FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

お前のものは俺のもの

今日はミリタリーネタです。
SSはまったく手がつかなかったなぁ。

1941年、ドイツ軍はソ連に攻め込みました。
いわゆるバルバロッサ作戦ですね。

スターリンは最初ドイツ軍の侵攻はありえないと思っていたのか、それとも俺がやろうと思っていたのに先を越されたよー・・・ショックー・・・とでも思っていたのか、まともな指揮ができない状態でした。

そのため、前線は瞬く間に崩壊し、多くの捕虜と捕獲車両、捕獲物資、捕獲兵器の山を手に入れることができました。

しかし、崩壊したソ連軍の中にあって、ドイツ軍を驚かせ、また、その対策に躍起にならなければならない戦車が登場します。
T-34です。

その傾斜装甲は実際の装甲厚以上の対弾性を発揮し、その幅広いキャタピラは接地圧を下げて雪や泥濘でも変わらずに走り回る。
主砲には76・2ミリ砲を装備して、ドイツ軍戦車を簡単に撃ち抜いてきます。

ドイツ軍は緒戦の勝利の中でも、冷水を浴びせられたような恐怖をこの戦車に対して覚えました。
何せ、ドイツ軍の戦車は主力が三号戦車であり、その主砲は50ミリ砲で、正面からだとかなり近づかないとT-34の装甲を撃ち抜けなかったのです。

また、対戦車砲も主力は37ミリ砲や、50ミリ砲であり、後に主力となる優秀な75ミリPAK40はまだ開発中でした。
ちなみにPAKとは、ドイツ語でPazerabwehrkanone(対戦車砲)の略したものです。

戦車の主砲も対戦車砲も、揃ってT-34に対抗できないという状況は、ドイツ軍の心胆を寒からしめました。
「これってマジ? 装甲抜けないなんてチョーヤバじゃん」
「マジむかつく。けど、ヤバいよ、これ」ってところですね(笑)

一方で、ソ連には優秀な野砲が存在しました。
76・2ミリの野砲F-22です。

全ての砲は対戦車砲であるというモットーの下、ソ連軍は野砲であるF-22も対戦車砲として使用しました。
この砲は、野砲の割りに初速も速く、また弾道も低伸するので対戦車砲としても優秀でした。
事実、ドイツ軍の戦車はこの砲にずいぶんと痛い目にあいました。

バルバロッサ作戦の緒戦の勝利は、先ほども述べたように大量の捕獲兵器をドイツ軍にもたらしました。
その中には、この76・2ミリ砲F-22もかなりの数が含まれていたのです。

ドイツ軍はこの優秀な野砲を自軍の装備に引き入れて、対戦車砲として使ってみました。
結果は喜ぶべきものでした。
さしものT-34もかなりの距離で撃ち抜けることがわかったのです。

ただ、このF-22は野砲であるために、砲手が二名必要で、迅速な照準をつけるのに不都合な面がありました。
そのため、ドイツ軍はわざわざこの砲を改良して、砲手が一名ですむ対戦車砲にしてしまいます。

その名も76・2ミリPAK36(r)。
76・2ミリ対戦車砲36型(ロシア製)と言う意味ですね。

で、この対戦車砲として生まれ変わったF-22→PAK36でしたが、さらに威力を増すべく、75ミリ対戦車砲PAK40の砲弾(これは威力も申し分なかった)を使えるように薬室も改良してしまいます。

ただ、PAK40は75ミリ、PAK36(r)は76・2ミリであるため、砲身と弾頭の間に隙間ができ、発射ガスが抜けてしまって弾がよく飛ばない状態であったため、大量に捕獲してあったF-22用の弾頭とPAK40の薬莢を合わせたPAK36(r)専用砲弾まで作り出しました。

実際このPAK36(r)用の砲弾は六千発ほど作られたらしいのですが、これって充分な量だったんでしょうかね?
現実にはPAK40の弾が使われていたんじゃないでしょうか。

ともあれ、1942年にPAK40がいきわたるまで、ドイツ軍にとっては一番T-34に対して有効な対戦車砲はこのPAK36(r)だったんですね。
敵の戦車を敵の大砲で撃つ。
ドイツ軍のある意味限界が現れているのかもしれませんね。

それではまた。


静寂
戦争の場合、性能が良くて、量産が効き、汎用性に富んだものが何かと便利ですからね~。
ドイツ軍は性能の良い大砲を選んだまではよかったものの、口径の違う砲弾を使えるように改造したのが運の尽きでしたね。
まぁ切迫した台所事情だとそんなことも言ってられないんでしょうが・・・


6月19日 0:46

舞方雅人
>>静寂様
兵器は最低限の性能をまず満たした後は、量産性がやはり重要ですよね。
一説によるとF-22を含めた76・2ミリ野砲はソ連では10万門とも15万門とも作られたと言われます。
緒戦の混乱でドイツ軍の手に落ちた砲もたくさんあったんでしょうね。

実はこの記事を書いていて、ソ連のF-22ちゃんが悪のドイツ軍につかまって洗脳&改造を受けた挙句にドイツ軍のPAK36(r)ちゃんになってしまうというのを考えておりました。
我ながら病気だなぁー。(笑)
6月20日 22:47
  1. 2006/06/18(日) 22:38:38|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<口付けの味 | ホーム | 脱出艦隊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/118-22034fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア