FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

タンクキラー

1942年の東部戦線に現れたドイツ軍の猛獣ティーガーは、ソ連軍に大きな衝撃を与えました。
ソ連に侵攻したドイツ軍がT-34に衝撃を受けてティーガーを送り出したように、今度はソ連がティーガーに対抗する車両を戦場に送らねばなりません。
戦場からはティーガーに対抗できる車両を求める声が悲鳴のように寄せられたのです。

そのためソ連軍がまず投入したのが、急遽設計製造された重自走砲SU-152だったことは、2008年10月18日の記事で述べました。
SU-152は152ミリ榴弾砲の巨大な破壊力でティーガーにダメージを与えることができ、「ズヴェラボイ」というあだ名で将兵に親しまれます。

しかし、SU-152は重自走砲であるがゆえに機動性に難があるなど運用面で制約を受け、軍としてはもっと手軽に使える中型自走砲でティーガーに対抗できる車両がほしいと考えます。
そこで目をつけたのが、T-34の車台でした。

T-34は機動性に優れた車両であり、また主力戦車でもあるために量産態勢も整っております。
また、自走砲としても、すでにSU-122という車両のベースとなっていて、車台としては申し分ありません。
ソ連はこのT-34の車台を使った新型対戦車自走砲の開発を命じました。

T-34の車台に載せるのですから、152ミリ榴弾砲のような大きな砲は載せられません。
そこそこの大きさで、しかもティーガーに対してもそれなりの破壊力を持つ砲を載せなければなりません。
ソ連にそんな大砲があるでしょうか?

ありました。
85ミリ高射砲52-Kです。
ドイツの有名な88ミリ砲が、もともとは高射砲だったように、このソ連の85ミリ高射砲52-Kもまた、対戦車用としても充分な破壊力を持っておりました。
この85ミリ高射砲をベースにして戦車(自走砲)搭載用の85ミリ砲を作り、それをT-34の車台に載せることで中型対戦車自走砲を作るということで開発はスタートします。

当時のソ連は、同じものを二種類の開発スタッフに作らせて、優秀な方を採用するという手段が多く取られておりました。
しかし、採用された方はいいのですが、採用されなかった方はそのまま収容所(ラーゲリ)送りということも充分にありえた当時のソ連であったため、こういった競争試作はそれぞれのスタッフが政治的コネなども絡めてドロドロの内部抗争となることが多く、それが試作を遅らせたり採用にも影響を及ぼすことが多くありました。

今回もグラービン技師のチームの開発した85ミリ戦車砲S-18と、ペトロフ技師のチームの開発した85ミリ戦車砲D-5が試作され、結果としてペトロフ技師の85ミリ戦車砲D-5が選ばれることになります。
これで主砲が決まりました。

ちなみに85ミリ戦車砲D-5は、のちにT-34/85の主砲にもなりますが、グラービン技師の巻き返しで、S-18を発展させた85ミリ戦車砲S-53がT-34/85の後期生産型には搭載されたとのことです。

ともあれ、これで主砲と車台が決まった新中型自走砲は、SU-85と命名され、早速採用となりました。
1943年8月のことでした。

T-34とSU-122からの流用が80%もの割合に上るSU-85は、まさに量産にはうってつけの車両でした。
早くも9月には実戦参加を果たし、1943年中に700両以上もが生産されたのです。

85ミリ戦車砲D-5は、500メートルで143ミリ、1000メートルで103ミリの垂直装甲版を撃つ抜く威力があり、ティーガー相手にはやや威力不足を感じるものの、ドイツ軍の主力である四号戦車や三号突撃砲には充分すぎるほどの威力でした。

また、車体デザインもスマートで車高も低いため、布陣しての待ち伏せ攻撃には絶好であり、多くのドイツ戦車がSU-85の餌食となったのです。

ソ連軍の主力であったT-34の主砲がまだまだ76ミリ砲であった1943年後半から1944年前半において、多少威力不足でも85ミリ砲を搭載した車両の意味は大きく、ソ連軍の反攻の中核となった中型自走砲、それがSU-85でした。
まさに第二次世界大戦最良の突撃砲型対戦車自走砲として、タンクキラーの名をほしいままにしたのです。

それではまた。
  1. 2008/11/08(土) 20:37:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<西武でしたか~ | ホーム | ついに日本配備ですね>>

コメント

ようやくSU-85の記事ですね(喝采)
待ち草臥れました(笑)
突撃型戦車ですが、デザインの格好良さに痺れます。
  1. 2008/11/09(日) 00:38:53 |
  2. URL |
  3. 神代☆焔 #-
  4. [ 編集]

>>神代☆焔様
お待たせいたしましたー。
ようやくSU-85です。
タミヤのプラモでは「ジューコフ」とネーミングされてましたね。
スタイルは本当にスマートですよね。
  1. 2008/11/09(日) 21:55:23 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/1107-f7720343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア