fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

日本で活躍

昭和十三年(1938年)、当時の日本陸軍は航空部隊の高速輸送機として、アメリカロッキード社の高速旅客機L-14「スーパーエレクトラ」を二十機購入いたしました。

このスーパーエレクトラ旅客機は、当時世界一周のスピード記録を持つほどの高速旅客機ではありましたが、離着陸時の安定性などに問題もあり、米軍では採用されなかったばかりか、アメリカ国内の航空会社でも積極的には採用されなかった機体でした。

ですが、日本陸軍ではこの高速性や搭載量などにほれ込み、ロッキード社の頭文字を取ってロ式輸送機として採用しました。
ロ式輸送機は当時の主力輸送機である97式輸送機よりも最高速度が50キロ以上も優速であり、陸軍は立川飛行機にライセンスを取得させ国内生産に踏み切ります。
その後川崎航空機でも生産が開始され、両者合わせて100機ほどが生産されました。

ロ式輸送機は速度も搭載量も陸軍の充分に満足できるものであり、非常に重宝されましたが、やはり大本のスーパーエレクトラ自体の低速安定性の悪さなどの欠点も引きずっており、操縦の難しい機体でもありました。

そこで陸軍は、川崎航空機に対してロ式輸送機の改良を命じます。
これに対し川崎航空機では、フラップの改善や胴体の長さを延長して安定性を増すなどしたほか、貨物の積み下ろしがしやすいように大型の貨物扉を付けたりエンジンを換装するなどの改修を行なった試作機を作ります。

試作機は昭和十五年(1940年)末に完成し、実用試験に供されました。
試験では一部修正が加えられましたが、最高速度が若干落ちたものの低速安定性が大きく改善されたほか、搭載量も増しました。
もともとは貨物輸送機として考えられておりましたが、座席を取り付けることで人員輸送にも対応できるものでした。

こうして試作機は昭和十七年一月に正式採用となり、一式貨物輸送機と命名されました。
ですが、すでに前年の昭和十六年半ばには量産が開始されており、太平洋戦争開戦時にはすでに一部が部隊に配備されていたといいます。
ki56.jpg
(一式貨物輸送機)

昭和十七年二月。
太平洋戦争初期の作戦において、インドネシアのスマトラ島にあるパレンバン油田の確保を目的とした日本陸軍の空挺部隊の降下作戦では、この一式貨物輸送機とロ式輸送機が投入され、空挺部隊を降下地点まで輸送いたしました。
降下作戦は大成功を収め、この二種類の輸送機は見事にその任務を果たしたのです。

一式貨物輸送機は川崎航空機で121機が生産されました。
そしてその後もロ式輸送機、一式貨物輸送機ともに終戦まで活用され、日本陸軍の貴重な輸送機として働いたのでした。

アメリカ本国ではあまり評価されなかったスーパーエレクトラでしたが、こうして日本ではロ式輸送機として、またその発展型である一式貨物輸送機として活躍したのですね。
日本に購入されてよかったのかもしれません。

それではまた。
  1. 2009/12/15(火) 21:47:20|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青年層の支配 | ホーム | 12月15日のココロ日記(BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1806-f334cbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア