FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

家具運搬車

このたび、xsylphyx様のサイトx only様と相互リンクを結ばせていただきました。
アドレスは以下の通りです。
http://www.geocities.jp/globoosix/

xsylphyx様は当ブログともリンクしていただいているMACXE'S様に、素敵な洗脳SSを投下なさっていらっしゃる方で、x only様にも魅力的なヒロイン洗脳悪堕ちSSを展開され始めたところです。

これからの展開が非常に楽しみでして、リンクしていただき、まさに感無量です。
xsylphyx様、これからよろしくお願いいたします。m(__)m

さて、今日はミリタリーネタです。

表題の家具運搬車。
これをドイツ語で言うとメーベルワーゲンとなります。

タミヤからも模型化された、四号対空自走砲がそういう名称で呼ばれたのですが、移動状態の場合この車両は車体の周囲を装甲板で四角く覆ってしまったので、そんな名称になったのでしょうね。

この対空自走砲は四号戦車の上部砲塔を撤去し、四面を覆う装甲板と、37ミリ対空機関砲を搭載したものです。

大戦前半のドイツ軍は制空権を確保していたために、装甲師団の上空はドイツ空軍がきちんとガードしてくれていたのですが、東部戦線でのドイツ空軍の消耗により、装甲師団の上空は徐々にソ連軍機の跳梁を赦す羽目になってきます。

敵の戦車と戦うように作られている戦車は、正面装甲はしっかりしていますが、上面や後面の装甲はさほど厚いわけではありません。

ソ連の対戦車攻撃機はそういった上面や後面の装甲を狙って攻撃を仕掛け、ドイツの装甲師団はかなりの損害を受けるようになってしまいます。

本来ならば、そういった攻撃機を撃墜するのは戦闘機の役目ですが、ドイツ空軍は制空権を失いつつありました。

そのため、装甲師団は自前で空の脅威に対処しなくてはならなくなったのです。

そのための回答の一つが、対空機関砲を搭載した自走砲でした。

一番一般的なのは、ハーフトラックやトラックに対空機関砲を搭載したタイプでしたが、路外行動性などを考えると、完全装軌車両に対空機関砲を搭載した対空戦車とも言うべき対空自走砲を開発するべきとの声が上がり、ベース車両として四号戦車が選ばれることになりました。

試作車は四号戦車に四連装20ミリ機関砲を搭載したもので、タミヤが最初に発売したのも、この試作車タイプでした。

しかし、この四連装20ミリ機関砲は、発射速度こそ速いものの、空飛ぶ戦車とまで言われたソ連のシュトルモビク対戦車攻撃機は航空機でありながらも分厚い装甲を持つため、その装甲貫徹力が不足でした。

結局兵器局はメーベルワーゲンには単装で発射速度は劣るものの、弾頭威力の高い37ミリ対空機関砲を搭載することにしました。
後にタミヤも、このタイプを発売しておりますね。

約240両が生産されたメーベルワーゲンは、装甲師団の対空車両として東部西部両戦線で連合軍及びソ連軍の対戦車攻撃機と激闘を繰り広げます。

ただ、移動中はともかく、対空戦闘時には周囲の装甲板は倒され、対空機関砲と砲員がむき出しになるため、裸で航空機と対する砲員の恐怖感はかなりなものがありました。

そのため、後には機関砲と砲員を装甲板で囲んだ回転砲塔タイプの対空戦車ヴィルヴェルヴィントとオストヴィントが登場し、メーベルワーゲンと交代することになります。

もっとも、手元にあるメーベルワーゲンといつ来るかわからないヴィルヴェルヴィントやオストヴィントと交換など前線では考えられず、終戦まで使われたのは間違いありません。

制空権を確保できなくなったドイツ軍だからこそ造らなければならなかった車両といえるでしょうね。

それではまた。


空風鈴ハイパー
いわゆる、かたつむり、ですね。
今のゲパルトにいたる対空戦車の系譜でしょうか?
ほんとこの車種は第二次大戦においてはほぼドイツだけにみられた車種ですよね。
実際には数が少な過ぎて、部隊定数どころか配属できない部隊も多く、
ほとんど焼け石に水だったようですね。
やはり88のインパクト、信頼性には勝てないようで・・・、
ゲームとかでも
「88の射程、威力の強力さ」に比べて、ものすごく非力でしまいに当て馬に使っちゃうんですが(笑)。
でも仰るとおり、「剥き出しで機銃掃射浴びせてくる航空機と撃ち合う」のは想像を絶する恐怖だったでしょうね・・・。
6月15日 23:59

舞方雅人
>>空風鈴ハイパー様
カタツムリなんですか?
おっしゃるとおりゲパルトに繋がっていますねー。
88は中高度には有効ですけど、低高度を攻撃態勢で向かってくる対戦車攻撃機には弾幕効果の機関砲が有利でしょうね。
どちらにしても制空権さえ確保していれば、さほど問題にならない部分なんですよね。
米英軍は対空車両を必要としなかったですからね。
6月16日 22:30
  1. 2006/06/15(木) 21:57:11|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<灰色熊? グリズリー? ぶつくさ言う親父? | ホーム | 夢を見ることすら・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/121-76054b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア