FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

スペイン内戦(2)

1936年の選挙で政権を握った「人民戦線」(左派勢力の連合協定)は、それまでの二年間の右派政権に辟易していた民衆には大きな期待を持って迎えられました。
しかし、当然のごとくこの新政権に対し、右派勢力はただちにさまざまな妨害を行います。
それはデモやストライキなどといった比較的穏健のものではなく、人民戦線の代議士宅に爆弾を送りつけたり銃撃をおこなうなどのテロ行為にまで発展して行きました。

一方政権をとった人民戦線側も、もともとが寄せ集めの連合協定であるだけに結束した一枚岩ではなく、強硬派と穏健派が内部で対立しているというありさまでした。
強硬派は警察力や武力をもって右派勢力のテロ行為を鎮圧して行きましたが、それはじょじょにエスカレートしていきます。

ついに1936年7月12日、人民戦線政府側のカスティリョ中尉がそれまで鎮圧に当たっていた右派勢力ファランヘ党の党員によって暗殺されるという事件が起きました。
これに対して穏健派の憂慮をよそに人民戦線内の強硬派は報復を行い、治安警察を使って右翼勢力の大物カルボ・ソテロを暗殺します。
この暗殺のやり取りによって事態は急速に悪化の一途をたどりました。

かねてより人民戦線政府に対して強硬な姿勢で望んでいた右派勢力は、さらに態度を硬化させ内乱も辞さずという雰囲気にまで発展。
これに呼応するかのように、ひそかにクーデター計画を進めてきた一部の軍上層部も政府に対して叛乱を起こすことを決定します。

一方人民戦線政府側も強硬派が民衆への武器供与を要求。
さらに民兵の動員などもおこない始めました。
まさに状況は一触即発となったのです。
そんな中、一人の人物が大西洋上のスペイン領カナリア諸島におりました。
のちにスペイン総統となるフランシスコ・フランコです。

フランシス・フランコは1892年生まれの当時43歳の働き盛りでした。
彼は最初海軍を志すものの定員に空きが無く、やむなく陸軍士官学校へと進みます。
その後当時スペイン領だったモロッコへ赴任し、そこで現地の独立運動を鎮圧しながら出世の階段を登って行きました。
フランコは現地のアフリカ人を外人部隊として訓練し、強力な部隊へと育てます。
独立運動に対しても、その外人部隊を率いて戦ったといわれます。

帰国後、スペイン第二共和制政府によって軍政官に任命されたフランコは陸軍少将へと昇進し、その後陸軍参謀総長まで出世を果たしますが、ここで人民戦線政府が成立し、右派の危険人物と見なされていたフランコはカナリア諸島へと左遷されてしまいます。
人民戦線政府によって左遷されたフランコが、反乱軍に与するのはある意味当然だったのかもしれません。

1936年7月17日。
アフリカのスペイン領モロッコのメリリャで、ファシストの将校に率いられた軍の叛乱が発生します。
「スペイン内戦」の始まりです。

メリリャの叛乱は上官である将軍の殺害にまで発展し、そのことを知ったフランコは、早くも翌18日にはクーデターの開始の宣言をカナリア諸島から行ないました。
そしてすぐさまモロッコへと飛行機を飛ばして叛乱軍と合流。
以後モロッコの叛乱軍の指揮を取ることになりました。

フランコのおこなったクーデター宣言に呼応するかのように、スペイン本土各地でも軍や右派ファシスト勢力による叛乱が相次ぎます。
これらは陸軍の将軍エミリオ・モラが計画していたものであり、当初はこのモラが叛乱軍の指導的役割を担っておりました。

各地での相次ぐ叛乱に人民戦線政府は対応を余儀なくされました。
当初は人民戦線側も右派との融和を図り、首相を穏健派のバリオに代えてモラとの交渉を行いますが、もはや小手先の手段では叛乱の火の手を鎮めることはできませんでした。
逆に叛乱軍の指導者モラと話し合いをしたバリオは人民戦線内の強硬派からは裏切り者呼ばわりされ、バリオはわずか2日で首相の座を降りざるをえなくなります。
7月19日には、叛乱軍との戦いを行なうことを鮮明にしたヒラル内閣が成立し、左派の人民戦線と右派のファシスト勢力及び叛乱軍との戦いは避けられなくなりました。
スペイン国内は二つに分かれてしまったのです。

(3)へ
  1. 2010/06/11(金) 21:13:30|
  2. スペイン内戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<熱戦スタート | ホーム | スペイン内戦(1)>>

コメント

舞方雅人さまのNTR小説も早く読みたいです~
  1. 2010/06/11(金) 21:58:25 |
  2. URL |
  3. ひろ #d3xRQPUk
  4. [ 編集]

国際旅団の成立に影響を与えた
バルセロナ人民オリンピックの話は
出てくるのでしょうか……
続きに期待してま(*^^*)ノ
  1. 2010/06/12(土) 18:35:55 |
  2. URL |
  3. 芹沢軍鶏 #JalddpaA
  4. [ 編集]

>>ひろ様
ありがとうございます。
私は基本的には悪堕ちSSがメインですので、気長にお待ちいただければと思います。

>>芹沢軍鶏様
ナチスのベルリンオリンピックに対抗するためにおこなわれる予定だったんですね。
残念ながら詳しくは知りませんけど、楽しみにしていただきましてありがとうございます。
  1. 2010/06/12(土) 19:38:14 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/2007-d70b4d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア