fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

弾が出ればいいんだ!

1940年。
第二次世界大戦二年目のこの年、ドイツ軍はオランダ、ベルギー、フランスへと侵攻を開始しました。
いわゆる西方電撃戦です。

この時、イギリスも大陸派遣軍をフランスに送っており、共同でドイツ軍を食い止めようとしましたが、ドイツ軍の電撃戦の前に前線は崩壊。
英軍はダンケルクから命からがら本国へと脱出します。
着の身着のままで脱出した英軍は、その武装のほとんどを放棄してきており、戦車大砲はおろか小銃までフランスに置いたままでした。

英軍はとにかく兵力の再編を図ることになりますが、小銃ですら放棄してきてしまったとあっては、膨大な数の銃からまず作らなくてはなりません。
戦車、大砲、航空機、艦船と、とにかくありとあらゆるものを作らなくてはならなかった英国は、自由主義の兵器廠である米国に泣きつくことになりますが、当然自国でも全力で兵器生産をしなくてはならず、安く早く大量に作れる兵器を模索します。

フランスの戦場でドイツ軍のMP40などのサブマシンガンの威力を見た英軍は、このサブマシンガンを大量配備して急場をしのごうと考えました。
拳銃弾を近距離でばら撒く兵器であるサブマシンガンであれば、それほど工作精度は必要ではなく、町工場レベルの技術でもそれなりの物が作れると踏んだのです。

そこでシェパード少佐とタービン技師がエンフィールド小火器工場に持ち込んだのが、鉄パイプに引き金や弾倉をつけただけのようなサブマシンガンでした。
シェパードのS、タービンのT、エンフィールド社のENを組み合わせ、STEN(ステン)と名付けられたこのサブマシンガンは、見るからに簡易製造のやっつけ仕事といった外見の銃でしたが、とりあえずは射撃できるし製作コストは安いしということで英軍に採用されます。

そしてさらに部品を減らして簡易化したステンマークⅡも製造されますが、こちらは銃身のライフル溝もたった二本しかなく、銃床も鉄パイプに肩当部分の鉄板をつけただけという代物で、弾倉も不具合が多くしばしば弾が出ないようなありさまでした。

ですが、とにかく安く手っ取り早く作れる銃というコンセプトには沿っており、町工場でも充分作れるような銃だったために終戦までに420万挺も作られます。
そうなると英軍ばかりではなく、少々ばら撒いても惜しくないということで、フランスの対独抵抗組織にも空中投下されて使われることになりました。

その一部は独軍の手に落ちて、独軍でもMP749(e)というナンバーで使用されており、おそらく敵味方がステンで撃ち合うなんてこともあったことでしょう。

日本では竹やりが終戦前には使われたようですが、英国でもドイツ軍の上陸に備えて水道管用の鉄パイプに銃剣を溶接した“鉄パイプ槍”ともいうべき物が作られたといいます。
それよりははるかにマシなのかもしれませんが、ステンサブマシンガンはまさに鉄パイプ銃と言ってもいいものでした。

ですが、英軍にとっては身近なサブマシンガンであり、とりあえずは使えるものであったステンは終戦まで英軍のいる戦場には姿を見せることになりました。
簡易生産型のサブマシンガンではありましたが、弾が出るものがあるというだけでも英軍にとっては助かるものだったのですね。

それではまた。
  1. 2009/03/16(月) 20:56:43|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「赤城」の対抗馬 | ホーム | 03月16日のココロ日記(BlogPet)>>

コメント

当時の銃の構造を見ると、工業高校の施設でも何とかなりそうなものもありましたが、僕は普通高校でしたので作れませんでした。
意外とシャレにならない単純構造の理由は、量産性にあったんですね。
  1. 2009/03/16(月) 22:56:21 |
  2. URL |
  3. 神代☆焔 #-
  4. [ 編集]

>>神代☆焔様
高校で銃を作るわけには行かないでしょうが、確かに工業高校あたりなら作れそうな構造ですよね。
確かに量産性は高そうですけど、故障も多かったというあたりが弱点だったかも。
まあ、簡易すぎるので仕方なかったというところでしょうか。
  1. 2009/03/17(火) 21:07:38 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1486-e03ae7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア