FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

鼻の長い蛍ちゃん

第二次世界大戦が始まった当初、大英帝国の主力戦車に搭載されていた主砲は2ポンド砲でした。

これは口径が40ミリの対戦車砲であり、戦争当初はこれが世界的にも標準クラスの搭載砲でした。
ドイツ軍は37ミリ砲が主力でしたから、ある意味当然と言えるでしょう。

ところが、フランス戦以後、装甲と砲撃力を増してきたドイツ軍の主力戦車三号戦車は50ミリ砲を搭載、それとともに装甲も厚くなって2ポンド砲の貫通力では心もとなくなります。

口径57ミリの6ポンド砲もありましたが、これとて早晩威力不足に陥ることは明白でした。

そこでイギリス軍は装甲貫徹力に優れた対戦車砲である17ポンド砲を開発します。
この砲は口径が76・2ミリで、砲身長58・3口径と言う長いもので、その威力は約1000メートルの位置の30度の角度の装甲板124ミリを撃ちぬけるものでした。

1942年初頭には完成したこの優秀な対戦車砲はイギリス軍の救世主となるはずでした。
しかし、イギリス軍はこの砲の量産をいったん見送ります。

ダンケルクの敗戦でほとんどの装備を失ったイギリス軍は、とりあえず量産できる大砲を作るのに手一杯で、とても新型砲を造る余裕が無かったんですね。

結局2ポンド砲及び6ポンド砲でお茶を濁していたイギリス軍の前に現れたのが、ロンメルの切り札ティーガーⅠでした。

その重装甲は2ポンド砲どころか6ポンド砲ですら当たり所がよくないと撃ち抜けないと言うものだったのです。

慌てたイギリス軍は急いで17ポンド砲を量産します。
その威力は確かに素晴らしく、ティーガーⅠでも、油断ならない対戦車砲として恐れることになりました。

そこでイギリス軍はこの17ポンド砲を戦車の主砲として活用することを考えます。
ドイツ軍が88ミリ砲を戦車に搭載したのと同じ理屈なんですが、ここでイギリス軍は困ったことになりました。

搭載できる戦車が無かったのです。

クルーセイダー、マチルダ、バレンタイン、チャーチル・・・
いずれの戦車も砲塔が小さすぎ、車体も小さすぎで2ポンド砲からせいぜい6ポンド砲を積むのがやっとだったのです。

ドイツ軍なら固定式の戦闘室に砲を搭載した自走砲や突撃砲にするところですが、イギリス軍はやはり戦車への搭載を目論みました。

思い余ったイギリス軍は、17ポンド砲をあろうことか短くしたり軽くしたりして威力を落としたタイプを載せる戦車を開発し始めましたが、それとていつできるかわかりません。

万策尽きたと思われたイギリス軍でしたが、気が付くと同盟国として参戦していた米軍から供与されたM4があるじゃないですか。

車体が大きく、砲塔の余裕もあるM4はまさに17ポンド砲搭載車両としてはうってつけでした。

イギリス軍は早速供与されたM4に17ポンド砲を搭載。
その車両をファイアフライ(蛍)と名付けます。

ファイアフライは連合軍車両の中でも随一の主砲の貫徹力を誇っており、これに匹敵するのは米軍のM36の90ミリ砲ぐらいなものでしょう。

パンターはおろかティーガーも撃破可能なファイアフライは当然ながら引っ張りだこで、米軍も逆供与を申し込んだものの、イギリスに断られると言う落ちまで付いています。

ドイツ軍としては当然真っ先に片付けるべき車両であり、損害もかなり出したのは間違いありません。

イギリス軍もそのあたりはわかっており、ファイアフライは主砲の中心から先をカムフラージュして、できるだけ他のM4と同じように見せる工夫をしたと言うことです。

イギリス軍がその後ようやく17ポンド砲を搭載した主力戦車センチュリオンを完成させたとき、すでに戦争は終わっており、ファイアフライは戦時改造の穴埋め的車両でありながらもその存在によってイギリス軍を救ったと言ってもいいでしょう。

まあ、英国ファンの舞方としては、イギリスを救ったのはアメリカであり、ファイアフライを含むM4系列の大量供与と言うことがちょっと寂しいですけどね。

それではまた。
  1. 2006/06/24(土) 22:15:45|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪堕ちなのか? | ホーム | 今日はいろいろと思ったことを>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/112-e49b30fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア