fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

colors二作品

このたび機会があってcolorsのゲームを二つ楽しみました。

「特命教師瞳」と「狂い咲きヴァージンロード」の二作品です。

「特命教師瞳」はDVD版の方ではないので、フルボイスでは無く、システムもシーン回想や既読未読お構い無しのスキップなどやりづらい面もあるのですが、これはなんというか結構楽しい作品でしたね。

学園での売春組織の摘発に乗り込んだ主人公瞳の前に立ちはだかる巨悪。
瞳を初めとする特務員三人の運命やいかに・・・
といったストーリーなんですが、どうしてどうして、巨悪は秘密結社めいていますし、学園自治の名の下に恐怖を振りまいている不良グループが実はなかなか楽しませてくれたりと、一筋縄ではいきません。

基本は一本道であり、ベストエンドは瞳の活躍によって巨悪は倒されめでたしめでたしとなりますが、選択肢によってはバッドエンドが用意されていて、瞳の運命が様変わりします。

気に入ったのはやはり洗脳でしょうか。
一緒に潜入した特務員の仲間がとらわれて洗脳されます。
会った時には悪の手先状態で瞳を倒そうと戦いを挑んできます。

瞳自身もルートによっては洗脳され、任務を忘れてメス奴隷へと一直線。
悪の女幹部への悪堕ちといった感じでは無いので、ちょっと残念ですが、その分先ほどの洗脳された同僚が似たような立ち位置になってくれますので結構楽しめるかもしれません。

まあ、最初はうざいガキだと思っていた少女によって洗脳を解かれたりするので、メインルートではちゃんと仲間に戻ってきます。

怪しい奴が怪しくなく、怪しく無い奴が怪しいというパターンですが、結構読ませてくれる話でした。
システム的な面を除けば当たりではないかな。

「狂い咲きヴァージンロード」も、同じcolorsの作品であり、黒木雅弘先生の原画ですね。
私は結構好きな原画家の先生ですが、ちょっとくせがあり、ディフォルメがきついといえばきついかもしれません。

ストーリーの方は、魔界からやってきた魔物の姫を守る主人公たち護衛者たちと言うことになります。
この主人公(男性)なんですが、ごめんなさい、私はどうにも好きになれませんでした。

確かに決めるところは決めてくれるときもあるんですが、なんというか状況を弁えないで茶化す感じがあって、どうにも感情移入ができませんでした。

もっとも、その分彼のパートナーの女性が活躍してくれますし、護衛の対象自体が魔物の姫ですので強いんですよねー。
でも、ほんのちょっとしたところで見せる弱みが可愛いですし、守ってやりたいという気持ちにさせてくれます。

そういった感情が浮かぶのに、主人公はたいしたことができないというのはつらいものですよねー。

この作品にもパートナーの女性が場合によってはエロ洗脳され、敵にまわります。
まあ、主人公のキスひとつで回復するのでちょっと残念なんですが、妄想をかき立ててくれるのは間違いありません。

ストーリー的には楽しめる作品だと思いますので、お試しいただくのもいいかと思います。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2006/11/30(木) 22:28:55|
  2. PCゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<主人公メカ? | ホーム | 雛華と月子>>

コメント

「特命教師瞳」に対しては筋書だけだいたい分かっています. 韓国では求めることができずにゲームCGだけ旧恨状態です. 話を見たらゲームをして見たいです. 韓国では 'クリップフッカー'として日本語のゲームを韓国語で翻訳してくれるプログラムがあります.必ず手に入れて見たいですね.
  1. 2006/12/01(金) 02:43:09 |
  2. URL |
  3. ベルクルド #-
  4. [ 編集]

>>ベルクルド様
日本語で表記してすみません。
ハングルに翻訳してコピー&ペーストしてもうまく表示されないもので。

韓国ですと日本のゲームはやはり手に入りづらいでしょうね。
クリップフッカーですか、便利なものですね。
あまり数が多いとは言えませんが、エロゲーには洗脳モノがあったりしますので、楽しまれると良いと思います。
  1. 2006/12/01(金) 21:57:43 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

遅コメですいません。
colors作品スキーというか黒木絵信者の私として一言(笑)。
カラーズ作品って、結構
「バッドエンドに操り要素」
が多くてついつい本筋それて回収しちゃうんですよね(笑)。
「バッドエンド見るためにプレーしてトゥルーエンド見ない」
なんて(笑)。

「特命~」は仰る通り、バッドエンドの洗脳っぷりが良かったですね。
ゲーム内にはないですけど、
「悪の手先となった二人が新たなミッションへ」
なんて展開妄想してハァハァと。

あとまだプレーなさってないなら
「サンダーグラップス」
もお薦めですよ。
MC展開満載です。というかバッドエンドはほぼエロ堕ち、洗脳展開ばっかりです、尺も長めですし。
プレー済みだったらすいません!ってことで。

  1. 2006/12/01(金) 22:38:23 |
  2. URL |
  3. 空風鈴ハイパー #-
  4. [ 編集]

>>空風鈴ハイパー様
黒木先生の絵はいいですよねー。
>「悪の手先となった二人が新たなミッションへ」
これは私も妄想しちゃいました。
サンダーグラップスも面白そうですね。
  1. 2006/12/02(土) 22:06:43 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

「瞳」といえば、抹茶なんかでおなじみの『おくとぱす』さんが、洗脳されて登場した冴子先生を見て、「ああ、なぜそこで洗脳シーンを用意しない!」とばかりに、洗脳シーンをSSとして書いた……なんて事もありましたね。
ちなみにそのSSは「ひっぱろ」の裏サイトにあります。
  1. 2006/12/03(日) 21:53:35 |
  2. URL |
  3. 通りすがりのMCマニア #6qCNEni2
  4. [ 編集]

>>通りすがりのMCマニア様
確かにもう少し先までってところはありますよねー。
洗脳されて敵に回った冴子をもう少し描いて欲しかったです。
ひっぱろのSSは拝見しました。
さすがおくとぱす様ですねー。
  1. 2006/12/03(日) 22:05:25 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/177-00b81d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア