fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

あの毛利家とは違うんです

戦国最後のおおいくさ。
大坂の陣。

語弊があるかもしれませんが、舞方はこの戦いが非常に好きです。

東軍の圧倒的兵力に対し、智謀と男気だけで戦いを挑んでいく勇者たちが好きなのです。

今までブログで紹介した木村長門守重成、そして真田左衛門佐信繁(幸村)といった人物ももちろん大好きなんですが、それ以上に今日紹介する人物が好きなんですよねー。

毛利豊前守勝永(かつなが)。

毛利という姓を名乗ってはいますが、あの中国地方の毛利家とは関わりがありません。
まあ、あるといえばあるのですが。

勝永の父、毛利三左衛門勝信(かつのぶ)は、もともとは森三左衛門勝信といい、秀吉がまだ配下を二三人しか持っていない頃からの家臣でした。

おそらく中間(ちゅうげん=武士と平民の中間扱い)だったと思われ、以後、愚直に秀吉に付き従ったと思われます。

そのかいあってか、森勝信は秀吉から小倉に六万石を賜り、一大名となります。
中間から大名になったというのは、秀吉配下では彼だけといわれ、出自の定かでない彼のために秀吉が中国の毛利家に頼み込み、森姓を毛利姓に改めたということです。

実直な武士であり、いわゆる武断派の一人ですが、三成とはそれなりに仲がよかったらしく、関が原の時には小倉の押さえを任され、息子の毛利勝永は伏見城攻めに参加しております。

関が原の戦いで西軍敗北のあおりを受け、小倉毛利家は所領没収。
勝信、勝永親子は肥後加藤家から土佐山内家に預けられました。

山内家では勝信、勝永親子に1000石もの捨扶持を与えて厚遇し、小倉毛利家の家臣も数多く召抱えたと言います。

紀州久度山で真田昌幸が亡くなった頃、毛利勝信も亡くなりました。

大阪が風雲急を告げてきた頃、毛利勝永は秀頼挙兵の報を聞き、土佐を抜け出します。

家康の命で土佐より出撃した山内家当主忠義に留守を託された忠義の父康豊(山内一豊の弟)に面会し、実は私は忠義とは衆道(男色)の仲なので、忠義一人を行かせるのは忍びない。どうか妻と子を置いていくから私も参陣させて欲しいと頼み込み、まんまと土佐を抜け出すのです。

勝永はかつての小倉毛利家家臣とともに大坂へ入城。
その数およそ四千五百ほどもいたということです。

大阪冬の陣では真田幸村、後藤又兵衛、木村重成らの影に隠れ、さしたる働きのなかった勝永ですが、大阪夏の陣では獅子奮迅の働きを見せ付けます。

血気にはやった家臣の勇み足から天王寺口の決戦が始まりますが、勝永は真田隊とともに家康本陣へ突撃。

本多忠朝や小笠原秀政らを討ち取り、家康本陣へ迫りますが、真田同様に衆寡敵せず、ついに家康の首を取るには至りませんでした。

彼の最後は一説によると、大坂城で秀頼の自害を介錯後、嫡男毛利勝家とともに自害したと言います。

毛利勝永も真田幸村も名を残すためだけに戦ったいくさでしたが、それだけに彼らには魅力を感じますね。

それではまた。
  1. 2006/10/19(木) 22:13:04|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<十字軍 | ホーム | 浅く静かに潜航せよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/135-491a1bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア