FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

違う弾じゃん

96式十五センチ榴弾砲。
通称十五榴。

日本帝国陸軍の野戦重砲の傑作砲ですね。
昭和12年に正式採用された新型砲で、最大射程は12000メートルほどにも達します。

砲弾の威力も充分で、陸軍の砲兵ならびに歩兵から絶大な支持を受けました。

日中戦争やノモンハン事件、そして太平洋戦争において、この96式十五榴はその威力を発揮し、敵方に多大は損害を与えます。

もちろん太平洋戦争真っ只中に起こったガダルカナル島での日米両軍の死闘にも、激しい空襲の中水上機母艦を輸送船代わりに使い、陸軍野戦重砲兵第四連隊(野重四)の12門の96式十五榴が陸揚げされました。

彼らは参謀連中より、ガダルカナルへ行けばすでに弾薬だけは豊富に送ってあるので、遠慮なく撃ちまくれるぞ、と聞かされていたのですが、なんと到着した時に現地にあったのは、同じ十五榴でも大正四年に採用された四年式十五センチ榴弾砲の弾薬でした。

この弾薬は口径こそ同じ十五センチであったものの、薬筒の長さが違うために互換性がなく、四年式十五榴でしか使えないものでした。

幸い、ガダルカナルには四年式十五榴を装備した独立野戦重砲兵第二十一大隊(装備数4門)がいたので、彼らは豊富な弾丸を撃ちまくることができました。

しかし、肝心の96式十五榴は弾薬不足のために思うような砲撃を行なえず、はなはだ心もとない状態だったのです。

現地の状況とこれから送る部隊の装備、それらをまったく把握していない参謀連中。
そんな彼らが立てる作戦が上手く行くはずもなく、ガダルカナルは日本軍の撤退で幕を閉じます。

優秀な兵器であるはずの96式十五榴も、ただ撃つ弾も無く現地で朽ち果てるに任され、現在では戦争遺物として観光客の見世物として余生を送っているそうです。

このあたりにも日本軍の問題点があったのでしょうね。
それではまた。


静寂 さんの投稿:
人伝に聞いた話だと、陸軍と海軍の小銃の口径も違ったために補給に苦労したってことを聞きました。
それが事実なら、当時は性能優先で互換性は二の次って考えだったのかな?と考えたりします。
戦時は物量と互換性が大事ってことかな?

正義の女戦士クリスタルローズの10話を早く読みたい静寂でした。
2 月 4 日

和歌山太郎 さんの投稿:
ガナルカナルでは連合軍はマイクロフォンを使い日本軍の状態は全て筒抜けだったとか・・ かたや日本軍はやみくもに抜刀突撃・・そして全滅。 情けない限りですね。 全て当時の参謀政府が自国の戦力、国力を分かっていなかった為ですね。 その精神風土は今の政治にも垣間見ることができるようなきがします。
2 月 4 日

妄想狐 さんの投稿:
 少ない予算と資源で最高の物を作ろうとした結果がこういう悲喜劇を生み出したんでしょうね~。
陸軍内部でこの状況ですから、中の悪かった海軍との連携や共用なんてもってのほか。
 航空機のガソリンオクタン価が違う(だから零戦に陸軍のガソリンを入れても無駄)、スロットルレバーの動かし方も正反対、小銃弾も相互利用不可能、陸軍の輸送船には対潜兵器として爆雷の代りに迫撃砲を積んだとか・・・。
 挙句の果てには海軍が戦車を造って、陸軍が空母と潜水艦を造ったという他国からすれば「本当に同じ日本の軍隊?」と思える状況だったんでしょうね。アメリカじゃ歩兵の銃も航空機の機銃も艦船の対空機銃も全部同じ12.7mmで統一されていたんですけどね・・・
物量豊富なアメリカ軍が統一規格で、万年物資欠乏症の日本軍がバラバラ規格では勝てるもんも負けますよね・・・
2 月 4 日

舞方雅人 さんの投稿:
>静寂様
日本は資源も技術も持たない国でしたからね。
性能を最大限に発揮するために作られた兵器はある意味芸術品になってしまって、汎用性や互換性は二の次でした。
まあ、そこらへんを上手く指導できなかった軍にも問題あるんですけどね。
クリスタルローズ・・・書きます。

>和歌山太郎様
国力を知っていたからこそ一瞬の爆発力に賭けたのかもしれませんね。
もっとも、後は野となれ山となれ的な感じは否めませんが。
国民も詳しいことは知らされず、ただただ鬼畜米英でしたしね。

>妄想狐様
セクショナリズムがあまりにも弊害を及ぼしすぎましたね。
ドイツのダイムラーベンツの液冷エンジンをライセンス生産するのに、海軍と陸軍がそれぞれ同じエンジンを別々にライセンス契約していたぐらいですからね。
ダイムラーベンツは驚いたそうですよ。
どうかしていますよね。
でも、今の日本も似たような状況はごろごろしていますね。
2 月 5 日
  1. 2006/02/03(金) 23:05:26|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本最多 | ホーム | セイレーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1369-6bde7437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア