FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

紆余曲折

昭和13年。
ソ連向けの砕氷型貨物船として竣工した一隻の貨物船がありました。

しかし、国際情勢の悪化などにより、ソ連が契約を破棄。
この貨物船は行き場を失って、辰南汽船会社が引き取り「地領丸」という名前として使用します。

のちに帝国海軍が購入。
整備の上で昭和15年に運送艦「宗谷」として就役しました。

もともと砕氷型輸送船として建造された宗谷は、北方海域での輸送や、兵装を施しての警備行動、測量、気象観測といった多岐にわたる任務に投入されました。

さらに太平洋戦争が開始されると、南方戦線への物資輸送などにも使用され、文字通り東奔西走することになります。

幸い無事に生き残り終戦を迎えた宗谷は、今度は戦後発足した海上保安庁に所属することになります。

海上保安庁では灯台補給船として使われました。

その後老朽化したためにお役御免となるのですが、宗谷にはまだ引退することは許されませんでした。

国際共同による南極観測に戦後独立を果たした日本は参加を表明します。

その観測地点への補給業務には砕氷船が必要でした。

しかし、新造するにはコストも掛かり、また時間もかかるために、何とか適当な砕氷船が無いかと探されることになるのですが、その時に白羽の矢が立てられたのが宗谷でした。

もうぼろぼろになっていた宗谷でしたが、「プロジェクトX」に紹介されたほどの徹底した改造で、南極観測船として生まれ変わります。

宗谷はその任務を見事にこなし、南極観測には砕氷船が不可欠であると同時にその存在価値を大いに知らしめました。

そのため日本は南極観測船をその後「ふじ」「しらせ」と建造することに繋がります。

南極観測船としての任務をふじに継いで引退した宗谷は、その余生を船の科学館で今も過ごしています。

ソ連が引き取っていたならばこれほどの生涯にはならなかったでしょうね。

宗谷にとっては幸だったのか不幸だったのか・・・
私は紛れも無く幸運だったのではないかと思っています。

紆余曲折を経て今も残るということはそこらの船にはできないことでしょうからね。
それではまた。
  1. 2006/02/09(木) 22:38:07|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紆余曲折訂正ですー | ホーム | 日本最初の航空母艦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1374-1f76852d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア