FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

修復

今年最初の更新は、「ホーリードール」の37回目です。
戦い済んで少しばかりの休息です。


37、
白い空間。
雲のような白いモヤが足元にたなびき、ゼーラが歩みを進めるごとに撒き上がる。
同じように白い台。
台というよりもふかふかのベッドのようだ。
寝かせられているのは赤と青の少女たち。
眠っているように目を瞑り、桜色の唇を閉じている。
ゼーラはそっと傍に行って胸をなでおろす。
損傷の度合いは軽くはない。
だが、充分に修復が可能なレベルだ。
せっかくのドールを廃棄する必要がないことに、ゼーラは心から安堵した。

白いドレスのまま片足をベッドの上に乗せる。
そしてそのまま覆いかぶさるように赤の少女の上に躰を移動させ、その可愛らしい顔を眺めている。
身じろぎもしない赤の少女。
最後の力を振り絞ってホーリードールサキを回収してくれた。
二人の闇の女を相手によく粘ってくれた。
左腕の損傷はすぐに直してあげる。
私の可愛いホーリード-ルアスミ。

ゼーラはそっと赤の少女の左腕を持ち上げる。
赤い手袋に覆われた華奢な細い腕。
その手の甲にそっと口付けをして、ゼーラは魔力を送り込む。
すぐに白い光がホーリード-ルアスミの左腕を覆い、損傷箇所を修復していく。
この程度の損傷ならば、一日もあれば問題はなくなるだろう。
ゼーラは笑みを浮かべてホーリード-ルアスミの髪を手で梳いた。

『一瞬にして校舎が倒壊するという信じられない事故が起きました。ごらんください。いまや子供たちの楽しい学び舎であった小学校は、完全に瓦礫の山と化しております』
画面の中で赤色回転灯が瞬いている。
多くの人間たちが右往左往するなか、レポーターだけが声を張り上げている。
『いったい何があったのか想像も付きません。倒壊する瞬間を見た者すらおりません。言える事は、学校が倒壊したという事実だけです』
先ほどまで自分たちがいた場所だ。
結界を解いた瞬間、倒壊した学校があらわになったのだ。
すぐに消防と警察が呼ばれ、あたりは大混乱に陥った。
今では近隣の駐屯地から自衛隊も呼ばれ、必死に救助活動が行なわれている。
瓦礫の中から一人でも生存者がいないかと懸命に行なわれているのだ。

「どれだけ生き残ったやら・・・」
TVに向かってポツリとつぶやくレディベータ。
生存者は少ないだろう。
ブラックパンサービーストが食い散らかしたうえ、どこかに隠れていたとしても、あの校舎の倒壊に巻き込まれたであろうから。
可能性があるとすれば、校舎の外に出た子達ぐらいか。
おそらくほんのわずかに過ぎないだろう。
何があったのかもわからないに違いない。

「倒壊か・・・光もやることが派手だわね」
スッとホットミルクのマグをレディベータの前に置くレディアルファ。
「あ、ありがとうございます、アルファお姉さま」
漆黒の手袋に包まれた手で温かいカップを取るレディベータ。
そのにこやかな表情に思わずレディアルファも笑みが浮かぶ。

『次々と子供たちの遺体が運び出されます。なんという光景でしょう・・・涙が止まりません。なぜこんなことになってしまったのでしょう・・・』
女性レポーターも嗚咽を漏らす。
自衛隊員が毛布をかけた担架を運び出していく。
周囲では両親たちが泣き崩れていた。

「アルファお姉さま・・・」
「なに?」
「デスルリカ様は?」
先ほどから姿が見えないことにレディベータは気になっていた。
またしても自分が勝手なことをしてしまったから・・・
前回といい、今回といい、どうして私は勝手なことばかりしてしまったのだろう。
デスルリカ様はきっと怒っているのではないだろうか。
だから顔を見せてくれないのではないだろうか。
レディベータはそれが気になっていたのだった。

「大いなる闇にお会いしているわ」
「えっ? 大いなる闇に?」
どういうことだろう。
この世界を闇に覆うことに関しては、デスルリカ様が行なわれることのはず。
その手足となって動くのが私たち闇の女の使命。
まさか・・・
「まさか・・・私のことで?」
「フッ、まさか。違うでしょ」
心配そうに顔を上げるレディベータに、レディアルファは鼻で笑い飛ばした。
おそらく光の手駒に対してのことだと思うのだ。
大いなる闇はいちいちレデイベータのことなど気にもしないだろう。
「心配しなくていいわよ。ベータは気にすることなどないの。今回だって光の手駒に充分ダメージを与えられたわ。デスルリカ様だってそう思っていらっしゃるわよ」
椅子の背後からレディベータを抱きしめるレディアルファ。
その温かさがレディベータはうれしかった。

躰の位置を入れ替える。
ホーリード-ルアスミに関してはこれでいい。
あとは青の少女、ホーリードールサキを修復しなくては。
内部損傷がやや激しい。
おそらく、いくつかの臓器は作り直さねばならないだろう。
だが・・・
ゼーラの顔には笑みが浮かぶ。
作り変えるのだ。
もともとの肉体から作り変えることで、ドールはどんどん彼女のものになる。
気に入ったドールは長く手元においておきたいもの。
今回はいい素材が手に入った。
どんどん好みに作り変えるのだ。
精神も肉体も彼女のものになるのだ。

今回はよかった。
間一髪で闇に触れられなかったのだ。
闇に触れられたドールなど汚らわしい。
それだけで興味がなくなる。
大事にしていればいるほど、闇に触れられたら嫌いになる。
闇の手駒になど触れられてたまるものか。

静かに横たわるホーリードールサキ。
その上半身をそっと抱き上げる。
可愛らしい少女。
その柔らかい唇に、ゼーラはそっと口付けをした。
  1. 2010/01/01(金) 21:10:40|
  2. ホーリードール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<フォークランド紛争(1) | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

光と闇、それぞれの思いが交錯していますね。

レディアルファがホットミルクを持ってくるなんて…。まぁ、魔族とかじゃないから別になんてことはないんでしょうけど、こういう一幕が妙に新鮮に感じました。

今年もよろしくお願いいたします。そして、多くのSSを楽しみにしています。

P.S. 誤植かなと思うんですけど、最後に一文で「ゼーラー」になってますよ。
  1. 2010/01/01(金) 22:30:32 |
  2. URL |
  3. metchy #zuCundjc
  4. [ 編集]

>>metchy様
ありがとうございました。
修整いたしました。
  1. 2010/01/01(金) 22:36:51 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

インターバル…と言った感じですが、
ゼーラ様がさらに黒い事を考えてますねw
どんどん身体を作り変えられて行く紗希ちゃんと明日美ちゃん、
果たして完全なドールになるのが先か、
それとも闇に穢されるのが先か…、
どちらにしても面白くなりそうですw
  1. 2010/01/02(土) 10:36:53 |
  2. URL |
  3. Mizuha #FPjcWNrE
  4. [ 編集]

>>metchy様
書きませんでしたが、きっとレディアルファは黒スーツのうえに白エプロンだったと思います。
私もそんな女性にホットミルクを持ってきて欲しいですー。(笑)

>>Mizuha様
ドールたちもそうですが、闇側もちょっと微妙な雰囲気かも。
続きを楽しみにしてくださいませ。
  1. 2010/01/02(土) 21:23:51 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1827-388ffe7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア