FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

アドミラル・シェーアの航海(4)

1941年2月3日、喜望峰を回ってインド洋に入った「アドミラル・シェーア」は、マダガスカル沖で獲物を探します。
ですがこの時には獲物はさっぱり見つかりませんでした。
そんななか、ドイツの仮装巡洋艦「アトランティス」と会合するように命じられたクランケ艦長は、インド洋で暴れている「アトランティス」から情報を得ることができると考えます。

2月14日、無事に「アトランティス」と合流した「アドミラル・シェーア」は、「アトランティス」のロッゲ艦長から情報を得ることができました。
それによると、英国の商船たちはドイツの通商破壊艦を恐れ、沿岸沿いを主に航行しているために、「アドミラル・シェーア」のいる通商航路にやってこないのだというのです。
そこで今度は東アフリカのザンジバル沖に移動し、そこで通商破壊を行なうことに決めました。

この移動は功を奏し、2月17日から2月20日にかけて、英国のタンカーとノルウェーの商船を相次いで拿捕及び撃沈します。
しかし、2月20日に英国船「カナディアン・クルーザー」を捕捉したとき、通商破壊艦に追撃されているという無電を発信されてしまいました。
しかも、通商破壊艦は大型巡洋艦クラスであることも付け加えられてしまったのです。
「アドミラル・シェーア」の位置がこれで英国海軍に知られてしまったのでした。

クランケ艦長はこの事態を重く見て、すぐにザンジバル沖から移動することに決定します。
ドイツ本国からも3月には帰投せよとの命令が来ていたこともあり、インド洋での通商破壊活動も止める潮時でした。

ザンジバル沖から喜望峰へ向かう「アドミラル・シェーア」でしたが、英国海軍の包囲網はじょじょに狭められつつありました。
上空を偵察の水上機が飛んで行ったり、小型の商船に発見の無電を発信されるなどもありましたが、より深刻な事態はレーダーの故障でした。
「アドミラル・シェーア」搭載のレーダーが使えなくなってしまったのです。
このことは敵を先にキャッチできないということになり、相当な不利になることは間違いありませんでした。

この時「アドミラル・シェーア」を追っていた英国海軍の艦艇は、重巡「グラスゴー」「オーストラリア」、軽巡「ホーキンス」「エメラルド」に加え、空母「ハーミーズ」とその護衛に当たる軽巡「ケープタウン」、さらには重巡「キャンベラ」と「シュロップシャー」という膨大なものでした。
それら英国海軍の艦艇が、まさに包囲網を閉じようとしていたのです。

しかし、「アドミラル・シェーア」にはまだ運がありました。
商船の一隻が不用意に打った無電により、「アドミラル・シェーア」の進路上に英国海軍の巡洋艦二隻がいることがわかったのです。
クランケ艦長はただちに針路変更を命じ、この英国海軍の巡洋艦群をやり過ごすことができたのでした。

2月26日、無事にインド洋を抜け大西洋に戻った「アドミラル・シェーア」に対し、クランケ艦長に騎士十字章、乗組員に鉄十字章が与えるものとするとのドイツ本国からの無電が入ります。
クランケ艦長は乗組員全員を集めてそのことを知らせたのち、これより帰投する旨を伝えました。

インド洋を脱出したとはいえ、前途には広大な大西洋が広がっておりました。
この大西洋をレーダーが故障したままで航海するのはきびしいと考えたクランケ艦長は、レーダーだけでも修理しようと本国へ部品の供給を依頼しました。
この要望は受け入れられ、「U-124」潜水艦が修理部品を「アドミラル・シェーア」に届ける手はずとなりました。

この部品受け取りのため、「アドミラル・シェーア」はまたしてもアンダルシア会合点にやってきます。
ここで「U-124」の到着を待ちながら、「アドミラル・シェーア」は水線下のフジツボなどを落として速度発揮に支障のないようにいたしました。

3月11日、待ちに待った「U-124」が到着し、レーダーの修理部品が届きます。
クランケ艦長はお礼に「デュケサ」から手に入れた大量の肉と卵を「U-124」に分け与え、レーダーの修理に取り掛かりました。

レーダーの修理を終えた「アドミラル・シェーア」は本国への航海に取り掛かります。
3月22日ごろから北大西洋では暴風が荒れ狂い、「アドミラル・シェーア」はそれにまぎれてデンマーク海峡を突破することにしました。
3月26日には英国の巡洋艦をレーダーがキャッチしますが、幸い探知はされませんでした。

その後レーダーが再び故障するものの、3月28日にはデンマーク海峡を突破。
3月30日にはノルウェーのベルゲンに到着します。

翌日4月1日、ついに「アドミラル・シェーア」は無事にドイツ本国のキール軍港に到着。
五ヶ月に及ぶ航海に幕を下ろしました。
出迎えたレーダー提督から乗組員に鉄十字章の授与が申し渡されたのち、提督は「アドミラル・シェーア」の士官室でふんだんに料理を振舞われました。
「デュケサ」より手に入れた食料はここでも大活躍でした。

「アドミラル・シェーア」の航海が終わったのち、わずか二ヵ月後には同様に通商破壊の航海に出発した戦艦「ビスマルク」が英国海軍の集中攻撃によって撃沈されてしまいます。
もはやドイツの水上艦による通商破壊活動は望み薄になっており、「アドミラル・シェーア」の航海が最後の輝きと言ってもよいものでした。

「アドミラル・シェーア」はこの航海で6000海里以上を航行し、武装商船「ジャービス・ベイ」をはじめ合計九万トン以上もの商船を撃沈いたしました。
さらに英国海軍の多くの艦艇を引きつけ、翻弄してきました。
「アドミラル・シェーア」の航海は大成功だったのです。
これはテオドール・クランケ艦長以下乗組員の努力の賜物でした。

その後「アドミラル・シェーア」はバルト海やノルウェーで行動しましたが、ヒトラーの命令や制空権制海権の喪失などで、大戦後半にはほとんど行動できなくなってしまいました。
戦争終結直前の1945年4月9日、英国空軍の空襲を受けた「アドミラル・シェーア」は、キール軍港内で横転。
そのまま沈没してしまいます。
この時32名が戦死しました。
ドイツの水上艦で最も活躍したと言ってもいい「アドミラル・シェーア」の最後でした。


参考文献
「英独航空決戦」(第二次大戦欧州戦史シリーズ3) 学研
「ポケット戦艦」歴史群像2003年4月号 学研

参考サイト
Wikipedia「アドミラル・シェーア」
  1. 2009/12/29(火) 20:56:40|
  2. シェーアの航海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<おそばでお仕えいたします | ホーム | 12月29日のココロ日記(BlogPet)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/12/29(火) 23:24:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>>2009/12/29(火) 23:24:08の方
ああ、そういうことだったのですか。
ありがとうございました。
  1. 2009/12/30(水) 21:05:01 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1822-95743e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア