃を求めました。

ムッソリーニの意を汲んだバドリオ元帥は進撃を開始。
イタリア軍は再びエチオピア内陸の首都アディスアベバへ向かいます。
ですが、その前にはエチオピア軍が待ち構えておりました。

アジクラット近郊から後退したラス・セイオームの部隊に加え、アディスアベバからラス・イムルが約四万の兵を従えて布陣。
皇帝の二番目の従兄弟ラス・カーサも軍勢を引き連れてラス・セイオームと合流し、さらに軍務大臣であるラス・ムルゲータも約六万という兵力を引き連れてイタリア軍を迎え撃つために向かっておりました。

両軍はそれぞれ三つの部隊に分かれて対峙します。
エチオピア軍の左翼ラス・イムルの軍勢に対してイタリア軍は第二軍団と第四軍団が、中央のラス・セイオームとラス・カーサの軍勢に対してはエリトリア師団が、右翼にやってきたラス・ムルゲータの軍勢に対しては第一軍団と第三軍団が布陣する隊形でした。

先手を取ったのはエチオピア軍でした。
勇猛果敢なラス・イムルの軍勢が浅瀬を渡河し、イタリア軍に奇襲をかけたのです。
予想外のエチオピア軍の行動にイタリア軍は混乱し、まともな対応ができませんでした。
混乱が恐慌を生み、イタリア軍は算を乱して潰走していきます。
これは戦意の低い植民地兵が多かったことも一因でした。

イタリア軍右翼を崩壊させたラス・イムルは、そのままイタリア軍中央を襲います。
ラス・セイオームとラス・カーサの軍勢もこれに呼応するようにイタリア軍を攻撃。
中央部にはエリトリア師団を置いていたイタリア軍は、これまた戦列を支えきれませんでした。

右翼と中央の崩壊に直面したイタリア軍総司令官バドリオ元帥は青ざめました。
このままでは全軍が潰走してしまいます。
彼は一時後退を命じるしかありませんでした。

とはいえ、混乱する味方を秩序だって後退させることなどできません。
イタリア軍は火砲も戦車も放棄して、マカレという補給所まで後退を余儀なくされてしまいます。

イタリア軍の崩壊の危機を救ったのは航空機でした。
戦場上空に飛来したイタリア軍航空機が、エチオピア軍に爆弾の雨を降らせたのです。
イタリア軍を追撃し崩壊させようとしたエチオピア軍でしたが、ここで追撃を断念せざるを得ませんでした。
イタリア軍はかろうじて全軍崩壊を免れます。

イタリア軍の侵攻は止まりました。
エチオピア軍は近代火力で武装した欧州の軍勢を撃破したのです。
これは欧州各国にとっても予想外のことでした。

ですが、イタリアはあきらめたわけではありません。
再度体勢を立て直して侵攻を続けるつもりでした。
そして、もはやなりふりかまってなどいられないとも思っておりました。
エチオピアに取り、苦しい戦いが待ち受けることになりました。

(11)へ
  1. 2010/11/17(水) 21:38:40|
  2. エチオピア戦争
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<和田和田コンビでしたね | ホーム | 1500個>>

コメント

初めて内容を耳にする戦争ものって、かなりリアルに追体験できるものですね。
それにしてもイタリア軍、弱いな・・・
  1. 2010/11/22(月) 12:23:22 |
  2. URL |
  3. 柏木 #D3iKJCD6
  4. [ 編集]

>>柏木様
そういっていただけますと、こちらも書いたかいがございます。
続きもお楽しみに。
  1. 2010/11/22(月) 20:32:35 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2166-ca09a7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア